ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

《メールマガジン YZがゆく!!》 第4号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆
                YZがゆく!!
              第4号 2012.08.21
          https://www.yamasakigiken.co.jp/
        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆
こんにちは!山崎技研の竹内です。
蝉の声を聴きながら、夏も終わりに近いな、と何だか寂しく思う
今日このごろ。
皆様お休みはいかがお過ごしでしたか?
お盆には珍しくひどく荒れた天気が続き、大変な思いをされた方が
多いのではないでしょうか。
休み明けは頭がボーっとしてしまうもの。
当メルマガを読んで休みボケを解消させましょう!!
それでは、「YZがゆく!!」第4号スタートです♪
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。
メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) 山崎技研のツボ!!
  ~第4回:背高のっぽなフライス盤~
2) ちょこっとひと息
  ~高知の夏・2012~
3) フライス盤あれコレ
  ~フライス盤の案内役・ガイドとは?~
4) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 山崎技研のツボ!!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
様々な視点から、山崎技研のフライス盤の『ツボ』を
お伝えしていくコーナー。
第4回のテーマは・・・?
【第4回 背高のっぽなフライス盤】
YZシリーズの特徴の一つとしてよく挙げられるのが、
Z軸ストロークが非常にワイドであること。
それは、私の身長では台に乗らないとストロークMAXでは
ハンドルに手が届かなくなってしまうほど…笑
そのルーツは、汎用機時代にありました。
YZシリーズが初めて世に認められたYZ‐8は、2~2.5番
クラスながらZ軸ストロークは540mmと、クラスを超える高さを
持っていました。
それはまさに「中ぐり」機であり、深穴は横型で行うという考えを
覆すものでした。
YZ機は、開発当初から単なる「フライス」盤、「中ぐり」盤ではなく、
形状加工から穴あけまで幅広く行える「フライス盤」だったのです。
この実績から、山崎技研は「フライス盤メーカー」として認められ、
それ以降も、かたくなに「フライス盤」にこだわった製品開発を
続けてきました。
現在でも、「背高のっぽ」はYZ機の代名詞。
標準仕様ももちろんのこと、200mmアップのハイコラムでは
Z軸ストロークの大きさが更に際立ちます。
一般的に、「ハイコラム」というと、標準仕様のコラムの下に
「ゲタ」を噛ませるのが普通。
max、minともにアップするためストロークはそのままです。
それに対し、山崎技研のハイコラムは、専用設計の一体もの。
ゲタは噛ませません。
min位置はそのままながら、max位置が200mm高くなるため、
ストロークも200mmアップします。
これも、フライス盤への弊社のこだわりの一つです。
このお話、皆さんのツボにはまりましたか?
次回は「背高のっぽ」を支える剛性のあるベッドのお話です。
お楽しみに!
★当社フライス盤の魅力をもっと知りたい!という方はこちらから★
https://www.yamasakigiken.co.jp/products/
★スタッフブログでも熱く語ります!弊社フライス盤の魅力★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog-staff/milling-machine/2013/04/rirekisyo_8wr.html

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
皆さん、お盆休みはいかがお過ごしになられたでしょうか?
夏、満喫しましたか?
いきなりですが、高知の夏と言えば!よさこい祭り!!
よさこい祭りとは・・・
物凄く簡単に言うと、鳴子(なるこ)を持った踊り子達が、
よさこい節(高知県民謡)に合わせて市内各地の競演場、演舞台、
繁華街を踊り歩くお祭りです。
続きはコチラ↓
http://www.yosakoi.com/jp/AboutYosakoi.html
そんな熱い祭りを体感しに、メルマガ編集部も行って来ました!
高知県を始め、全国から約200チームが参加。
みんなはじけてました!
毎年ながら、踊り子さん達の笑顔は輝いていました♪
本当に楽しそう!!見ているこちらも元気になります^^
よさこいを堪能した後は、お腹を満たしに「ひろめ市場」へ!
ひろめ市場は、様々な飲食店約40店舗、物販店約20店舗が
混在する大きな大衆市場です。
お酒が大好きな高知人はひろめ市場が大好きなんです♪
美味しい料理と、美味しいお酒。そして人との交流。一石三鳥!
高知に来て食べる所に困ったら、とりあえずここに来れば間違いはないです!(笑)
≪ひろめ市場≫
http://www.hirome.co.jp/index.html
皆さんも、来年のよさこい祭りには、是非足を運んで頂きたいなと思います♪
ひろめ市場も忘れずに!(笑)
では、また次回☆
★☆「よさこい祭り・ひろめ市場」詳しいレポートはコチラ☆★
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog-staff/2012/08/post_37.html

