フライス盤の使いやすさを追求しました - フライス盤専門メーカーの山崎技研
ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

《メールマガジン YZがゆく!!》 2020年8月号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆
          YZがゆく!!
           2020年8月号
 https://www.yamasakigiken.co.jp/
  
ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■■◆

こんにちは!山崎技研の竹内です。

ただただ蒸し暑い夏を過ごしている間に、あれ、8月??
もう終わった??と、ぽかーんとしてしまうほど・・・。
9月に入ったのに8月号のメルマガが届いているのは
皆さんの気のせい・・・ではありません(^^;)
お届けが遅くなって申し訳ありません!
厳しい暑さが続く一方で西日本には巨大台風も迫っていますので、
どうぞ早め早めの対策で万全の備えをしてください。

それでは、若干時差のある8月号のメルマガをお楽しみください!


*******************************************************
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
*******************************************************

∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 1) 山崎技研のツボ!! リターンズ
   ~第7回:YZシリーズの「とりえ」とは~
 2) ちょこっとひと息
    ~単行本お申込みについて~
 3) Webセミナーのご案内
 4) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 山崎技研のツボ!! リターンズ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このコーナーでは、創刊と同時に連載を開始した「山崎技研のツボ!!」
に小ネタを加えて改めてご紹介することで、当社フライス盤を
をより深く知ることができます!
一度読まれた方も、ぜひ最後までご覧ください♪
——————————————————-

★初めてご覧になる方のために・・・
「山崎技研のツボ!!」とは?
ラインナップはその数30機種を超えるフライス盤専門メーカー
である山崎技研。ここでは当社フライス盤の『ツボ』を
様々な視点からご紹介していきます。

【第7回 YZシリーズの「とりえ」とは】
 
工作機械はオールマイティな機械というわけではなく、
それぞれ得意とする加工があります。
例えば、旋盤なら丸物の加工、研削盤なら仕上げ加工などが
挙げられます。
その中で、フライス盤は最も汎用性が高く、オールマイティに
近い加工ができる機械といえます。
そんなフライス盤も細分化すると、それぞれ適した加工があり、
機械と加工内容が合致した時、最大限に持ち味を発揮することが
できるのです。

では、YZシリーズの「とりえ」とは?

それを紐解く鍵は2つあります。
1つ目は、当コーナー第3回でもお伝えした通り、
YZシリーズが「人に好かれる」フライス盤であることです。
全機種共通して、作業者がストレスなく思い通りに動かせる
構造、装備を持つYZシリーズは、人がイメージしながら
機械を操作したり、加工段取りに手間をかけず「今すぐ」に
加工を実行したい、そんな時に力を発揮します。

2つ目は、簡単な加工補助機能を持っていることです。
今や対話形機能がついているのは当たり前ですが、
「簡単、早い、分かりやすい」という部分では、
当社オリジナルのガイダンス機能が優れています。
入力が簡単なだけではなく、そこで指令したことを1つのハンドル
で実行できることも、汎用性を高めているポイントの1つです。

ここから、YZシリーズが得意とするものが見えてきました。
皆さんもうおわかりですよね!
YZシリーズが最も力を発揮できるのは、単品加工や
多品種少量加工、また、高度な加工技術が要される加工です。

こういった加工は段取り替えが多いものや、セッティングに
ひと工夫が必要なものです。
また、実際加工を行う以外の時間を短縮しないと
利益の出にくいものであるため、汎用性が高い機械が
力を発揮するのです。

YZシリーズのとりえ、お分かりいただけたでしょうか?
機種選定の際の参考にしていただけると幸いです。

このお話、皆さんのツボにはまりましたか?


いかがでしたか?

