株式会社山崎技研

  • 製品情報
  • 製品導入のメリット
  • アフターサービス
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
ホーム > スタッフブログ
プロフィール
竹内 薫
竹内 薫
営業部在籍。ホームページの更新や、営業ツール作りなどを行っています。 お問い合わせフォームからでは問い合わせにくい…という方は是非こちらから気軽に声をかけてください♪
E-mail:k.takeuchi@yamasakigiken.co.jp
今の山崎技研
山崎技研のFacebook
月別記事一覧
  • お問い合わせ
  • 製品情報
  • 社会貢献活動
  • 土佐山田工場紹介
  • 匠(技術者)の紹介
  • スタッフブログ「仕事にロマンを求めて」
Google

山崎技研 スタッフブログ

メルマガ編集部がゆく!~ビッグサイズの海老!?~

本日第29回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」
皆さんご覧いただけましたか?
まだご覧になっていない方はコチラ!⇒ http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2014/09/merumaga-29.html

今回は、その中のコーナーの1つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします。

メルマガ編集部 宇都宮が詳しくレポートしますよ!!

 

 

 

高知県東部にある、奈半利町まで行って来ました!

目的地は、とんかつ屋の「豚福亭(とんぷくてい)」。

 

高知市内から、車で1時間弱。なはり駅のすぐ前にお店が。

 

DSCN0723.jpg

あっ、すみません。久々のメイン登場。黒い方のボボちゃん。

久しぶりすぎて前のめりですね。

お店に全然ピントが合っていません。()

 

 

じゃん!こちらがとんかつ屋「豚福亭」さんでございます。

高知のローカル番組でも紹介された、人気のお店です(^^)

DSCN0724.jpg

 

営業時間は、

昼 11時~14時/ 夜 17時~20時 (定休日 火曜日)

 

私達は開店10分前からスタンバイ。

シャッターが開いたと同時に入店しました。()

 

とんかつ屋さんではありますが、今回の私達のお目当てはエビフライ!

ただのエビフライではありません。超ビックサイズなんです!

 

!!!!?

DSCN0725.jpg

こちらがお目当ての特大エビフライ!

さすがにあまりの大きさに笑ってしまいました。

 

 

DSCN0727.jpg

ボボちゃんの身長約2倍といったところでしょうか。

  

 

割り箸と比較してみました。ほぼ同じ!!()

DSCN0728.jpg 

 

こちらのウルトラ超特大海老定食。1,980円と少々お高め。

レッドタイガーという海老を使用しているそうです。

 

お店の方のオススメは、そのままかぶりつくのが美味しく頂けるとのこと。

大きすぎて無理!という方は、お店の方にリクエストしたら切ってもらえるので

ご安心を^^

 

 

お箸で持つとこんな感じ。重いっ!!

DSCN0729.jpg

お箸も対応しきれていません!()

 

 

こんなに大きいと、衣が分厚いのかなと思ったら、みっちりエビでした!()

DSCN0730.jpg

薄衣で、食べたらすぐエビ!食感もプリプリで、味はあっさりめ。

ソースは、タルタルとトマトを使ったソースの2種類。

ウイスターソースでなく、イタリアン風。シェフのこだわりを感じさせますね~

 

それにしても、あまりのボリュームに途中でギブアップの予感...

女性で完食するには、結構ハードです!()

 

しかーーし!

私、ペロリときれいに完食してしまいました!()

我ながら、自分の胃袋にびっくり。

DSCN0731.jpg

 

皆さんも、ジャンボエビフライ。食してみてはいかがでしょうか♪

 

 

★豚福亭(とんぷくてい)

  高知県安芸郡奈判利町乙4861-1

  TEL 0887-38-3001

 

 

 

Posted at:2014.9.18

《メールマガジン YZがゆく!!》 第28号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

              第28号 2014.08.21
          http://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆


こんにちは!山崎技研の竹内です。

皆様、お盆休みはいかがお過ごしでしたか?
今年の高知の夏は、とにかく雨、雨、雨!
よさこい祭りは無事開催されましたが、お盆もぐずついたお天気が
続き、朝晩は涼しいと感じるほど。
暑~い夏でないと何だか調子が出ないのは、南国・高知の県民性
でしょうか^^;
台風や雨での被害も多い夏となりました。
被害に遭われた皆様の一日も早い回復をお祈りしております。

それでは、メルマガ第28号をお楽しみください♪

*****************************************************
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
*****************************************************


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第5回:フライス盤のハンドリング~

2) ちょこっとひと息
  ~クジラをウォッチング!~

3) 百聞は一見にしかず!
   ~第14回:ティーチング・プレイバック機能①~

4) 展示会のおしらせ

5) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このコーナーでは、工作機械 なかでもフライス盤の「通(つう)」を
目指して、フライス盤の様々な情報をお届けします!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
第5回:フライス盤のハンドリング
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「このフライス盤は使い易い」
皆さんがそんな風に感じる条件って何でしょうか?
ソフトが充実している?
自動運転が容易?
感じ方は人それぞれなので、この答えも様々でしょう。
しかし、使い易さの基準として、「体馴染みの良さ」というのは
欠かせない条件ではないでしょうか?

そこで、今回は使い易いフライス盤の条件として、操作性を司る
「ハンドリング」についてお話したいと思います。

ハンドリング、つまりハンドル送りの機構には、ねじ送りや
ラック送りなどがあります。
一般的なのが、ねじ送り。
汎用機でもマシニングセンタでも同じです。
ボールねじや角ねじといった雄ねじに、雌ねじが組み合わさり、
送りがかかります。
ハンドルの回転がねじに伝わることによって、送りがかかる仕組みです。
では、汎用機とNC機との違いは何であるかというと、
ハンドルの回転をねじに伝える機構にあります。

汎用機の場合は、いわゆる"メカ式"。
前回ご紹介したラックのように、ハンドル側からの
入力をねじに伝え、送りをかけます。
加工の感覚がダイレクトに手に伝わり、その分、ハンドルを回すのに
少し力が必要となります。

一方、NC機の場合は、パルス(信号)式。
ハンドル自体に手感覚はなく、ハンドル一回転あたりの決められた
送り速度が電気信号により各軸のサーボモーターに伝えられ、
その指令通りにボールねじが回転し、送りがかかります。
電気信号での制御のため、スイッチ一つでハンドルを有効・無効
とすることもできます。

それぞれ特徴があるため、加工内容や数量などのターゲットとなる
加工によって、ハンドルのタイプも違ってくるのです。

このように、ハンドル1つで使い勝手は大きく変わります。
弊社フライス盤のターゲットである単品、多品種少量加工の場合、
使い勝手が良いのは汎用機のようなメカ式のタイプでしょう。
しかし、メカ式のタイプではできることに限りがあります。
そこで、弊社YZシリーズには、ハンドリングに次のような
特長を持たせています。

