株式会社山崎技研

  • 製品情報
  • 製品導入のメリット
  • アフターサービス
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
プロフィール
竹内 薫
竹内 薫
営業部在籍。ホームページの更新や、営業ツール作りなどを行っています。 お問い合わせフォームからでは問い合わせにくい…という方は是非こちらから気軽に声をかけてください♪
E-mail:k.takeuchi@yamasakigiken.co.jp
今の山崎技研
山崎技研のFacebook
月別記事一覧
  • お問い合わせ
  • 製品情報
  • 社会貢献活動
  • 土佐山田工場紹介
  • 匠(技術者)の紹介
  • スタッフブログ「仕事にロマンを求めて」
Google

山崎技研 スタッフブログ

《メールマガジン YZがゆく!!》 第37号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

              第37号 2015.8.05
          https://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■◆


こんにちは!山崎技研の竹内です。

高知は2ヶ月近い長~い梅雨が明け、ようやく南国高知らしい
からっと暑い夏がやって来ました!
梅雨が明けてからは雨がなく、ちょっと極端だよ...と心配にも
なりますが、花火大会などの夏のイベントはお天気に悩まされる
ことはなさそうです^^
間もなく本番を迎えるよさこい祭りも、この暑さでは踊り子さんの
体調が心配になるほど。
それでも暑くないと気分が上がらん!と言ってしまう高知県民の
気質を、お天気はよ~く知っているのかもしれません^^;
お休みなどを利用して、ぜひ高知で行われる様々なイベントに
足を運んでみてください♪

それでは、メルマガ第37号をお楽しみください☆

*************************************************************************
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
*************************************************************************


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第12回:フライス盤のATC~

2) ちょこっとひと息
  ~土佐弁講座~

3) 百聞は一見にしかず!
   ~第17回(特別編):山崎技研の魅力とは~

4) 展示会のおしらせ

5) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このコーナーでは、工作機械 なかでもフライス盤の「通(つう)」を
目指して、フライス盤の様々な情報をお届けします!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
第12回:フライス盤のATC
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

今回は、フライス盤の進化版・マシニングセンタに欠かせない要素
である「ATC」の話題です。

ATCというのは、Automatic Tool Changer の略、つまり
「自動工具交換装置」のことです。
近年、工作機械での加工はより複雑化しています。それに合わせて
ワンチャッキングで多面加工ができる機能を持つ機械や、
フライス盤+旋盤などの複合加工機のニーズが高まっています。

こういった高機能な工作機械に欠かせない要素となっているのが、
自動で任意の工具を交換してくれる機能、ATCです。
ATCというのは、ツールがストックされている「マガジン」、
ツールを交換するための"手"の役割をする「アーム」、
主にこの2つから構成されています。
マガジンには、ツールが入る入れ物であるポットが並んでおり、
このポットの数だけ工具をストックことができます。

工具交換の手順をご説明しましょう。
まず、マガジン上にある交換したいツールを呼び出す必要があります。
NCプログラム上で、ツール番号を入力することにより、
呼び出し位置に任意のツーリングがスタンバイします。
続いて、アームが回転し、主軸のツールとスタンバイ中のツールを
掴みます。そのままアームが下降し、掴まれたツールが主軸やポット
から引っこ抜かれ、そこでアームが180度回転することにより、
それぞれのツールの位置が入れ替わります。そうすると、あとは
アームが上昇してツールが主軸とポットに納まり、ツールからアーム
が離れると工具交換完了です。

上記手順は、搬送方法が振込タイプでメモリランダム方式の場合
でのご説明でした。

というのも、ATCにも様々な方式があるのです。
まず工具選択の方法には、ツールの並び順に呼び出しを行う
「シーケンシャル方式」と、任意のツールを呼び出すことができる
「メモリランダム方式」に分かれます。
現在では、ツールをナンバリングして管理でき、いつでもどの場所
からでも工具交換ができるメモリランダム方式が主流となっています。

また、ツールの交換時の搬送方法には、走行タイプと振込タイプが
あり、大型機の場合は走行タイプ、小型機の場合は振込タイプが
多くなっています。
加工時間短縮のために、工具交換時間も1/10秒単位での短縮が
求められている中で、振込タイプはTool to Toolでの工具交換が
可能であるため、振込タイプの需要が高いといえます。

そして、アームの駆動方法は油圧、空圧、電動カムに分かれており、
進動精度や安定性が高いカム式が採用されることが多いようです。

初めにもお話したように、ATCというのはマシニングセンタを
語る上で欠かせない要素です。それゆえに、自動化の象徴として
捉えられることも多いですが、当社フライス盤に装備している
ATCは、汎用的に使用することもできるという特長があります。
他社と大きく違うのが、メモリランダム方式を採用しながらも、
ツール番号だけでなくポット番号でも指定可能だという点。
例えば、あらかじめツールに付けていた番号を忘れてしまっても、
外側から見て該当するツールの入っているポットの番号が分かれば
機械に指令できるのです。
指令方法も、NCプログラムを用いる方法だけではなく、画面に
表示される案内図に数字を入力するだけのガイダンス機能の中に
工具交換メニューがあるので、ポット番号、もしくはツール番号を
入力して運転させるだけで、誰でも簡単に工具交換を行うことが
できるのです。
★動画で確認⇒https://www.youtube.com/watch?v=QhCPM-gXRh4

こういった機能は、加工プログラムの中ではなく、加工段取り時の
測定やワンショットの加工時などで生きてくるものです。
弊社マシニングセンタ及びATC付きNCフライス盤のような、
量産加工と単品加工、両方の仕事を行いたい方をターゲットにした
機械だからこそ、こういった機能が有難いのです。

今回は、ATCについてのお話でした。
次回もお楽しみに!