いくら機能が豊富な機械でも、実は「誰でも」簡単に、
「誰でも」早く、「誰でも」確実に、使える機械というのは、
そうあるものではありません。
ある程度の知識や経験値無しに、機械というのは使いこなせる
ものではないからです。
それでも弊社フライス盤を「人にやさしいインターフェイス」とし、
機械を使うのが初めての方でも、汎用機を長年使っておられる
熟練の方でも、どんな方にでも使いやすいフライス盤であると
あえて表現する理由とは?
当コーナー「第3回:人に好かれるフライス盤」の中で、
弊社フライス盤の最大の強みを「人と機械の調和がとれていること」
であるとお伝えしました。
加工において機械と人それぞれが得意とする部分が何であるかを
よく理解した上で、それぞれの長所をバランス良く活かすことを
大切に、フライス盤の開発を行っているからです。
例えば、ハンドルやレバーは加工に慣れていない方でも使える
最も汎用的なツールであり、熟練の方にとっては技能を活かすための
頼れる存在です。
作業者のレベルに合わせた使い方ができる機能や装備を持たせたことで、
使う人を選ばないフライス盤となっているのです。
もちろん加工内容については得意不得意がありますが、
使う人にいつでも寄り添い、相棒のような存在であり続けられることこそ、
弊社フライス盤YZシリーズの「とりえ」なのでしょうね。
 
次回もお楽しみに!

当社フライス盤の魅力をもっと知りたい!という方はこちらから。
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/
当社の歴史を覗いてみたい方はこちらから。
http://www.yamasakigiken.co.jp/company/founder/

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

前回このコーナーでご紹介し、ようやく日の目を見ることができた
「YZがゆく!!」単行本。
調子に乗ってお申込みフォームなるものを設置させていただいて
おりましたが、何と27名もの方がお申込みくださいました!!
締切日に確認してびっくり!
お申込みくださった皆さま、ありがとうございます!
お申込みくださるだけでありがたいのに、お好きなコーナーや
ご感想など、ひとつひとつ丁寧に回答くださっていて、
とても感動しました(;▽;)

お申込みいただいた皆さまのお手元にお届けすべく
発送準備を整えておりますので、大変お待たせをいたしますが
今しばらくお待ちくださいませ!
ちなみにあと20冊ほど在庫がございますので、
ご希望の方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせください♪

コロナの影響でメルマガ編集部も外出自粛中・・・。
なかなか高知の情報をお伝えできず申し訳ありません(>_<)
こんな中でもお伝えできる情報を探してまいりますね!

では、また次回(^^)

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ Webセミナーのご案内
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新型コロナウイスルの影響により、今年はたくさんの展示会が
中止、延期を余儀なくされています。
そんな中でも、お客様に製品について知っていただくために、
8月25日に弊社初となるWebセミナーを開催させていただきました!
予想をはるかに上回るご応募をいただき、当日は75名もの方に
ご参加をいただき、大変充実したセミナーとすることができました。
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました!

ありがたいことに二度目のセミナー開催も決まっておりますので、
ご案内させていただきます。
前回ご都合があわなかった方など、ぜひご参加いただければと
思っております^^

※お申込みの締切は9月8日(火)となっております。ご注意ください!

■セミナーの詳細 (8月25日分と同じ内容で実施いたします)
内容:「使いやすい」「思い通り」「人に優しいインターフェース」
       山崎技研製NCフライス盤のご提案
 1) 会社案内
 2) 山崎技研製フライス盤に共通する構造や機能
 3) 製品ラインナップ
 4) 25周年! ベストセラー機YZ-8WRを徹底解剖!
 ※質問コーナーを設け、セミナー中に回答させていただきます。

日時:2020年9月9日(水) 16:00~17:00
講師:株式会社 山崎技研 竹内薫
主催:株式会社 日本物流新聞社
   E-mail:webinar@nb-shinbun.co.jp

■セミナーのお申込み方法
・お申込みは、下記URLよりお申込みフォームに入っていただき、
 事前登録をお願い致します。
  → https://sforce.co/2DoeLde
・セミナーページへのログイン方法や視聴方法につきましては別途、
 ご登録いただいたメールアドレスへ送付させていただきます。
・パソコン、スマートフォン、どちらからでも視聴可能です。
※定員に達した場合、お断りさせていただく場合がございますので、
 ご了承ください。

セミナーの内容やお申込み、視聴方法などについて
ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております!