1つ目が、ハンドル回転時のスムーズな感触。
通常、回転時に感じる「引っ掛かり」を除き、手元の感度を
5倍高くしています。
この工夫によって、パルスで動いているはずのテーブルなどが、
あたかもハンドルを回すことにより自分の手で動かしているような
リアル感が生まれたのです。
そのフィーリングは、まるで汎用機のようです。

2つ目が、ハンドルの配置。
サドルに取り付けることで、ワークとの位置関係が変わらず、
常に同じ感覚で加工することができます。
また加工の振動が感じられるようにと、ハンドルBOXの厚さ
にまでこだわっています。

3つ目が、各軸のハンドルを独立させていること。
マシニングセンタなどでは、1つのハンドルで操作したい軸を
選択するため、段取り時などの汎用操作がしづらいことがあります。
汎用機のように各軸独立したハンドルがあれば、直感的な操作
を行うことができます。

フライス盤は、「プログラムを組んでスタートボタンを押す」
だけの機械ではありません。
加工を始めるための段取りには、汎用操作は欠かせません。
そういった意味で、体馴染みの良いハンドリングというのは、
使い易さをはかる上で欠かせない条件でしょう。

今回は、ハンドリングのお話でした。
次回もお楽しみに!

★弊社フライス盤・YZシリーズに共通した特長はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/tsubo-matome.html
★フライス盤の基礎知識はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/arekore-matome.html
★製品ラインナップはこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

お盆休み、皆さんはどのようにお過ごしになられたでしょうか?
高知県は連日天気が悪く、スッキリしない連休となってしまいました。
残念... 9月の連休は晴れますように!!

さて、今回は連休におすすめの「ホエールウォッチング」
をご紹介します(^^)

高知県の土佐湾は、高確率でクジラと遭遇できる
日本屈指のホエールウォッチングエリア!
県内5市町からホエールウォッチング船が出航しています。
人生で一度は生でクジラを見てみたいですよね!
航海中は、クジラ以外に、イルカにも出会えるかもしれないそうです♪

実は、私もホエールウォッチングは未体験。
いつか行ってみたいな~と計画中です!
大海原を泳ぐ姿は感動物ですよね。パワーをもらえそう!

皆さんも日頃の疲れやストレスを癒しに、
クジラに会いに行ってみてはいかがでしょうか?

ホエールウォッチングの情報はこちらから!!
http://www.attaka.or.jp/kanko/dtl.php?ID=1814

今回は取材に行けませんでした(><;
すみません... 次回は「あるジャンボな物」をご紹介!
お楽しみに~ 

では、また次回(^^)



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 百聞は一見にしかず!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
古くからのことわざにもあるように、百聞は一見にしかず!
ここでは当社フライス盤の動画の紹介を通して、カタログや
HPだけでは分からない"リアルな魅力"をお伝えします。

古くからのことわざにもあるように、百聞は一見にしかず!
ここでは当社フライス盤の動画の紹介を通して、カタログや
HPだけでは分からない"リアルな魅力"をお伝えします。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 第14回:ティーチング・プレイバック機能①
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

これまで加工ガイダンス機能をご紹介してきましたが、
今回から、「ティーチング・プレイバック機能」について
ご紹介していきたいと思います。

まず、機能のご説明から。
「ティーチング機能」とは、送りハンドル、レバーでの動作や、
選択した加工ガイダンスメニューの動作を機械に教示する機能です。
この機能を用いることで、加工ガイダンスメニューに無いような、
単純な動作の連続加工や、ハンドルで任意に動かした複雑な動きを
教示させることができ、それらを1つのプログラムのように連続して
実行することができます。
このティーチング機能によって記憶した動作を再生するのが
「プレイバック機能」です。
これらの機能は、ポケット加工や輪郭加工にも対応しているので、
加工数量が多数個になる場合などに使用すると便利です。

それでは、操作の説明に移ります。
ティーチングに使用するのは、操作盤上の「ティーチングキー」です。
ティーチングキーは「早送り」「切削送り」「一時停止」「加工ガイダンス」
の4種類あり、教示したい動きを実行させた後に該当するキーを
押すことで、教示されます。

例えば、送りレバーでX軸マイナス方向へ切削送りを教示したい
場合は、次のような操作を行います。
①送り速度設定ロータリースイッチで送り速度を決定し、
X軸レバーをマイナス方向に倒し、送りをかける。
②教示したい場所まで移動したところで送りを止める。
③「切削送り」ボタンを押す。
この動作は、送りレバーではなくハンドル送りで行った場合も
同様に教示することができます。
また、早送りでの移動を教示したい場合は、③で「早送り」を
押します。
加工ガイダンス機能を教示する場合も同様で、ガイダンスメニューで
入力した動作を実行した後、「加工ガイダンス」キーを押すことで、
一連の動作を教示することができます。
このように、教示したい内容を実行してから、指令したい内容の
キーを押すことによって、教示していくことができるのです。

更に、今回動画をご紹介する3軸機では、主軸の回転や停止、
エアーブローや切削液のON・OFFなど、補助機能も教示する
ことができます。
これらの機能の教示は、ボタンを押した瞬間に教示されます。

教示した内容の実行には、プレイバック機能を使います。
加工ガイダンス機能の「プレイバック」メニューを選択します。
実行の前に、教示した内容をグラフィックで確認することができます。
(2次元のグラフィック)
確認ができたら、「入力終了」を押し、加工準備完了です。
ガイダンスレバーもしくはガイダンスハンドルを使って、
教示した動きを実行します。

それでは、加工例の動画をご覧ください。
↓↓

------------------------------------------------------------
今回は、ティーチング・プレイバック機能の教示方法について
ご紹介しました。いかがでしたか?
次回は、ティーチング・プレイバック機能を使った
実際の加工をご紹介します。
お楽しみに!

★過去の動画はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/movie-matome.html


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 展示会のおしらせ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このひと月の間に弊社が出展する展示会をお知らせします。
詳細はこちらからご確認ください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/topics/event/index.html

◆2014 香川どてらい市
9月6日(土)~8日(月) サンメッセ香川(高松市)
出品機:YZ-8WR

◆2014 福山どてらい市
9月6日(土)~8日(月) 福山産業交流館 ビッグローズ(福山市)
出品機:YZB-88NCR、YZ-8WR

皆様のご来場を心よりお待ちしております!



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

夏の風物詩といえば、やっぱり花火!
今年は大雨の影響で、8月上旬に予定されていた花火大会が
ことごとく延期に...(;_;)
でもその分、この夏を見逃した方でも、秋まで花火を
楽しめそうです♪
高知の花火大会情報は、こちらからご確認ください!
http://hanabi.walkerplus.com/list/ar0939/
個人的には、四万十市で8月30日に開催される
「しまんと納涼花火大会」がオススメ!
http://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0939e00706/
四万十川の河川敷で約9000発の花火が豪快に打ち上げられる
この花火大会を、夏休み最後に見に行ってはいかがでしょうか?