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ フライス盤あれコレ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フライス盤のあんなこと、こんなこと…。
知ってるようで実は知らないフライス盤の雑学をご紹介します!
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
本日のお題:フライス盤の案内役・ガイドとは?
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
前回まで、きさげ、ベッドと、フライス盤を支える大事な部分を
学んできました。
今回は、それを生かしてフライス盤の「ガイド」について
勉強しましょう!
何百キロもある鋳物の塊同士が摺り合わさりながら稼働する工作機械。
こんな重い物同士が精度良く動くことを、この仕事を始めたばかりの
頃は不思議に思ったものです。
それを可能にしているのが、フライス盤の案内役・ガイドなんです。
【1】ガイドの役割
ガイド(案内面)とは、工作物を加工する際、お互いに接しながら
相対運動する二つの部品の運動の基準面を指します。
フライス盤はワーク(加工物)と工具を相対運動させてものを形づくる
ものですから、各軸(X,Y,Z)の直線動作を直行に組み合わせて
行う三次元動作を規定するのが「ガイド」です。
一方は自由に動き、もう一方は移動しないよう拘束します。
フライス盤において、ガイドは動きの舵取りを行う非常に重要な役割
を担っています。
そのため、ガイドには以下のような厳しい条件があります。
 ①滑らかに動くこと
 ②荷重や切削力などを受けられること
 ③切削振動を吸収すること
 ④長期間性能や精度が変化しないこと
ガイドの良し悪しが機械の性能をも左右する、重要なものなのです。
【2】ガイドの方式とその特徴
機械の大きさや種類、役割などにより、ガイドの方式は使い分け
られますが、現在工作機械で多く採用されている2種類について
解説します。
●すべり案内●
基準面間に潤滑油を供給し、油の潤滑性を利用してすべらせる
方式です。
ガイド面は焼入れ研磨、キサゲ加工などして仕上げられます。
すべり案内に欠かせない潤滑油は、すべり面に設けられた油溝から
一定時間ごとに供給され、良好な面を保つ役割を果たします。
もう一つ、すべり案内に欠かせないのが「ギブ」です。
切削力などにより、面が浮き上がるのを防ぐため、面同士の間に
宛がう金属のことをいいます。フライス盤では、長年の使用により
摺動面が摩耗した場合には、ギブの締め具合を調整します。
このようにすべり案内は、接触面積が大きく、かつ油だまりによる
振動減衰性にすぐれることから、重切削や重いワークを切削する
機械のガイドに適しています。
その一方で、比較的摩擦抵抗が大きくなるというデメリットも
あります。
●ころがり案内●
コロや玉を基準面上で転がして低いころがり抵抗を利用し、案内
する方式です。
皆さんご存じの「リニアガイド」や「LMガイド」がこれに
当たります。
すべり案内が面と面が接するものであるのに対し、面と玉などの
転動体が接するのがころがり案内です。
一般的に、面にあたるレールの上を、玉の入ったブロックが移動
する仕組みをとります。
この方法は摩擦抵抗が小さく、高速送りを小さな送り力で行うこと
ができるというメリットがあります。
その反面、玉は接触面積が小さく大きな負荷や切削力を受けるには
限界があるため、衝撃力の大きな重切削には不向きとされています。
そのため、アルミ部品加工やグラファイト加工などの軽切削向けの
マシニングセンタに採用されています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
近年、切削工具の発展などにより、機械加工は高速化しているのが
現状です。
その中で、機械のガイドもまた、それに対応できる「ころがり化」
が急速に進んでいるといわれています。
しかし、上記で述べたように、すべり案内、ころがり案内、
それぞれにメリットとデメリットがあるわけですから、
どれもこれもが「ころがり化」する必要はなく、すべり案内にも
適する加工があるのです。
フライス盤選びのポイントの一つとして、覚えておいて
損はありません。
導入を検討されている方は、ぜひ参考になさってください。
山崎技研のフライス盤のガイドについては、ブログにて。
↓↓
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog-staff/2012/08/post_38.html