先日の1回目のセミナーを終え、ご参加いただいた方から
ありがたいことにたくさんのご質問やご意見をいただきました。
山崎技研の入門編的な内容とさせていただいたことから、
ご期待に沿えない部分もあり、残念に思われた方もおいでるかと
思います。
セミナー上でだけではなく、ご質問やご相談などがございましたら
ぜひ弊社へお気軽にお問い合わせいただければと思います。
よろしくお願い致します!

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

コロナ禍の中で普段通りの生活が送れないもどかしさも、
もはやそれすらが日常となり、不思議な感じがします。
今回Webセミナーのご案内をしましたが、Webの活用が
急速に進んだのもコロナ禍ならではのことですよね。
私はオンライン飲み会やオンライントレーニングに参加するなど、
自宅にいながら色んなことができるこの状況を
楽しめるようになってきました。
特に、家で1人でやってもなかなか長続きしないトレーニングは、
仲間が頑張っている様子も見ながらできて
やる気にさせてくれるので、オンラインがおすすめです。
皆さんもぜひWebを活用して楽しみを見つけてくださいね^^

それでは今回はここまで。次回もお楽しみに!

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。

☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバー★☆
こちらから当メルマガのバックナンバーをご覧いただけます!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog-staff/merumagayz-backnumber

======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!!』
2020年8月号 2020年9月3日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:https://www.yamasakigiken.co.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/yamasakigiken
Twitter:https://twitter.com/yamasakigiken
営業所:埼玉/名古屋/大阪/東北
=======================================================

 
 

《メールマガジン YZがゆく!!》 2020年7月号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆
          YZがゆく!!
           2020年7月号
 https://www.yamasakigiken.co.jp/
  
ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■■◆

こんにちは!山崎技研の竹内です。

前回ようやく復活を果たしたメルマガなのに、
はやひと月で音をあげた・・・訳ではございません!(^^;)
梅雨明けとともに暑い暑い夏が訪れましたが、
特に今年はマスク着用で熱中症への注意が必要ですね。
皆さん健康に留意しながら、ようやく訪れた夏本番を
お楽しみください♪

それでは、7月号のメルマガをお楽しみください!

*******************************************************
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
*******************************************************

∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 1) 山崎技研のツボ!! リターンズ
   ~第6回:“省エネ”なフライス盤~
 2) ちょこっとひと息
    ~単行本発行のご報告~
 3) 展示会のおしらせ
 4) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 山崎技研のツボ!! リターンズ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このコーナーでは、創刊と同時に連載を開始した「山崎技研のツボ!!」
に小ネタを加えて改めてご紹介することで、当社フライス盤を
をより深く知ることができます!
一度読まれた方も、ぜひ最後までご覧ください♪
——————————————————-

★初めてご覧になる方のために・・・
「山崎技研のツボ!!」とは?
ラインナップはその数30機種を超えるフライス盤専門メーカー
である山崎技研。ここでは当社フライス盤の『ツボ』を
様々な視点からご紹介していきます。

【第6回 “省エネ”なフライス盤】
 
今や何を作るにしても欠かせないワードである「省エネ」。
節電を強いられている今、工場で使用する電力量は
できる限り低く抑えたいところ。
そういった面から、設備機選びの重要項目として「省エネ」を
挙げておられる方も多いのではないでしょうか。
 
「そのへん、YZシリーズはどうなの?」と気になっている方
のために、当社フライス盤の「省エネ」についてお伝えします。
 
まず、省エネな機械というと、最新の高度な技術が使われていたり、
照明をLEDに・・・なんていうイメージがありますよね。
それに対して、当社は構造面を工夫することによって、
省エネな機械を実現しています。
 
その構造とは、カウンターウェイトによりバランスされた主軸頭です。
これにより、停止時のモーターへの負荷が少なく、
消費電力を抑えることができます。
また、YZシリーズの主軸の駆動には変速ギアが使われています。
主軸とモーターとの間に変速機構を設けることで、
モーターの能力を無駄なく最大限に利用でき、
小さなモーターでも大きな切削力を生むことができるのです。
 
この二つはいずれも汎用機の構造そのもの。
すべりガイドもそうですが、汎用機って意外と合理的な
構造だったんですよね。
当社はそんな「古くから良い」とされてきたものを変わらず
採用しつつ、改良を続け、独自のフライス盤を生み出しています。
 
このお話、皆さんのツボにはまりましたか?