それでは今回はここまで。次回もお楽しみに♪
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。


☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
こちらから当メルマガのバックナンバーをご覧いただけます!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-31.html


======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!!』
第28号 2014年8月21日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:http://www.yamasakigiken.co.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/yamasakigiken
Twitter:https://twitter.com/yamasakigiken
営業所:埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡/東北
=======================================================

Posted at:2014.8.20

2014年 稚魚放流イベント無事終了!

こんにちは!総務部の宇都宮です。

7月21日 海の日に行われた、稚魚放流イベントの様子をご紹介します!

IMG_8277.jpg

今年で、このイベントも8回目。

毎年たくさんの方が参加をして下さっていますが、今回は過去最多人数でした!

しかも!参加申込受付け開始、約8時間で定員いっぱいに!!

嬉しい限りです(^^) 本当にありがとうございます。

 

そして、残念ながら定員いっぱいでお断りをしてしまった皆さんには

申し訳ない気持ちでいっぱいです・・・また来年お待ちしております!!!

 

★放流活動のきっかけ★

 

*********************************************************************************************

 

イベント開催、約1時間前。

DSCN0643.jpg

 

放流する、クロダイ(チヌ)の稚魚が水槽車にて到着!みんなでバケツリレーでプールへ。

DSCN0638.jpg DSCN0641.jpg

 

魚達も、今か今かと子供たちが来るのを待ってます♪

IMG_1057.jpg

 

スタッフ、オフショット。

今回は、みんなで派手なスタッフビブスを着用。これで、スッタフが一目瞭然!(笑)

DSCN0644.jpg

 

こちらは発砲スチロールでできたクロダイ。放流イメージキャラクターです。()

IMG_2673.jpg

弊社のグループ会社株式会社m.e.worksさんが作成して下さいました♪

 

 

イベント開催時間に近づくにつれて、ぞくぞくと皆さんが集まって来ました!

今回は、過去最多300名以上の方が参加をして下さいました。

ありがとうございます(^^)

IMG_1752.jpg

 

開会式の様子。水産事業部 常務の池田よりご挨拶です。

IMG_1758.jpg

 

 

開会式の後は、放流スタート!

みんな必死で魚を追いかけています!(笑)

IMG_1820.jpg

 

 

年齢別に分かれたプールに入って、網でバケツに魚をすくいます。

6歳以上の子供たちのプールでは、どうやったら上手に魚がすくえるかを

熟知しているのか、早い段階でプールから魚がいなくなっていました。(笑)

IMG_1785.jpg IMG_1791.jpg

IMG_1828.jpg

プールですくった魚を、シューターに移して放流します。

 

大きくなってね~

 

 

放流の後は、毎年恒例のお楽しみ抽選会!10名の方に鯛が当たります!!

海援鯛といって、弊社の鯛の稚魚から育ったマダイです。

脂が乗っていて、とっても美味しいんです♪

IMG_1870.jpg

何が当たるかな~

 

 

鯛が当たった方は、記念撮影!

もちろん、鯛が当たらなくてもハズレ無し!お菓子が貰えます(^^)

IMG_1875.jpg IMG_1873.jpg

 

今年も暑い中でしたが、子供たちは本当に元気!

楽しそうに魚と触れ合う姿を見て、私達も癒されました(*^^*)

 

今後も、自然や生き物と触れ合える場として、親子一緒に楽しめるイベントして継続していきたいと思います。

 

 

そして、今回このイベント開催にあたって、多くの方にご協力いただきました。

高知中央卸売市場様小島水産㈲様㈱m.e.works様、浦戸湾の自然を未来に残す会様、

㈱ビバックス様㈱アペックス西日本様、本当にありがとうございました。

DSCN0657.jpg

 

また来年お待ちしております!

 

 

 

Posted at:2014.7.28

《メールマガジン YZがゆく!!》 第27号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

              第27号 2014.07.23
          http://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆


こんにちは!山崎技研の竹内です。

長かった梅雨も明け、いよいよ夏本番!
そんな中、7月21日の海の日に毎年恒例の「稚魚放流イベント」
を開催しました。
生きているお魚に触れるのが初めてのお子さんもいて、
イベントは大盛り上がり!
暑い中ご参加いただきありがとうございました^^

それでは、メルマガ27号をお楽しみください♪


*****************************************************
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
*****************************************************


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第4回:フライス盤の駆動方法・ラック&ピニオン式~

2) ちょこっとひと息
  ~ぼうしパン作りに挑戦!~

3) 百聞は一見にしかず!
   ~第13回:加工ガイダンス機能 工具交換編~

4) 展示会のおしらせ

5) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このコーナーでは、工作機械 なかでもフライス盤の「通(つう)」を
目指して、フライス盤の様々な情報をお届けします!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
第4回:フライス盤の駆動方法・ラック&ピニオン式
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

フライス盤の動きを見て、それぞれ何百キロもあるパーツが
スムーズに動くのはなぜだろう?と不思議に思うことは
ないでしょうか?

駆動源はモーターであったり人力であったりと様々ですが、
それがどのように伝わり機械が稼働するか、皆さんご存知ですか?

今回は、YZシリーズの2軸制御機のZ軸に使われている
「ラック&ピニオン式」について解説します。

まず、ラックとピニオンとは何でしょうか?
ラックは、歯車をまっすぐに伸ばした形状の歯車の一種です。
ピニオンは、ラックにかみ合う小歯車です。
回転しているピニオンがラックにかみ合うことで、
ピニオンの回転運動を直線運動に変換することができる
というのが、ラック&ピニオンのしくみです。

この機構が使われているものとしてよく知られているのが自動車。
ハンドルの回転運動を、タイヤの方向を決めるバーの直線運動に
変えるというものです。

このラックに対して、比較されることが多いのが「角(台形)ネジ」。
汎用機でよく使われていましたよね。
ラックにかみ合うのがピニオンギアであるのに対し、角ネジでは
ナット(メネジ)がかみ合います。そのため、角ネジのピッチに
応じたハンドル送り速度となります。
一方、ラック&ピニオンの場合は、ハンドル送り速度はラック側
のピッチ、ピニオンギアの歯数で決まります。
そのため、送り速度を高めて軽快な運転をしたいという場合には、
ラック&ピニオンが適しています。

ラック&ピニオンと角ネジ、1台でこの両方を採用しているもの
があります。汎用旋盤です。
早く動かしたい往復台の送りにラック&ピニオン、微送りが
必要な刃物台の送りに角ネジが採用されています。

それでは、YZシリーズの2軸制御機(Rシリーズ)では
どのように使われているかご説明しましょう。

主軸頭についているZ軸のメカ手動ハンドルに取り付いている
シャフトの逆側に、ピニオンギアが付いています。
ハンドルを回すとピニオンギアも回ります。
このピニオンギアは主軸頭の摺動面側に出ており、
コラムの2本の摺動面の間に内側向きに取り付いているラックと
かみ合うようになっています。
このような構造から、ハンドルを回すことで、軽快に主軸頭を
上下に動かすことができるのです。

ちなみに、いくらギアがかみ合う構造といっても、
何百キロもの重量のある主軸頭を人力で動かすというのは
無理なこと。
それが可能なのは、主軸頭と同重量のバランス(おもり)が
コラム内にあり、カウンターバランスしているからなんです。

NC制御のフライス盤は、パルスハンドルの動きをサーボモーター
で指令するため、モーターの力で各部分を動かしています。
Rシリーズでいうと、X軸とY軸がこの制御です。
それに対して、カウンターバランスの補助を使って人力で
ハンドルを回すラック&ピニオン式では、Z軸方向の切込み
の感覚がダイレクトに手に伝わるというメリットがあります。
ボール盤を使っているような感覚です。

今回は、ラック&ピニオン方式のお話でした。
次回もお楽しみに!

