株式会社山崎技研

  • 製品情報
  • 製品導入のメリット
  • アフターサービス
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
プロフィール
竹内 薫
竹内 薫
営業部在籍。ホームページの更新や、営業ツール作りなどを行っています。 お問い合わせフォームからでは問い合わせにくい…という方は是非こちらから気軽に声をかけてください♪
E-mail:k.takeuchi@yamasakigiken.co.jp
今の山崎技研
山崎技研のFacebook
月別記事一覧
  • お問い合わせ
  • 製品情報
  • 社会貢献活動
  • 土佐山田工場紹介
  • 匠(技術者)の紹介
  • スタッフブログ「仕事にロマンを求めて」
Google

山崎技研 スタッフブログ

《メールマガジン YZがゆく!!》 第21号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

              第21号 2014.1.21
          https://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆


こんにちは!山崎技研の竹内です。

大変遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます!
今年の年始は本当に暖かく晴れやかで、清々しい年始のスタートを
切ることができました。
元日高知はあいにくの曇り空でしたが、雲の隙間から見事なご来光を
拝むことができました!
午年にかけて、何ごとも「ウマ~く」いく年になるといいですね^^

本年も、メールマガジン「YZがゆく!!」を
ご愛読いただきますようよろしくお願いいたします♪

それでは、2014年最初のメルマガをお楽しみください☆


*****************************************************
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
*****************************************************


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) 突撃!!YZインタビュー
  ~第10回:フルカバータイプ~

2) ちょこっとひと息
  ~注目の"おみや" ほうじ茶大福~

3) YZニュース
  ~2014年 これに注目!!~

4) 展示会のおしらせ

5) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 突撃!!YZインタビュー
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
わたくし竹内が、YZシリーズを機種ごとにインタビューし、
その魅力をお伝えしていくコーナー。
第10回は、これまたYZらしからぬフルカバータイプ。
さあ、どんな話が飛び出すのでしょうか~?

.................................................................................................................................
 第10回:フルカバータイプ
.................................................................................................................................

使い勝手を重視してのオープンタイプといっても、ワークによっては
切削液無しには加工できないものがあるのも現実。
YZ機の使い勝手の良さはそのままに、フルカバーにできないものか
というユーザー様の強いご要望で誕生したのが、SGシリーズの
フルカバータイプ。
いかにしてその期待に応えたのか!?
・・・その答えは、インタビュー内でご確認ください!

―【竹内(以下 T)】まずは、ご自身の特長を教えてください。

【フルカバー(以下 F)】「ご覧の通り、全周カバーを装備している
ことです。作業性重視の山崎技研がフルカバー機をラインナップ
しているなんて意外、という方も多いでしょうね。通常フルカバー機と
なると、オープンタイプに比べ作業性が落ちるものです。フルカバー
装備のために使い勝手の面を妥協したのかと思われがちですが、
それは違います」

―【T】ということは、フルカバー機でありながら、作業性も高い?
そんなことがあり得るんでしょうか?

【F】「それを実現できるのが、フライス盤専門メーカー山崎技研です。
それも、ただカバーを付けたというのではなく、作業環境に配慮した
独自のカバーを装備しているんです。汎用操作を可能にした、まさに
新しいコンセプトのカバー。これにより、ドアを閉めた状態でも
ハンドル、レバー操作ができる仕様が誕生したのです」

―【T】まさにユーザーのニーズにぴったりの仕様となったわけ
ですね。では、その内容を詳しくお聞かせいただけますか?

【F】「ハンドル、レバーの配置はオープンタイプ機と同様に
機械前面、つまり作業者が機械の前に立って操作しやすい場所に
配置しています。オープンタイプと違っているのは、ハンドルユニット
がサドルではなくカバーに付いているので、Y軸方向への移動時に
ハンドルユニット自体は動かないというところ。ただ、ハンドル位置
から主軸中心までの距離は650mmとフルカバー機としては短いため、
接近性は十分。テーブル高さ820mmと合わせ、加工の確認、工具の
確認が容易です。また、前面ドア開口部は1020mmとワイドで、
段取り替えなどでクレーン作業も行えます」