★弊社フライス盤・YZシリーズに共通した特長はこちらから★
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/tsubo-matome.html
★フライス盤の基礎知識はこちらから★
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/arekore-matome.html
★製品ラインナップはこちらから★
https://www.yamasakigiken.co.jp/products/



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
梅雨が明けて夏本番!毎日毎日暑いですね。

この暑さを、高知の方言(土佐弁)で表現します。
「げに まっこと しょう暑いちや!」

「げに」→まことに、実に(強調の時にも使う)
「まっこと」→まことに(強調の時にも使う)
「しょう」→すごく(強調の時にも使う)
「~ちや」→~だよ

ということで、今回は我々高知県民の方言「土佐弁」
特集をやりたいと思います!

★詳しくはブログにて↓↓★
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2015/08/post-71.html

では、また次回(^^)



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 百聞は一見にしかず!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
古くからのことわざにもあるように、百聞は一見にしかず!
ここでは動画の紹介を通して、カタログやHPだけでは分からない
当社製品の"リアルな魅力"をお伝えします。

今回は特別編として、フライス盤ではなく"会社"にスポットを当て、
「百聞は一見にしかず」な山崎技研の魅力をご紹介したいと思います!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 第17回(特別編):山崎技研の魅力とは
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

今回ご紹介する動画は、昨年度高知の「きらり企業セレクション」
という高知の魅力ある中小企業を紹介する企画にて取材・撮影をして
いただいた、リクルート向けの企業紹介動画です。

動画は、中小企業団体中央会が運営する未来の企業応援サイト
「ミラサポ」内に掲載されています。
https://www.mirasapo.jp/features/kirari/24313.php

それでは、まずは動画をご覧ください。(クリックで動画ページに飛びます)
↓↓
https://youtu.be/o_8z5Urp5BI

フライス盤を製造する機械事業部と、魚の種苗生産を行う水産事業部
という2つの柱を持つのが弊社の特長。
「え、水産事業もやってるの!?」という方もおられると思います。

機械と魚、全く別の事業が一つの会社(特に中小企業に)の中にあること
を不思議に思うという声を良く聞きます。
きっかけは、自然保護に関心を持っていた創業者が、ものづくりを行い
ながらも高知の天然資源を守りたいという思いで水産事業を始めたこと。
こうして独特の経営スタイルが誕生したのです。

機械事業部では、製品だけでなくアフターサービスにも責任感と
強い誇りを持っていて、お客様と損得勘定抜きのお付き合いができる
というのが特長の一つです。
また、水産事業部では、水産資源を守りながらも安定的に魚の生産が
できるよう、自社で大学の研究室レベルの設備を持ち、絶えず探求心
を持って仕事に取り組んでいます。

そんな社内の社風はというと、山崎技研は"大きな家族"のような
雰囲気があり、それが居心地の良さの理由です。
こういった高知の企業ならではの雰囲気は、工場見学などにお越し
いただけるとよく伝わるのではないかと思います。
"百聞は一見にしかず"、ですが、やはり"百見は一験にしかず"!
ぜひ、当社の雰囲気を肌で感じていただき、そのやさしさが製品にも
息づいていることを知っていただきたいです。

-----------------------------------------------------------------------------------
今回は、特別編として当社の動画をご紹介しました。
次回は加工動画の紹介に戻ります。お楽しみに!

★過去の動画はこちらから★
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/movie-matome.html


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 展示会のおしらせ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このふた月の間に弊社が出展する展示会をご案内します。
詳細はこちらからご確認ください。
https://www.yamasakigiken.co.jp/topics/event/index.html

◆中国コイケ 溶接技術展
9月4日(金)~5日(土) 広島県立産業会館(広島市)
出品機:YZ-8WR

◆2015 香川どてらい市
9月5日(土)~7日(月) サンメッセ香川(高松市)
出品機:F-352

◆2015 福山どてらい市
9月12日(土)~14日(月) ビッグ・ローズ(福山市)
出品機:F-352

皆様のご来場を心よりお待ちしております^^



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

毎年恒例の「稚魚放流イベント」、今年も先月20日の海の日
に開催致しました!
FacebookやTwitter、blogでもご紹介しましたが、今年は受付開始
からわずか1時間半で定員に達してしまうという事態に...!
残念ながらご参加いただけなかった方、また来年お待ちしており
ますので、ぜひご参加ください^^
イベント当日は曇りのち雨というあいにくのお天気でしたが、
全体で330名もの方にご参加いただき、お子さんたちの歓声が
会場に響きわたる、とても活気のあるイベントとなりました。
高知の天然資源を守るために始めたこの小さな活動は、来年で何と
10周年を迎えます!
地域の皆さんに見守っていただきながら続けられることに感謝しつつ、
来年また皆さんにお会いできることを楽しみにしております♪

それでは今回はここまで。次回もお楽しみに☆

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。


☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
こちらから当メルマガのバックナンバーをご覧いただけます!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-31.html


============================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!!』
第37号 2015年8月5日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:https://www.yamasakigiken.co.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/yamasakigiken
Twitter:https://twitter.com/yamasakigiken
営業所:埼玉/名古屋/大阪/東北
============================================

Posted at:2015.8.05
ページの先頭へ