★弊社フライス盤・YZシリーズに共通した特長はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/tsubo-matome.html
★フライス盤の基礎知識はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/arekore-matome.html
★製品ラインナップはこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

今回も、いの町にある、
自然公園「グリーンパークほどの」へ行ってきました!
前回の予告通り、高知のご当地パン「ぼうしパン」作り
挑戦してきました~(^O^)

ぼうしパンが誕生したのは、昭和30年頃!
高知県のパンメーカー「永野旭堂本店」さんが、
製造・販売を始めて人気になったパンです。
丸いパンに、ビスケット生地をかけて焼くメロンパンにヒントを得て、
パンにカステラ生地をかけて焼いたら、カステラ生地が丸いパンのまわりに広がって
帽子のつばのようになったことから、「ぼうしパン」という名前が付いたそうです!

私も小さい頃からぼうしパンは大好きで、
当たり前に食べていたので、ご当地パンと知った時は衝撃でした!(笑)

今回は、お鍋で作るぼうしパン。
奮闘の模様は、ブログにてご覧下さい★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2014/07/post-63.html

では、また次回(^^)



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 百聞は一見にしかず!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
古くからのことわざにもあるように、百聞は一見にしかず!
ここでは当社フライス盤の動画の紹介を通して、カタログや
HPだけでは分からない"リアルな魅力"をお伝えします。

古くからのことわざにもあるように、百聞は一見にしかず!
ここでは当社フライス盤の動画の紹介を通して、カタログや
HPだけでは分からない"リアルな魅力"をお伝えします。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 第13回:加工ガイダンス機能 工具交換編
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

数字入力のみで簡単に加工が行える加工ガイダンス機能。
今回は、3軸ATC付き機種のみについている工具交換機能を
ご紹介します。

NCプログラムの中での工具交換は簡単ですが、ATCを使って
手動操作で工具を交換するとなると、一般的なNCフライス盤では
下記のようなプログラムを組み、MDI運転モードでこれを実行
しなければなりません。
  G91 G30 G0 Z0;
  T1 M6;
この操作を面倒に感じている方、けっこういらっしゃるのでは?

そんな方にオススメなのが、加工ガイダンス機能の「工具交換機能」。
今回は、その手順を動画でご紹介しましょう。

ガイダンスメニューから「工具」を選択します。
すると画面には、ATCのマガジンの図が表示されます。
その図の中には、ツール毎に2つの番号が表示されています。
マガジンのポット番号と、ツール番号です。
画面右下に呼び出したいツールもしくはポット番号を入力する欄が
ありますので、そこへいずれかの番号を入力し、「入力終了」を押します。
あとは手元のガイダンスレバーを倒して実行するだけ。

ちなみに、この工具交換機能では、工具の交換を行うだけでなく
工具を交換した後、工具交換前の位置へ戻るところまで
自動的に行います。
行う操作をNCプログラムと比較してみましょう。
①Z軸工具交換位置まで移動する
 G91 G30 G0 Z0;
②テーブル(ワーク)を逃がす
 G30 X0 Y0;
③工具を交換する
 T1 M6;
④工具交換前の位置に戻る
 G90 G54 X~ Y~;
この①~④の動作を、ポットもしくはツール番号の入力だけで
自動的に行うことができるのです。

それでは、動画にて動きをご確認ください。
↓↓

どうでしたか?簡単ですよね?
YZシリーズは基本オープンタイプですから、交換時間は他社の
マシニングセンタに比べて遅く感じると思いますが、その分だけ
入力時間を短縮しているわけです。

こうした操作の簡単さに加え、ガイダンス表示画面上の図も
ポイントの一つです。
ATCを見たままの図が表示されているので、取り出したい
工具のツール番号が分からなくても、外から見て何番の
ポットに入っているかさえ分かれば交換できるのです。

------------------------------------------------------------
今回は、ガイダンス機能の「工具交換」メニューをご紹介しました。
いかがでしたか?
加工以外でも操作が分かりやすく簡単であることがお分かり
いただけたと思います。

次回もお楽しみに!

★過去の動画はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/movie-matome.html


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 展示会のおしらせ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このひと月の間に弊社が出展する展示会をお知らせします。
詳細はこちらからご確認ください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/topics/event/index.html

◆第38回 北海道どてらい市
7月26日(土)~27日(日) アクセスサッポロ(札幌市)
出品機:YZ-8WR

皆様のご来場を心よりお待ちしております!



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

今年で8回目となった稚魚放流イベントですが、実は稚魚の無償放流
は昭和54年から地道に行ってきた息の長い活動です。
高度経済成長期の環境汚染により魚が激減したことを聞きつけた
創業者の、「もう一度豊かな生命あふれる海を取り戻したい」
という思いのもと立ち上げた養魚事業。
そういった自然環境保護の意識が、これからを担う子どもたちに
広がるきっかけになればとイベント化し、今では毎年100名もの
子どもたちが自然や生き物とふれあい、命の大切さを学んでいます。
今年も多数のお申し込みをいただきありがとうございました!
また来年、お会いできることを楽しみにしています^^

それでは今回はここまで。次回もお楽しみに♪
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。


☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
こちらから当メルマガのバックナンバーをご覧いただけます!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-31.html


======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!!』
第27号 2014年7月23日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:http://www.yamasakigiken.co.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/yamasakigiken
Twitter:https://twitter.com/yamasakigiken
営業所:埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡/東北
=======================================================

Posted at:2014.7.23

メルマガ編集部がゆく!~ぼうしパン作り~

本日第27回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」
皆さんご覧いただけましたか?
まだご覧になっていない方はコチラ!⇒  メールマガジン YZがゆく!!第27号
今回は、その中のコーナーの1つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします。
メルマガ編集部 宇都宮が詳しくレポートしますよ!!


今回も、再びほどのへ行って参りました!
手作りぼうしパンに挑戦です!!