―【T】フルカバー機というと、ハンドルやレバーのないものが
多く、細かい位置決めがしにくいイメージがありますが、これなら
その心配もありませんね。

【F】「そうですね。機能面ではNCプログラムはもちろんのこと、
加工ガイダンス機能や汎用操作で単品加工もスムーズにこなすことが
できます。工具収納本数24本のATCは、プログラム運転だけ
でなく、加工ガイダンスでの手軽な交換も可能。また、左右ドアは
取り外し可能で長尺ワークにも対応できます。このように、マシニング
センタでありながら、幅広いワーク、加工にも対応できる仕様ですから、
1台でマシニングとNCフライス盤の2役をこなすことができるのです」

―【T】なるほど。加工の幅が広いお客様ほど嬉しい仕様ですね。
では最後にアピールなどありましたらお願いします。

【F】「基本的にYZシリーズの標準スタイルのNCフライス盤+
全周カバーなので、頑強なベッド、全軸摺動面のキサゲ仕上げなどと
いった基本構造はSGシリーズと同じ。カバーで見えない部分にも
山崎技研ならではのこだわりが隠れてるんです。あまり注目される
ことのない私ですが、こだわり抜いたYZ独自の魅力を持つマシニング
であることを、より多くの方にお伝えしたいですね」

―【T】ありがとうございました。

★YZシリーズに共通した特長はこちらから★
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/tsubo-matome.html
★製品ラインナップはこちらから★
https://www.yamasakigiken.co.jp/products/



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

皆さん、遅くなりましたが
あけましておめでとうございます。
今年も、皆さんに高知の情報をお届けすべく
ボボちゃんと共に頑張っていきたいと思います!
お付き合いの程、よろしくお願いします。

さて、今回は高知のお土産にオススメなものを
紹介したいと思います。

ほうじ茶を使用した、「満天の星 大福」
皆さんご存知ですか?
実は、テレビでも紹介されたことがあり、
はなまるマーケット2013年おめざランキングで
9位にランクイン!

四万十川源流地のまち、津野町で採れた厳選の茶葉を
使用した和のスイーツ^^
香ばしいほうじ茶の苦みと、餡子と生クリームの甘さが
絶妙で、食感もモチモチしててとっても美味しいです♪

お取り寄せも出来ますので、皆さんの試しあれ!
★満天の星 オンラインショップ http://shop.manten-hoshi.jp/

詳しいレポートはブログにてご覧下さい↓↓
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2014/01/post-58.html

では、また次回(^^)



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ YZニュース
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ここでは、当社の最新ニュースをお届けします♪
さて、今回のニュースは!?

...━━...━━...━━...━━...━━━...━━━...━━...━━...━━...━━...
       ☆★ 2014年 これに注目!! ★☆
...━━...━━...━━...━━...━━━...━━━...━━...━━...━━...━━...

今年は、各自の「注目するもの・こと」を絡め、全国の営業マンより
新年のご挨拶を述べさせていただきます!

========================================================
              ☆★ 東北出張所 ★☆
========================================================
あけましておめでとうございます。旧年中はお世話になりました。
本年もよろしくお願い致します。
仙台に来て6年になりました。インターネットなど通信網が日々
発達している時代ですが、地元にもっともっとしっかり根を張って、
人と人とのふれあいを大事にし、今年の午年のように飛躍する年に
していきたいと思います。 (田中実)

========================================================
              ☆★ 東京営業所 ★☆
========================================================
新年明けましておめでとうございます。
昨年末よりアベノミクス効果やオリンピックの東京開催決定など、
明るい話題が続いています。この勢いで今年の干支である馬のように
一年を駆け抜けたいと思います。
本年も東京営業所一同、皆様にご満足いただけるサービスを心がける
所存でございますので、何卒昨年同様のご愛顧を賜りますよう、
お願い申し上げます。 (所長 前田充史)

========================================================
              ☆★ 名古屋営業所 ★☆
========================================================
新年明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。
今年も皆様のご期待に添えるよう、頑張りたいと思います。
今年注目するなら、やはり消費税増税4月以降の状況が気になります。
株、為替がどう変化していくのか?今の状況に水を差して欲しくない
ですね。
まだまだ寒い日が続きます。体も機械も、寒いと動きが悪くなります。
暖気運転を心掛け、ご活躍下さい。
本年も宜しくお願い致します。 (所長 岡林明)