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!
お盆休みもあっという間に終わってしまいましたね。
私はお休みは実家に帰り、家族とゆっくり過ごしました。
普段会えない人との再会に喜んだりもしましたが、
子どもたちの「なぞなぞ攻め」に、「ま、まいった…!!」
状態だった私^^;
子どもの集中力と頭の柔らかさに感心しきりでした。
今あの力があれば、メルマガを1本書くのにこんなに
苦労しないのに…(苦笑)
脳の老化って恐ろしい~!!
皆さん頭の体操はまめにしましょうね☆
それでは今回はここまで。
9月の配信もお楽しみに♪
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。
メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。
☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
当メルマガのバックナンバーをご覧いただけるようになりました!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog-staff/merumagayz/2012/05/post_31.html
======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!』
第4号 2012年8月21日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番地
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:https://www.yamasakigiken.co.jp/
営業所:東北/埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡
=======================================================


フライス盤あれコレ ~フライス盤の案内役・ガイド編~

今回は、フライス盤の動きを支える「ガイド」について。
ガイド(案内面)とは、その名の通りフライス盤の「案内役」のこと。
各軸がぶれることなく動くように支えるのが、ガイドの役割です。
フライス盤のガイドは、主にこの2種類に分かれます。
◎すべり案内
◎ころがり案内
この2種類のガイドについて説明していきます。
「すべり」と「ころがり」の大きな違いは、面同士か、面と玉か、という部分です。
そこに注目し、それぞれのガイドの特徴をみてみましょう。
【すべり案内】
基準面間に潤滑油を供給し、油の潤滑性を利用して滑らせる方法です。
ガイド面は、焼入れ研磨やキサゲ加工をして仕上げられます。
すべり案内には、欠かせないものが2つあります。
まず1つ目に、潤滑油です。
すべり面に設けられた油溝から一定時間毎に供給され、良好な面を保つ役割を果たします。
潤滑油をまんべんなく広げるために、きさげにより油だまりを作ることも大切です。
そして2つ目が、ギブです。
切削力などにより、面が浮き上がるのを防ぐため、面と面の間に宛がう金属のことを言います。
IMG_0426.jpg IMG_0438.jpg
このように、ギブを宛てがいます。傾斜面に対してのものもあれば、直角面に対するものもあります。
IMG_0440.jpg
図からわかる通り、すべり案内は接触面積が大きく、かつ油だまりにより振動を抑える効果があることから、重切削や重いワークを切削する機械のガイドとして適しています。
一方で、面対面のため、比較的摩擦抵抗は大きくなってしまうというデメリットもあります。
【ころがり案内】
コロや玉を基準面で転がすことで、低いころがり抵抗を利用し案内する方法です。
よく耳にする「リニアガイド」や「LMガイド」などがこれに当たります。
一般的に、面にあたるレールの上を、玉の入ったブロックが移動する仕組みをとります。
転動体(コロや玉)という、面に対して一点で接するため、摩擦抵抗が小さいのが特徴です。
そのため、高速送りを小さな送り力で行うことができます。
ころがり案内については、各メーカーさんのHPを見ていただく方が分かりやすいと思います。
・リニアガイド(日本精工) http://www.jp.nsk.com/products/precisionmachine/linearguide/
・LMガイド(THK) http://www.thk.com/?q=jp/node/6709
高速送りができて省エネ、ということでいいとこずくめな印象の転がり案内ですが、接触面積の小さい玉では、大きな負荷や切削力を受けるには限界があり、衝撃力の大きい重切削には不向きとされています。
そのため、アルミ部品加工やグラファイト加工などの軽切削向きのマシニングセンタに採用されています。
山崎技研のフライス盤は、単品加工向けで剛性のあるベッドときさげ仕上げが特徴、ということでお分かりいただけると思いますが、「すべり案内」を採用しています。
すべり案内であれば、長年の使用で摺動面が摩耗した場合にも、すぐ部品を交換、ではなくギブの締め具合を調整することで、元通りに使用することができるという良さもあります。
どちらにもそれぞれメリットがあり、適した加工があるため、直接的に比較することはできませんが、YZシリーズがターゲットとする加工には、すべり案内が適しているというのは言うまでもありません。
その一方で、弊社のフライス盤の中にも、転がり案内を使用している部分があります。
それは、特別仕様のロングストローク仕様の場合の補助部分です。
500WR1600.jpg
これはY軸(前後方向)の動きに対して、テーブルサイズがベッドからかなりはみ出すことになるため、その補助ガイドとして、ころがり案内を採用しています。X軸の動きに対し、垂れを防ぐ役割も果たしています。
こういった負荷が大きくかからない部分であれば、長期的に精度維持が容易なころがり案内を用いることにメリットがあると考えるためです。
また、近年ではすべり案内、ころがり案内以外の方法も開発されています。
ということで、今回は「ガイド」についてお話ししました。
また次回をお楽しみに!