 ★前回のほどのでの様子はこちら→メルマガ編集部がゆく!~バウムクーヘン作り~

 
いの町にある、自然公園「グリーンパークほどの」を目指して
高知市内から車で走ること約1時間半。(下道)
2回目ですが、やっぱり遠い!(笑)

入口はこんな感じ。

写真 2014-05-31 12 12 49.jpg

道中の山道では、豊かな自然を満喫できます♪

バームクーヘン 003.jpg

 「グリーンパークほどの」は、家族や友達同士でも楽しめる、自然のレジャーランド。

西滝や東滝など美しい自然景観や、アスレチックもあり、

敷地内にはキャンプ場やバンガローも完備されています!

 

 

集合場所の学習館に到着!こちらで受付です。

ちなみに、前回のバウムクーヘン作りから、約1ヶ月しか経っていませんでした。()

ぼうしパン 142.jpg

ところで皆さん、ぼうしパンを知っていますか!?

高知では、パン屋さんやスーパーでほぼ必ず販売されている、ご当地パン。

あまりにも当たり前のように昔から食べていたので、

ぼうしパンが高知のご当地パンなんて、ここ何年かで知ったくらいです!()

 

ぼうしパンが誕生したのは、昭和30年頃。

高知県のパンメーカー「永野旭堂本店」さんが、製造・販売を始めて人気になったパンです。

丸いパンに、ビスケット生地をかけて焼くメロンパンにヒントを得て、

パンにカステラ生地をかけて焼いたら、カステラ生地が丸いパンのまわりに広がって

帽子のつばのようになったことから、「ぼうしパン」という名前が付いたそうです!

 

 

では、早速調理スタート!今回の材料達です(^^)

ぼうしパン 005.jpg

 

余談ですが、皆さんボボちゃんの変化にお気づきでしょうか?

今だに、サッカーW杯仕様です!()

今回は、日本代表もどきのユニフォーム着用でお送り致します!

 

 

まずは、パンの生地から!順番に材料を量ります。

強力粉、グラニュー糖

ぼうしパン 007.jpg ぼうしパン 008.jpg                                

イースト

ぼうしパン 009.jpg ぼうしパン 010.jpg

 

お塩、牛乳

ぼうしパン 012.jpg ぼうしパン 014.jpg

 

 

材料を混ぜていきます。

ぼうしパン 017.jpg ぼうしパン 019.jpg

 

途中でバターを投入!

ぼうしパン 020.jpg ぼうしパン 021.jpg

 

生地がまとまるまで、ひたすら手でこねます!

ぼうしパン 022.jpg

 

だいぶまとまってきました!

ぼうしパン 023.jpg

 

 

この作業、地味に意外と疲れるんです!

お疲れモードの柿本さんを、ボボちゃんも応援!

ぼうしパン 032.jpg

 

 

出来上がった生地を丸めます。

ぼうしパン 036.jpg ぼうしパン 033.jpg

 

ジャン!できました~!!!

ぼうしパン 037.jpg

 

 

ラップをして、お湯を張った発泡スチロールに入れて生地を発酵させます。

ぼうしパン 038.jpg ぼうしパン 043.jpg

 

生地を発酵させている間、ぼうしパンの「みみ」の部分の生地作りです。

帽子で言うと、つばの部分ですね。

 

バターは湯せんにかけ、材料を量ります。薄力粉、黒砂糖。

ぼうしパン 040.jpg ぼうしパン 045.jpg

 

 

 溶けたバターに、薄力粉と砂糖、卵を入れて混ぜ合わせます!

卵はもちろん、土佐ジローの卵です♪

 ぼうしパン 048.jpg ぼうしパン 047.jpg

 

私もお手伝いです!なぜか爆笑してますね。何があったんでしょう。()

出来上がった生地は、冷蔵庫へ!

ぼうしパン 055.jpg ぼうしパン 059.jpg

 

   

生地の発酵を待っている間、火を起こします!

前回のバウムクーヘン作りで経験済みだったので、手馴れたもんです!()

ぼうしパン 065.jpg ぼうしパン 067.jpg

 

ぼうしパン 068.jpg ぼうしパン 069.jpg

 

 

右の写真。うちわで扇いでいるんですが、

勢いがよすぎて、カメラが追いついていません!()

ぼうしパン 072.jpg ぼうしパン 078.jpg

 

 

火の準備が整ったところで、発酵した生地とご対面!

の、前に、パンを入れるお鍋にキッチンペーパーを敷きます。

ぼうしパン 085.jpg

 

やっと、ご対面です♪() 発酵成功!

ぼうしパン 086.jpg

 

 

左:ビフォー                       右:アフター

コピー ~ ぼうしパン 037.jpg ぼうしパン 087.jpg

 

生地をグーパンチして、空気を抜きます。

ぼうしパン 088.jpg

 

 

6等分にします。

ぼうしパン 092.jpg  ぼうしパン 095.jpg

 

 スタッフの方にレクチャーしてもらって、生地を丸めていきます。

これが意外と難しいんです(><)

ぼうしパン 096.jpg  ぼうしパン 101.jpg

 

お鍋に並べます。

ぼうしパン 102.jpg

 

 またまた、お湯を張った発泡スチロールに入れて、発酵させます!

ぼうしパン 106.jpg ぼうしパン 104.jpg

 

 

その間、使った道具を洗ったりと、しばし休憩です。

 

 

 

発酵完了しました!若干、膨らんでいますね!()

ぼうしパン 107.jpg

 

 

ここからは、ラストスパートです!

皆さん、覚えているでしょうか!?

冷蔵庫で寝かせていた、「みみ」の部分の生地がやっと登場です。

丸めた生地にかけていきます。

ぼうしパン 105.jpg ぼうしパン 108.jpg

ぼうしパン 111.jpg ぼうしパン 110.jpg

 

後は焼くだけです!!

ぼうしパン 112.jpg

 

 

少しだけ、炭を除けておきます。

ぼうしパン 116.jpg

 

この状態で少し焼いた後、

ぼうしパン 120.jpg

 

 

除けておいた炭を、蓋の上に置きます。

上からの熱で、上面にも焼き色をつけます!

ぼうしパン 122.jpg

 

 

はい、いかがでしょう!!この手作り感満載のぼうしパン!!

ぼうしパン 126.jpg

 

 

とっても良い匂い(*^^*) 写真でお伝えできないのが残念です!

ぼうしパン 130.jpg

 

 

実食!!

ぼうしパン 133.jpg ぼうしパン 138.jpg

 

私、個人的には、ぼうしパンはみみの部分が好きなんですが、

今回は、初めてパンの部分が美味しいと思いました!()

できたてはホクホクでとっても美味しかったです♪

残りは、お持ち帰りして、翌日の朝食で頂きました(^^)

 

 

ぼうしパン 134.jpg

 

 

こちらのほどので、ぼうしパン作り体験ができるのは、

71日~930日までの期間のみ!