いかがでしたか?

この記事を書いたのが、2012年11月のこと。
約8年が経過した今、以前より設備導入における省エネ性の重要度は
より高まってきています。
特に、補助金の活用や優遇税制の活用、金融機関の融資を受けるにあたっても、
省エネ性の向上について問われることが多いと聞いております。
 
補助金の対象設備となるためには、一定期間内の省エネ性の向上について
指標が定められていることが多く、当社フライス盤のラインナップの中でも
対象機種とできないものもございますが、
大半が旧モデルと比較して省エネ性が向上しているものばかりです。
2軸機(汎用タイプフライス盤)でも、旧モデルと比較して
主軸モータを高効率モータに変更するなどの省エネ化を図っております。
 
設備導入のご検討にあたり情報が必要な方がおられましたら、
お気軽にお問い合わせいただければと思います。
 
「小さな力で大きな切削力を生み出す」ための昔ながらの機構に加え、
技術の進歩により高効率化されたものを採用することで、
当社は時代に合わせた製品を生み出していきます。

次回もお楽しみに!

当社フライス盤の魅力をもっと知りたい!という方はこちらから。
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/
当社の歴史を覗いてみたい方はこちらから。
http://www.yamasakigiken.co.jp/company/founder/

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

前回2年半ぶりに復活した「YZがゆく!!」ですが、
あまりのブランクのため、すっかり、すっかりお知らせすることを
忘れてしまっていたことがございます・・・!!
本来であればいの一番にお知らせすべきことだったのに。。。
 
それは・・・
 
「YZがゆく!!」単行本の完成!です!!
 
2017年2月に配信した第46号のちょこっとひと息で発表した
「YZがゆく!!」の単行本化が、実はこっそりとひっそりと
2018年の年末に実現していたのです!
こんなビッグな話題をなぜひっそり!?とツッコむべきところですが、
あまりのブランクに脳みそがついてきません・・・。
 
というのは置いておいて、この単行本化にあたっての経緯について
少しご紹介させていただきます。
 
全ての始まりは、2014年の高知県の展示会「ものづくり総合技術展」での
ある出会いでした。
県内の様々なものづくり企業が一同に会するこの展示会の交流会で、
株式会社飛鳥さんのある社員さんと名刺交換をしたのです。
交流会に参加している若い女性は少なく、その場ですぐに仲良くなり、
3日間の会期中、お互いの仕事のことなど、色んな話をしました。
飛鳥さんは印刷、出版、デジタル事業をされている企業さんで、
出版に携わっていたその社員さんが「YZがゆく!!」と
当社フライス盤に興味を持ってくださったことで、
その後の長いお付き合いが始まりました。
毎年展示会で顔を合わすたびに近況報告したりが続く中で、
せっかく色んなコンテンツが揃ったメルマガを
Web上だけに置いておくのはもったいない!
一度まとめて本にしませんか?と単行本化のご提案をいただいたのです。
 
2017年の年初めにスタートした単行本化ですが、
発行までに実に2年もの時間を要しました。
飛鳥さんには、本当に本当に長らくご迷惑をおかけしました。。。
メルマガとして垂れ流しにしていた読み返すこともなかった駄文たちを、
改めて単行本化するためにコーナー別に編集する作業は思いがけず大変で、
そのくせメルマガ編集部はこだわりばっかり強く、
こんな文章じゃ本になんてできません・・・と弱音ばかり吐いていました。
そんなどうしようもない私たちを励まし、素敵な単行本に仕上げてくださった
飛鳥さんには、ただただ感謝の気持ちしかありません。
 
飛鳥さんは高知県ならではの本の出版をはじめとして、
ARなどのデジタル事業、印刷のお仕事など
素敵な魅力を持った企業さんです。
ネクタイがいつも印象的な社長さまにも大変お世話になりました!
↓↓
★株式会社飛鳥
http://www.asuka-net.jp
 