メルマガ編集部がゆく!~「よさこい祭り」の後は「ひろめ市場」だ!編~


本日第4回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」

皆さんご覧いただけましたか?
まだご覧になっていない方はコチラ!⇒ https://www.yamasakigiken.co.jp/blog-staff/2012/08/post_39.html

今回は、その中のコーナーの一つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします♪
メルマガ編集部が詳しくレポートしますよ!!

8月ということで、やっぱり外せないのがよさこい祭り!!

メルマガ編集部の竹内、宇都宮と総務部の福島と3人で行って来ました!

 

よさこい 001.jpg 

★よさこい祭りとは・・・
http://www.yosakoi.com/jp/AboutYosakoi.html

 

今年は変なお天気で、いきなり大雨になったり、晴れたり、雷雨になったり・・・
一時中止になることもありました。

しかし!会場はそんな不穏な空気を吹き飛ばす程の活気!
踊り子さん達は本当に楽しそう(^V^)皆さんいい顔してました!

よさこい.jpg

 よさこい02.jpg

上:【よさこい大賞】とらっく(社)高知県トラック協会

下:【銀賞】京町・新京橋「ゑびすしばてん連」

 

衣装がキレイですよね!踊りももちろんですが、各チーム工夫した衣装も
楽しみの一つです♪
最後はお客さんも一緒になって掛け声をしたり、踊ったり(^^)
私達もはじけてました。(笑)

 

よさこいを堪能した後は、腹ごしらえへ!!
ひろめ市場へレッツゴー! 

ひろめ市場01.jpg 

 ★ひろめ市場とは・・・
http://www.hirome.co.jp/birth.html

 

お祭りの夜とあって、たくさんの人達でにぎわっていました!
ここでは、和洋中様々な飲食店がズラリ!
お土産屋さんや雑貨屋さんやら何でも揃っています。

もちろん、高知の名物!美味しい「鰹のたたき」も味わえます♪

 

しかし、なぜか私達はインド料理店へ!(笑)

インド家庭料理が楽しめる「ゴータマ」。シェフも本場インド人!
しかも、店内でドリンクを注文すれば、他店の料理持込みOKという
なんとも自由な感じ。(笑)

年に2回しか来ないという、陽気なインド人のオーナーさんとも仲良しに♪
東京・大阪にもお店を持っているそうです。

 

肝心な料理ですが、ナンがとにかく美味しい!
チーズナンにやられました。

 よさこい 011.jpg

よさこい 012.jpg

本場のインド料理が堪能出来て、大満足でした(^^)
皆さんもぜひ行ってみてください♪

 

★ひろめ市場内 インド家庭料理「ゴータマ」
http://www.hirome.co.jp/015.html

 


夏ですね

カテゴリー: ヤマサキな日常

こんにちは!
メルマガ配信後、すっかり気が緩み、更新が途絶えるというのがもはやパターン化してしまっている竹内です^^;
7月があっという間に終わり、夏真っ盛りですね。
高知では、昨日より「よさこい祭り」が開幕し、県内外からたくさんの踊り子さんが参加しています♪
何を隠そう、実は私も大学時代、チームの裏方として、よさこいに夏を捧げていました!
毎年夏が来ると、あの暑い中、踊りこそしませんでしたが、踊り子、スタッフとともに汗を流した思い出がよみがえります。
こんなに夏を全身で感じられるものって他にないんじゃないかと思うほど、充実した夏を送っていたように思います。
よさこい祭り本祭は明日11日まで、明後日12日は全国大会・後夜祭が行われます。
高知にお越しの方は、ぜひ楽しんでくださいね^^
さて、メルマガ編集部はお盆明けのメルマガ第4号に向けて動き出しています!
次回はどんな情報をお届けできるでしょうか?
皆さんお楽しみに!!
土佐山田工場の第4期工事も、9月末の完成に向け、加速度を増しています。
お盆明けに来てみたら完成しているのでは?と思うほど^^;
工事に携わる業者の皆様、暑い中お疲れ様です。
完成を楽しみにしています♪
数分前から、土佐山田は凄まじい稲光から雷雨に!!
夏季休暇前の仕事納めが大雨なんて…。
明日も高知は雨の予報なので、高知へお越しの方はくれぐれもお気を付けて!
それでは、山崎技研は15日まで夏季休暇に入ります。
お客様には、サービス等でご迷惑をお掛け致します。
皆さん、良い休暇をお過ごしくださいね^^
それでは。