ぜひ、皆さんも高知のご当地パン。手作りぼうしパン。

体験してみて下さい(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted at:2014.7.23

《メールマガジン YZがゆく!!》 第26号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

              第26号 2014.06.24
          http://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆


こんにちは!山崎技研の竹内です。

6月は毎年梅雨のジメジメで気分がブルーになりがちですが、
今年同じブルーでも、「サムライブルー」に熱狂の6月になっています!
ブラジルで開催中のサッカーW杯、1・2戦目は惜しくも勝利を
挙げることができませんでしたが、まだラウンド16進出の可能性は
残っています!
明日早朝に行われるコロンビア戦で勝利して、もうしばらく
「サムライブルー」熱が続くことを期待しています^^
皆さん明日6/25朝はいつもより早起きして、テレビの前に
待機しましょう~♪

それでは、メルマガ第26号をお楽しみください!


*****************************************************
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
*****************************************************


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第3回:見た目の美しさを際立たせる"塗装"~

2) ちょこっとひと息
  ~手作りバウムクーヘン体験~

3) 百聞は一見にしかず!
   ~第12回:加工ガイダンス機能(輪郭プログラム編3)~

4) 展示会のおしらせ

5) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このコーナーでは、工作機械 なかでもフライス盤の「通(つう)」を
目指して、フライス盤の様々な情報をお届けします!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
第3回:見た目の美しさを際立たせる"塗装"
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

弊社YZシリーズのようにカバーレスであるものほど、鋳物は
構造材としてだけではなく見た目の美しさを演出するものとしての
役割も果たします。
カバーで覆われたマシニングセンタの角ばったイメージと違って、
ベッドやコラムなどの絶妙丸みのあるフォルムは、いわゆる機能性とは
別に、美しさを演出しています。
その鋳物の美しさを際立たせるのが、人間でいう"お化粧"の役割を
する塗装です。

ひと口で塗装と言っても、その種類は様々です。
工作機械用の塗装としては、①液性塗料の自然乾燥、②紛体塗料での
焼き付けが多く用いられています。

まず、カバー類などの薄い鉄板に用いられるのは「粉体塗装」。
粉末状の塗料を直接金属に吹き付け静電気でくっつけ、窯で
焼き付けを行うというものです。
焼き付けにより塗料を硬化させるため、短時間で塗装することが
できます。

では、ベッドやコラムなどの鋳物にも紛体塗装が行われているの
でしょうか?
鋳物は、鉄板と違い肉厚であるため、焼き付け塗装では熱が入り
切らないという問題と、焼入れしてしまうと精度に影響してしまうなどの
問題から、粉体塗装を行うことはできません。
では、どのような塗装が施されているのでしょうか?
弊社YZシリーズの塗装を例にご紹介させていただきます。

鋳物の塗装に用いられているのは、車両の塗装にも用いられて
いる2液性塗料の自然乾燥という方法です。
工程を簡単にご説明しましょう。
まず、サンダーでバリ取りを行い、面相を整えます。
次に、ポリパテをつけていきます。
パテって何?という方のために補足しますと、下地のくぼみや割れ
などを埋めて塗装系の平らさを向上させるために使用する肉盛り用
の造型材料のことです。ペースト状のもので自由に形を変えることができ、
時間が経つと硬化し、その上に塗装することができます。
ピンホールや窪みのある部分もパテで埋めることで、均一な面に
することができます。
凹凸の多い鋳肌に均一な塗装を施すためのもので、
女性のお化粧で言うと、コンシーラーのようなものです。
「ポリパテ」というのはポリエステルパテの略称です。

パテをつけたら表面を磨き、その上にサーフェイサーを塗ります。
これは下地の役割を果たします。
次に、目の細いサンドペーパーをあて、パテの塗り漏れがないか
をよく確認し、いよいよ仕上げ塗装に移ります。

仕上げ塗装には、2液性のアクリルウレタン塗料を使っています。
「2液性」というのは、主剤に硬化剤を入れることで固まる
塗料のことを指します。
硬化剤無しの錆止め入りの「1液性」塗料もあります。
2液性を仕上げ塗装に使う理由は、硬化剤を入れることにより
ツヤや光沢を出すことができるからです。
硬化剤の割合が高いほどよりツヤが出ます。
自動車の塗装が主剤:硬化剤=10:1とすると、
弊社の機械の仕上げ塗装は4:1のものを使っています。
また、耐切削液性が高いのが2液性で、1液性は切削液に負け
やすいという特徴もあります。
2液性の塗料をガンで吹き付け、自然乾燥で一晩おきます。
これで塗装完了です。

粉体塗装に比べ、手間暇のかかる塗装ですが、その分
仕上がりが美しいため、作業者が最接近する主軸頭の塗装には
特に気を使って塗装をしています。近くで見られても恥ずかしく
ないお化粧をしているわけですね。
この塗装方法は新幹線にも用いられており、流線形のつやのある
仕上がりを得ることができるのが分かりますね。

「見た目の美しさ」というのは作業効率には全く関係のない
もののようですが、誰でも美しいものを見ると気分が良いもの。
見た目の美しさにもこだわることで、機械本来の機能以外の効果
も得られるのかもしれませんね。

今回は、「塗装」のお話でした。
次回もお楽しみに!

★弊社フライス盤・YZシリーズに共通した特長はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/tsubo-matome.html
★フライス盤の基礎知識はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/arekore-matome.html
★製品ラインナップはこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

今回は、いの町にある、
自然公園「グリーンパークほどの」へ行ってきました!
高知の名物、土佐ジローの卵を使った、バウムクーヘン作り
体験してきました!!

「グリーンパークほどの」は、家族や友達同士でも楽しめる、
自然のレジャーランド。
西滝や東滝など美しい自然景観や、アスレチックもあり、
敷地内にはキャンプ場やバンガローも完備されています!

バウムクーヘンが出来上がるまでの様子は、
ブログにてご覧下さい★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2014/06/post-62.html

では、また次回(^^)



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 百聞は一見にしかず!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
古くからのことわざにもあるように、百聞は一見にしかず!
ここでは当社フライス盤の動画の紹介を通して、カタログや
HPだけでは分からない"リアルな魅力"をお伝えします。

古くからのことわざにもあるように、百聞は一見にしかず!
ここでは当社フライス盤の動画の紹介を通して、カタログや
HPだけでは分からない"リアルな魅力"をお伝えします。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 第12回: 加工ガイダンス機能 特別仕様:輪郭プログラム編3>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

数字入力のみで簡単に加工が行える加工ガイダンス機能。
前回から引き続き、特別仕様で追加可能な「輪郭加工」のうち、
円弧と直線の組み合わせの一筆書きの形状の加工ができる
「輪郭プログラム」での加工をご紹介します。