すでに展示会の場や営業マンからの勧めでご覧になった方も
いらっしゃると思いますが、単行本は非売品(笑)でありますので、
当社に大量に在庫がございます。
2年半のブランクにもかかわらず、変わらずご愛読くださっている
メルマガ読者の皆さまの中で、単行本も読みたい!とおっしゃってくださる
方ががいらっしゃいましたら、ぜひご一報くださいませ!
どれだけのお申込みがあるかも分からないのに、
申込みフォームなどというものを設置させていただきます♪
(お申込みは無料です。ご安心ください!)
↓↓
★単行本「YZがゆく!!」お申込みフォーム
https://forms.gle/6NdMdAcFKmHchgBi7
(お申込み締切:2020年8月25日(火) 24:00)
 
後にも先にもYZがゆく!!の単行本はこの1冊だけになると思いますが、
当社フライス盤や高知について知っていただくきっかけづくりに最適な
単行本を、ぜひお手に取っていただければと思います^^
 
今回は”ちょこっと”どころではないひと息でした☆
では、また次回(^^)

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 展示会のおしらせ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新型コロナウイスルの影響により、今年はたくさんの展示会が
中止、延期を余儀なくされています。
例年開催されていた展示会が中止になっていたり、時期が変更と
なっている場合がありますので、ご注意ください。

現時点で中止や開催日程の変更が決まっている展示会について
ご案内しますので、ご確認ください。
当社ホームページにも掲載しております。
⇒ https://www.yamasakigiken.co.jp/topics/event
※都度変更される場合がありますので、ご注意ください。

◆開催時期変更が決まっている展示会◆
・新潟どてらい市 6月12日(金)~13日(土) → 10月27日(火)~28日(水)
・中部どてらい市 6月13日(土)~15日(月) → 10月28日(水)~29日(木)
・高崎どてらい市 6月4日(木)~5日(金) → 2021年2月

◆中止が決定している展示会◆
・JIMTOF2020
・MEX金沢2020
・2020北九州どてらい市
・第41回新潟どてらい市
・第34回東北信どてらい市

展示会の開催ができない中でも、お客様に製品について知っていただくために、
web上で展示会を開催するという取り組みも始まっています。
詳細が分かり次第、当社ホームページ等でご案内いたします。
動画やwebサイトへのリンク等を使って、効果的に商品について
知ることができるという点では、web版展示会にもメリットがあります。

・2020北海道どてらい市 Web版 9月30日(水)まで開催中
 https://hokkaidodoteraiichi.com/

・2020大阪eどてらい市 9月30日(水)まで開催中
 https://www.osaka-edote.com/

ぜひ興味を持っていただけたらと思います☆

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

2ヶ月に亘る長~い梅雨がようやく明け、いよいよ夏本番!
とはいえ、新型コロナウイルス感染拡大も心配ですから、
いつものような”弾ける夏”とは行かないようですね。
お盆時期の帰省が難しいという方もいらっしゃると思いますが、
テレビ電話などを活用して、直接会うことができなくても
元気な姿を見せてみてはいかがでしょうか?
私の親戚は皆遠方に住んでいるため、お盆のお墓参りの時には
テレビ電話で県外の親戚に「エアお墓参り」の中継をすることが
毎年の恒例となっています(笑)
どんな形であれ、人を想う心を大切に、その時にできる
より良い形を探していきたいですね。

それでは今回はここまで。次回もお楽しみに!

