ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

「カツオと生きる、自然と生きる」 高知新聞(2018.1.1)

高知新聞(2018年1月1日 特集記事)

「カツオと生きる、自然と生きる」

– 共生追求 集う土佐人たち –

 

当社会長の山崎を取り上げていただきました。

 

 

 

 

 


「イクメン推進秘策は?」高知新聞(2019.12.14)

高知新聞(2019年12月14日 夕刊1面)

「アングル2019」 イクメン推進秘策は?

の記事で当社の取り組みが紹介されました。

 

 

記事はこちら

 

 

 

 


「カツオ ラジオで語ろう」高知新聞(2019.12.3)

高知新聞(2019年12月3日 社会面)

「カツオ ラジオで語ろう」 FM高知 明日から新番組

の記事で当社会長も紹介されました。

 

 

PDFはこちら

 

 


「四国特集」 生産性新聞(2019年12月15日号)

生産性新聞(2019年12月15日号)

「四国特集 – 人と自然を愛し、未来を創る -」 (日本生産性本部発行)

の記事で、当社を取り上げていただきました。

 

 

PDFはこちら

 

 


高知東工業高校にドローンプログラミング教材を寄贈しました

12月12日(木)、県立高知東工業高校にドローンプログラミング教材を寄贈いたしました。

橋本校長先生、山﨑教頭先生、担任の亀岡先生立会いのもと、学校を代表して電子機械科3年生の3名にドローンとプログラミング教材をお渡ししました。

生徒さん達には早速、教材の中身とドローンの確認をしてもらいましたが、初めてのドローンやプログラミング教材も抵抗なく使えそうだとの感想をもらいました。

今後の活用方法として、プログラミング教材でPythonプログラムを学習し、ドローンをプログラム飛行をさせたいとのことでした(もちろん遊びにも使います!)。

東工業高校の生徒さん達には、遊びや学習でドローンに触れることで、先端技術を体感してもらいたいと願っています。

 

 

 

 


高知工科大学ロケットサークルのエンジン製作に協力いたしました

今年、高知工科大学ロケットサークルRaSKのロケットエンジン製作プロジェクト

に、当社は高知県工業会会員企業28社と共同で協力いたしました。

 

当社はノズル(燃焼ガスを超音速まで加速)とオリフィス(流量を調節する絞り)

の調達・製造を担当。

 

目標に向かって一所懸命取り組んでいる、学生さん達の応援をすることは、私達

企業側にも良い影響を与えてくれていると感じています。

 

ロケットエンジンの完成と燃焼テストは2020年3月の予定。

 

 

  

 

 

 


高知工業高校にドローンを寄贈しました

11月12日、県立高知工業高校にドローンを寄贈しました。

 

社長より、情報技術科の1年生3名にドローンを寄贈。
生徒さん達は早速ドローンを組み立て、今後の活用方法についてアイデアを

出し合っていました。
まずは当面の目標として、学校内ストリートビューを制作したいとのことです。

 

ドローンを様々な校内活動で活用することで、先進技術を体感してもらいたい

と願っています。

 

 


2019年 クロダイ稚魚放流イベントを行いました

7月15日(海の日)にクロダイの稚魚放流イベントを行いました!

毎年高知中央卸売市場をお借りして約5万尾のクロダイを土佐湾へと放流する

このイベント、皆様のおかげで第13回目を迎えました。

今年は前日まで雨が続き開催が危ぶまれていましたが、なんとか持ちこたえ

無事に開催できました!(^^)!

毎年楽しみにして下さっているリピーターのお客様や弊社ホームページを見て

初めて参加して下さった方など、総勢80組以上の家族連れで大賑わいとなりました!

 

 

 

始めは遠慮がちだった子ども達も、慣れてくると次々に魚をすくい、

シューターへと魚を運んでいました。

この放流イベントを行うにあたって、環境保護の目的だけでなく

子ども達に水産資源の大切さや、

自然への興味を少しでも持ってもらえれば嬉しい限りです!(^^)!

******************************************************************

イベント開催にあたって、多数の企業様がご協力をして下さいました。

ありがとうございました。

 

高知中央卸売市場  

株式会社小島水産

浦戸湾の自然を未来に残す会

桂浜水族館

株式会社ビバックス

株式会社アペックス西日本

株式会社m.e.works

 

 


全国豊かな海づくり大会

全国豊かな海づくり大会


【一問一答】 ヤマサキな人・出したがり!~No.1 営業部(営業業務) 岡林~

カテゴリー: ヤマサキな日常

メルマガ「YZがゆく!!」のコーナー、「ヤマサキな人・出したがり!」でご紹介した社員に、一問一答形式のアンケートに答えてもらいました!ぜひご覧ください♪

Q1. 趣味は何ですか?

ここ20年ほど釣りにはまっています。
沖釣りで、最近ではキハダやイカを釣りました。
山崎技研には釣り好きが多く、社員にも釣り仲間がたくさんいます。
Q2. 最近気になることを教えてください
 歳が歳なので、身体、特に健康のことが気になります。
 運動はあまりしないので、食事に気を使っています。
 野菜ジュースや飲むヨーグルト、緑茶などを積極的に摂るようにしています。
Q3. 自分を動物に例えるとすると何ですか? また、その理由は?
プレーリードックです。
これは、動物占いをやってみて初めて気づいたことですが、
割とせっかちでいつも周りのことが気になってキョロキョロしたり、
何にでもすぐ興味を持つといったところが私によく似ているようです。
Q4. 高知のおすすめスポットを教えてください
普段、お客様の観光案内をする時に一番におすすめしているのが
高知城です。高知城は日本の百名城の中でも五本の指に入るほどの
名城であり、現存する城では珍しく天守閣も当時のまま残っています。
また、その城下で毎週日曜日に行われている日曜市もおすすめです。
そして今回、新たにご紹介したいのが、高知県西部に流れる清流・仁淀川。
最近ではその美しさを表した「仁淀ブルー」という言葉も有名になりました。
神秘的な青さを持つ仁淀川は、実は水質ランキングで日本一を獲得しているんです。
仁淀川を訪れれば、心が癒されること間違いなし!です。
Q5. 岡林さんの仕事のこだわりを教えてください
私の仕事は段取りが命です。
お客様に工場見学や機械の立会検査にお越し頂く際も、事前準備が鍵となります。
現場との仕様確認や当日の流れの確認、食事の予約状況まで、
抜かりがないか各担当者と綿密な打合せを行います。
その中で私が特に気を配っているのが、観光の段取り。
お客様をご案内しながら次の場所のリサーチをして、現地でもたつくことのないように
注意を払っています。これが意外に難しい。
でもお客様に楽しんでいただけると、そんな苦労も吹っ飛びますから(笑)
Q6. メルマガをご覧の方へ、一言メッセージをお願いします!
高知県は美味しい食べ物や豊かな自然があります。
また、日曜市の通りには「ひろめ市場」があります。
ここは屋台村といった雰囲気で、いろんな店の料理を注文して自由広場で味わうことができます。
ぜひ一度、高知においでて下さい。
その際には、弊社工場にもお立ち寄りいただけると幸いです。