前回は、円と直線でできた交点の分からない形状を、「前接」を
使うことで簡単に輪郭プログラムできることをご紹介しました。

今回は、さらにレベルアップして補助計算にて交点座標を求める
加工を、動画でご紹介したいと思います。

まずは、動画をご覧ください。
↓↓

入力などの基本の操作については省略します。
(第10回参照→http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2014/04/merumaga-24.html#ikken

今回加工したいのは、円弧と正三角形を重ね合わせた形状です。
交点座標が分からないため、NCプログラムで加工しようと
すると、あらかじめ交点を全て求めなければならない
厄介な加工といえます。
そんなものでも、加工ガイダンス機能の「輪郭プログラム」を使うと、
あらかじめ交点座標を求めておく必要はなく、Gコードを使わず
座標値を機械側が自動的に計算し、簡易的にプログラムを
組んでいくことができるのです。

図面上の情報が少ない中でもそれを可能にする機能として、
今回新たに「補助計算」機能をご紹介します。

補助計算機能で求めることができるのは、終点、中心点、円です。
求めるものによって計算方法の選択が可能で、今回、円弧部分の
終点を求めるのに使用したのは「直線と円の交点の計算」です。
入力項目としては、直線が通る1点の座標と角度、シフト量、
円弧の中心座標と半径です。
直線のシフト量について説明します。直線上の点の座標が分かって
いる場合は良いですが、全く分からない場合に、その直線と平行
な直線の通る1点の座標+シフト量(平行な直線同士の移動量)で
代わりになるのです。
※直線上の1点の座標が分かっている場合はシフト量の入力は
必要ありません。
直線のシフト方向や円弧と直線の交点の2点のうちどちらかの
選択もそれぞれの入力画面の中で行います。
円弧までの入力が終わると、入力内容から自動的に計算された
交点座標が表示されたメニュー画面が表示されます。
今回の加工例でいうと、右回り円弧の入力時に終点座標が必要
となり補助計算を使ったわけですが、補助計算の結果がそのまま
自動的に右回り円弧の入力項目上に表示されるので、求めた
座標の入力を間違うこともありません。

今回の加工形状も、前回の「前接」同様、一旦確定しない形状を
仮に描画しその後の入力内容によって形状を確定していくもの
のため、おかしなところに円弧や直線が描かれて不安になっても、
我慢してその後の入力を進めてください。

また、補助計算機能は、計算方法の選択肢も多く、色んな使い方が
できます。
例えば、座標点の計算のために補助計算を使って座標値を求め、
それを他のガイダンスメニューに利用することもできます。

------------------------------------------------------------
今回も、ガイダンス機能の特別仕様 輪郭加工メニュー「輪郭プログラム」
での加工をご紹介しました。
「補助計算」を使っての加工、いかがでしたか?
ぜひこの機能を使って、交点の分からない形状の加工も簡単に
行ってみてください♪

次回もお楽しみに!

★過去の動画はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/movie-matome.html


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 展示会のおしらせ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このひと月の間に弊社が出展する展示会をお知らせします。
詳細はこちらからご確認ください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/topics/event/index.html

◆全備プライベート展示会
6月28日(土) ㈱全備 本社(岡山市)
※パネル・サンプル展示のみ

◆2014 大阪どてらい市
7月5日(土)~7日(月) インテックス大阪(大阪市)
出品機:YZ-8WR、YZ-500SG

皆様のご来場を心よりお待ちしております!

また、今年秋に開催される国際見本市 「JIMTOF2014」への
弊社出展が決定致しました!
★JIMTOF2014 公式HP→ http://www.jimtof.org/jap/
詳細については、改めてご案内致します。
ぜひお楽しみに!



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

ブラジルサッカーW杯の話題は続きます!
日本初戦のコートジボワール戦は、新潟・名古屋の展示会中の
6/15に行われました。
この業界の中では、せっかく日曜日にあるのに見れないなんて...!
と嘆いた方も多かったのではないでしょうか^^;
サッカーに大して興味のない(笑)私ですら、展示されているテレビ
にて観戦中のお客様から湧き上がる歓声に、思わずソワソワ...。
リアルタイムで見なくても別に...と思っていた私ですが、
地球の真裏で今まさに起こっていることを一緒に体感したい
という気持ちが、何となく分かった気がしました。
明日はボボちゃんと家のテレビ前で熱~い応援をして、
一体感を味わいたいと思います!

それでは、次回のメルマガもお楽しみに^^
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。


☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
こちらから当メルマガのバックナンバーをご覧いただけます!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-31.html


======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!!』
第26号 2014年6月24日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:http://www.yamasakigiken.co.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/yamasakigiken
Twitter:https://twitter.com/yamasakigiken
営業所:埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡/東北
=======================================================

Posted at:2014.6.24

メルマガ編集部がゆく!~手作りバウムクーヘン~

本日第26回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」
皆さんご覧いただけましたか?
まだご覧になっていない方はコチラ!⇒ メールマガジン YZがゆく!!第26号

その中のコーナーの1つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします。
メルマガ編集部 宇都宮が詳しくレポートしますよ!!


今回は、メルマガ編集部が前から目をつけていた、バウムクーヘン作りに行って参りました!

いの町にある、自然公園「グリーンパークほどの」を目指して
高知市内から車で走ること約1時間半。(下道)

遠い・・・。(笑)

 

やっと、ほどのの入口に辿り着きました!!
写真 2014-05-31 12 12 49.jpg

 見てください!この素晴らしい山々!!

バームクーヘン 003.jpg

グリーンパークほどのは、家族や友達同士でも楽しめる、自然のレジャーランド。

西滝や東滝など美しい自然景観や、アスレチックもあり、敷地内にはキャンプ場やバンガローも完備されています!

もちろん!バウムクーヘン作りも人気なんだそうです♪

 

  

集合場所の学習館に到着!こちらで受付です。

写真 2014-05-31 12 00 50.jpg

 

中には、はく製が!! ボボちゃんと奇跡のコラボです。

写真 2014-05-31 11 54 40.jpg  写真 2014-05-31 11 55 02.jpg  写真 2014-05-31 11 56 26.jpg  写真 2014-05-31 11 56 03.jpg

 

学習館の隣。

こちらが、バウムクーヘン作りの舞台となるキッチン!?でございます。

バームクーヘン 006.jpg バームクーヘン 005.jpg

スタッフの方のご指導の下、調理スタートです(^^)

 

まず最初に、バーベキュー台に火をおこします。

バームクーヘン 009.jpg バームクーヘン 012.jpg

 

 

釣りの話しで盛り上がりつつ、無事、焼く準備完了!