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。

☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバー★☆
こちらから当メルマガのバックナンバーをご覧いただけます!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog-staff/merumagayz/2012/05/post_31.html

======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!!』
2020年7月号 2020年7月31日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:https://www.yamasakigiken.co.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/yamasakigiken
Twitter:https://twitter.com/yamasakigiken
営業所:埼玉/名古屋/大阪/東北
=======================================================

 
 

《メールマガジン YZがゆく!!》 2020年6月号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆
            YZがゆく!!
             2020年6月号
       https://www.yamasakigiken.co.jp/
      
ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■■◆

こんにちは!山崎技研の竹内です。


「YZがゆく!!」は、2017年2月の配信を最後に、
誠に勝手ながら配信を休止させていただいておりました。
配信を楽しみにしてくださっていた方の中には、
お電話等で「最近メルマガいかがですか?」と
お声がけくださる方もいらっしゃり、
配信を休止してしまったことを心苦しく思っていました。
いつか配信再開ができれば、と思っていた中で訪れた
新型コロナウイルス感染拡大による苦境。
展示会等の開催が難しい状況となった今こそ、
皆さまに少しでも多くの情報をお届けできればと、
期間限定で復活することといたしました!
テレワークに変わったり、除菌に気を使ったりと、
これまでとは違った慣れない生活に
ストレスを感じておられる方も多いと思います。
そんな皆さんの息抜き代わりに「YZがゆく!!」を
ご覧いただければ幸いです☆

それでは、お久しぶりのメルマガをお楽しみください♪

*******************************************************
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
*******************************************************

∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 1) 山崎技研のツボ!! リターンズ
   ~第5回:どっしり安定したフライス盤~
 2) ちょこっとひと息
    ~梅雨時期の癒し・蛍~
 3) 展示会のおしらせ
 4) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 山崎技研のツボ!! リターンズ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このコーナーでは、創刊と同時に連載を開始した「山崎技研のツボ!!」
に小ネタを加えて改めてご紹介することで、当社フライス盤を
をより深く知ることができます!
一度読まれた方も、ぜひ最後までご覧ください♪
——————————————————-

★初めてご覧になる方のために・・・
「山崎技研のツボ!!」とは?
ラインナップはその数30機種を超えるフライス盤専門メーカー
である山崎技研。ここでは当社フライス盤の『ツボ』を
様々な視点からご紹介していきます。

【第5回 どっしり安定したフライス盤】

山崎技研のフライス盤は「背高のっぽ」。
前回そんなお話をしましたね。
でも、「背高のっぽ」というと、何だか強さはないイメージ。
汎用機時代のYZシリーズはそうでした。
それを改善するための徹底的な研究を行った結果が
現在のYZシリーズです。

効果的にリブを入れることで、「重さ=強さ」だった汎用機から
生まれ変わり、高さを保ちつつも軽量かつ丈夫なコラムを
実現したことがその1つです。

もう1点として、全ての土台となるベッドに焦点を当てます。

まず1つ目に、高品質な鋳物にこだわったこと。
受ける側がしっかりしていないと、
機械自体が不安定なのは当然です。
その機械がどんなに高精度な主軸を有していても、
ベッドの質が悪ければ仕上がりの質も落ちてしまいます。
そのため、高品質な国産鋳物を使用しています。

2つ目に、構造面。
箱型対称のセンターガイド方式をとり、
コラムと同じくリブを入れ、軽量化を図りながらも
強いベッドを実現しています。
こだわりはリブの種類。
コラム以上に剛性が求められるベッドには、
「クロスリブ」を入れ、より高い剛性を実現しています。

3つ目に、ガイドの幅。
受ける土台であるベッド自体のサイズだけでなく、
実際に力を受ける「ガイド」という面自体を
広く大きくとっています。
展示会でご覧いただく際に、
「ガイド面広すぎじゃない?」
と言われたりも。
「やりすぎ」と感じられるほどの
こだわりがあるんです。

モノでも何でもそうですが、「土台」がしっかりしていることが
安定性、信頼性につながるものです。
山崎技研がベッドへのこだわりが強いのも、
「お客様に安心してお使いいただきたい」という
思いから来ているんです。

このお話、皆さんのツボにはまりましたか?