========================================================
              ☆★ 大阪営業所 ★☆
========================================================
新年あけましておめでとうございます。昨年は色々とお世話になりました。
今年も「YZシリーズ」で皆様の課題解決のお手伝いをさせて頂ければ
幸いと思っております。
さて、私が(恐らく多くの方々が)今年注目している事は、世界平和です。
昨年に引き続き、世界情勢は不安定です。他人事ではなく、個々でも
真剣に考えなければいけない年だと思います。
今年もどうぞよろしくお願い致します。 (所長 石元滑徒)

========================================================
              ☆★ 広島営業所 ★☆
========================================================
2014年午年の新しいスタートを切りました。
今年は干支にちなんで、競走馬のように365日第四コーナーを回る
勢いで、目標に向かって頑張る所存です。
また、2年に一度の国際見本市JIMTOF開催の年でもありますね。
今年も我社の理念を基本とし、ものづくりのユーザー様の良き
パートナーとなるYZ機をご提供できる1年にしたいと思います。
本年もよろしくお願い致します。 (所長 高橋要)

========================================================
               ☆★ 本社 ★☆
========================================================
遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
今年はなんといっても4月の消費税増税に注目しています。
増税前に機械を納入されたいというお客様も増えてきておりますし、
また増税後の動向にも注目しています。
他、「スーパーものづくり補助金」こちらも大注目です!昨年の補助金でも
多数のお客様が難関を突破され、前向きな設備導入、取り組み等を実施
されています。私どもとしては、お客様のお役に立てる機械を提案し、
必要とされる時にご希望の納期で納めていけるよう努めてまいります!
(四国岡山地区担当 吉永智文)

========================================================
              ☆★ 福岡営業所 ★☆
========================================================
2014年私が注目しているのは、消費税の増税です。
大企業などは経済が良い方向に動いていくように言っていますが、
国民的視点から見れば、消費税が上がった時点で消費が落ち込む
ことは明らかです。その時の政治対応で景況は大きく変わってくる
かと思いますが、それが現時点では不十分なのでは、というのが
私の考えるところです。
そんな中でもお客様のお役に立てる機械のご提案ができるよう
頑張っていきますので、本年もどうぞ宜しくお願い致します。
(所長 橋田初)


やはり営業マンの視点からは、消費税増税が大きな目玉と
なっているようですね。
3%の増税はかなり負担となってきますが、その分経済活性化
のための補助金や税制措置も始まります。
ちょうど昨日、アベノミクスの第三の矢である「日本再興戦略」を
実行し、日本経済を再生するための「産業競争力強化法」が施行
されました。
設備投資面でいいますと、生産性向上設備投資促進税制と
中小企業投資促進税制という二つの税制が新設・拡充となります。
詳しくご紹介したいところですが、施行とはなっても具体的な
対象機種等がまだ決定していない段階です。
誠に申し訳ございませんが、詳細決定まで今しばらくお待ちください。
弊社での対象機種が決定し次第ホームページ等でご案内させて
いただきます。

以上、YZニュースでした☆

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 展示会のおしらせ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このひと月の間に弊社が出展する展示会をお知らせします。
詳細はこちらからご確認ください。
https://www.yamasakigiken.co.jp/topics/event/index.html

◆FUJIIKIKAI ジョイントショー
1月25日(土)~26日(日) 西尾市勤労会館 (愛知県)
※パネル出展のため、機械は出品いたしません。ご了承ください。

今回は残念ながら機械の出品はありませんが、パネルでの展示に
加え、動画等でキサゲ仕上げについてもご紹介する予定です。

ご来場を心よりお待ちしております^^



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

2014年は冬季五輪とサッカーW杯という二大スポーツの祭典が
控えていること、皆さんはもうチェック済ですよね?
4月には消費税増税と、何だか気分が暗~くなりがちですが、
スポーツを通してたくさんの喜び、感動のある、明るいニュースの
多い一年になることを願っています^^
スポーツファンにとってはたまらない一年になりそうですね!

それでは今回はここまで。次回もお楽しみに♪
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。


☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
こちらから当メルマガのバックナンバーをご覧いただけます!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-31.html


======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!!』
第21号 2014年1月21日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:https://www.yamasakigiken.co.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/yamasakigiken
Twitter:https://twitter.com/yamasakigiken
営業所:埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡/東北
=======================================================

Posted at:2014.1.21
ページの先頭へ