————————————————————
いかがでしたか?
弊社フライス盤は、スピードも無ければ制御に優れるわけでもない。
それでも、使いやすさにこだわったフライス盤は
高い信頼性を獲得しています。
この使いやすさを影ながら支えているのが、
安定感のあるベッドなのです。
どんなに優れた機能をもつ機械でも、
それを最大限に発揮するための強い土台が無ければ、
信頼して仕事を任せることはできないでしょう。
どんな時も安定した仕事を確実に行えるという信頼感は、
機械を使用する人のパフォーマンスを高める要素なのでは
ないでしょうか。
当社フライス盤が「相棒のような存在」と言われるのは、
こんなところから来ているのでしょうね。
当社は今後も変わらず、「安定性」にこだわっていきます。

次回もお楽しみに!

当社フライス盤の魅力をもっと知りたい!という方はこちらから。
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/
当社の歴史を覗いてみたい方はこちらから。
http://www.yamasakigiken.co.jp/company/founder/

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

爽やかな初夏を楽しむ間もなく、今年は早い梅雨入りとなりました。
当社では密となるのを防ぐため、事務所の窓を全開で営業中。
雨の日には紙がしなしなになってしまうほどの湿気に、
憂鬱になる今日この頃です。

そんなこの時期にも、楽しみを発見しました!
ステイホームによる運動不足を解消するために行っている
夜のウォーキングでのこと。
街灯のない場所を歩く時に、スマホの画面のあかりをかざして
歩いていると、ふんわり小さな光がついたり消えたり・・・。
これはもしや、蛍!?と立ち止まって目を凝らして
辺りの様子を窺うと、1匹の蛍が何とも言えない優しい光で
飛び回っているではありませんか!
再び歩き始めると、自分について来てと言わんばかりに
私のすぐ前をふわふわ飛んで行く姿にすっかり虜になり、
ついつい予定と違う道に誘われてしまったのでした^^;
田んぼの時期は道端の用水路に水が豊富で、
住宅街でも街灯のない薄暗い場所には蛍を見られる所が
多いようです。
皆さんも、お散歩がてら蛍を探しに行ってみては
いかがでしょうか?

では、また次回(^^)

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 展示会のおしらせ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新型コロナウイスルの影響により、今年はたくさんの展示会が
中止、延期を余儀なくされています。
例年開催されていた展示会が中止になっていたり、時期が変更と
なっている場合がありますので、ご注意ください。

現時点で中止や開催日程の変更が決まっている展示会について
ご案内しますので、ご確認ください。
当社ホームページにも掲載しております。
⇒ https://www.yamasakigiken.co.jp/topics/event
※都度変更される場合がありますので、ご注意ください。

◆開催時期変更が決まっている展示会◆
・新潟どてらい市 6月12日(金)~13日(土) → 10月27日(火)~28日(水)
・中部どてらい市 6月13日(土)~15日(月) → 10月28日(水)~29日(木)
・高崎どてらい市 6月4日(木)~5日(金) → 2021年2月

◆中止が決定している展示会◆
・JIMTOF2020

展示会の開催ができない中でも、お客様に製品について知っていただくために、
web上で展示会を開催するという取り組みも始まっています。
詳細が分かり次第、当社ホームページ等でご案内いたします。
動画やwebサイトへのリンク等を使って、効果的に商品について
知ることができるという点では、web版展示会にもメリットがあります。
ぜひ興味を持っていただけたらと思います☆

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

メルマガ執筆は実に3年ぶり・・・。
以前のように書きたいことが次々浮かんでくるか、
不安を感じながら書き始めました。
どんな風に書いていたかなあ?と、過去のメルマガを読み返してみると、
あら不思議、以前のように文章がスラスラ出てくるではありませんか!

今回の復活はあくまで「期間限定」とさせていただき、
年末までの半年間を予定しています。
その間、何とか毎月配信したいと思っていますので、
ぜひお手元に届いた折には、少しお時間をいただいて
読んでいただければと思います^^

それでは今回はここまで。次回もお楽しみに!

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。

☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバー★☆
こちらから当メルマガのバックナンバーをご覧いただけます!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog-staff/merumagayz/2012/05/post_31.html

======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!!』
2020年6月号 2020年6月25日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:https://www.yamasakigiken.co.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/yamasakigiken
Twitter:https://twitter.com/yamasakigiken
営業所:埼玉/名古屋/大阪/東北
=======================================================