バームクーヘン 015.jpg バームクーヘン 018.jpg

 

この取材に行った日は、鮎釣り解禁日前日。

スタッフの方は、毎年鮎釣りに行かれているそうで、

この日は前日という事で、いつもよりテンションが高めだとか。()

 

 

それでは、生地作りです♪

バターを火にかけている間に、材料を計ります。グラニュー糖、

バームクーヘン 023.jpg バームクーヘン 024.jpg

 

 

ホットケーキミックス、牛乳、(ここでは、魔法の粉と呼ばれているそうです()

バームクーヘン 026.jpg バームクーヘン 027.jpg

 

 

そして、高知の名物「土佐ジロー」の卵。

豪快に割りすぎて、もはや原型を留めておりません。()

バームクーヘン 041.jpg

 

 

材料を混ぜていきます。

バームクーヘン 038.jpg バームクーヘン 043.jpg

 

力仕事の時のみ、私の出番です。() ボボちゃんも微力ながら、お手伝いしてくれました。

バームクーヘン 045.jpg バームクーヘン 055.jpg

 

ラムとバニラエッセンスを加えて、生地完成!!

バームクーヘン 051.jpg

 

 

生地を巻く前に、竹の棒にアルミホイルを巻いていきます。

バームクーヘン 029.jpg

 

では!生地を巻いていきます!

バームクーヘン 061.jpg

 

 

生地が垂れないように、回しながら炭火の上に。

表面が焼けて乾いてくるまで、速く回します。乾いてきたら、ゆっくり回して焦げ目を付けていきます。

写真 2014-05-31 9 32 19.jpg 写真 2014-05-31 9 33 13.jpg

 

 

この工程を生地がなくなるまで、繰り返していきます!

 

 

4回目ぐらい。

写真 2014-05-31 9 35 48.jpg 写真 2014-05-31 9 42 31.jpg

 

 

何回目でしょう?もう覚えていませんが()、全部で12回この作業を行いました!

写真 2014-05-31 9 44 11.jpg 写真 2014-05-31 9 45 21.jpg

 

ラストスパートです!

 

先端が重たくなってきて、もはや腕の筋トレ状態です。

熱さと腕の疲れに必死に耐えている横で、スタッフの方がうちわで扇いでくれてました()

写真 2014-05-31 10 00 53.jpg 写真 2014-05-31 10 01 45.jpg

そしてっ!!ついにっ!!!!

 写真 2014-05-31 10 06 33.jpg

見て下さい、この嬉しそうな表情!() いや~長い道のりでした・・・

なんだか原始時代のお肉に見えて来ました。

 

 

すぐにでも食したいところですが、20分程冷まします。

写真 2014-05-31 10 07 31.jpg

 

 

その間、使った道具のお片付け。

写真 2014-05-31 10 10 18.jpg

 

 

熱を冷ました後、ついに断面とご対面です!!

 

 

アルミホイルをぐるぐると回しながら外します。

写真 2014-05-31 10 35 11.jpg 写真 2014-05-31 10 35 35.jpg

 

 

包丁で慎重にカッティングです!やっと、皆さんお馴染みの姿に(^^)

写真 2014-05-31 10 36 16.jpg

 

 

手作り感満載に仕上がりました~

写真 2014-05-31 10 37 10.jpg

 

最後にみんなでコーヒータイムです♪

自分で作ったバウムクーヘンを食べる日が来るなんて・・・!

愛着が湧いているので、やっぱり美味しい(*^^*)

写真 2014-05-31 10 41 21.jpg

 

 

スタッフの方にも試食してもらいましたが、100点満点中・・・

50点は貰えましたが、ちょっと固かったようです!()

焼く時に時間がかかってしまったことが原因だとか。

焼く時間が短い方が、フワフワに仕上がるとのこと!

またいつかリベンジを誓いました!

 

皆さんも是非、ご家族やお友達と手作りバウムクーヘン、

行ってみてはいかがでしょうか(^^)

 

メルマガ編集部は次回、手作りぼうしパンにも挑戦!!!

またまた、グリーンパークほどのへ行って参ります!

 

乞うご期待★

 

 

 

 

 

 

Posted at:2014.6.24

《メールマガジン YZがゆく!!》 第25号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

              第25号 2014.05.21
          http://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆


こんにちは!山崎技研の竹内です。

朝晩肌寒い日が続いていましたが、ようやく新緑の美しい季節が
やってきました!
毎年この時期になると、弊社には律儀に"あるもの"が帰って来て
すっかりにぎやかになります^^
そう、昨年もご紹介した「燕」です!
もう卵もかえり、小さなくちばしを巣から一生懸命出してエサを
もらっている姿に、親心を覚える今日この頃...(笑)
今年は何羽が山崎技研を巣立っていくのでしょうか?^^
今後の成長を楽しみに見守りたいと思います♪

それでは、メルマガ第25号をお楽しみください!


*****************************************************
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
*****************************************************


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第2回:鋳物の剛性アップ・軽量化を実現 ― リブ構造~

2) ちょこっとひと息
  ~初夏の味わい・土佐小夏~

3) 百聞は一見にしかず!
   ~第11回:加工ガイダンス機能(輪郭プログラム編2)~

4) 展示会のおしらせ

5) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このコーナーでは、工作機械 なかでもフライス盤の「通(つう)」を
目指して、フライス盤の様々な情報をお届けします!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
第2回:鋳物の剛性アップ・軽量化を実現 ― リブ構造
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

前回お伝えしたように、フライス盤は「鋳物(鋳鉄)」という
金属を溶かして型取ったもの主要構造材として使用しています。
土台であるベッドやフライス盤の背骨の役割をするコラム、
主軸頭などがまさに鋳物で構成されているのですが、
皆さんその"中身"がどんな風だかご存知ですか?

もちろん、無垢(むく)の状態ではありません。
それでは製品として重すぎます。
では、中は空洞なのでしょうか?
それでは強度に問題が出そうですね。

なぜこんな話をするかというと、今出た2つの問題をクリアできる
ある構造が、鋳物の中にはあるからです。
その構造というのが、"リブ構造"。
リブというのは英語(Rib)で、訳すと肋骨のこと。
鋳物の内部を肉抜きし、あばら骨のような「リブ」で補強することに
よって、剛性を高めることができます。
そういったことから、強度と軽量化を両立するのがリブ構造の
特徴であり、鋳物がフライス盤の主要構造材として長く
採用され続けているのは、リブ構造があってのことなのです。

弊社フライス盤のベッドやコラムなどの鋳物にも、効果的に
リブ構造が使われています。
こちらからご覧ください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/rib.pdf

製品になってしまうと中身は見えるものではありませんから、
製造現場をご覧になる機会がありましたら、ぜひ鋳物の
リブ構造までじっくりご覧になることをおすすめします。

今回は、鋳物の「リブ構造」のお話でした。
次回もお楽しみに!

★弊社フライス盤・YZシリーズに共通した特長はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/tsubo-matome.html
★フライス盤の基礎知識はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/arekore-matome.html
★製品ラインナップはこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

西日が辛い季節になって来ました。(笑)
さて、今回は高知の初夏の特産品、
「小夏(こなつ)」をご紹介します!

高知県を代表する柑橘。高知では小夏と呼びますが、
宮崎県では日向夏(ひゅうがなつ)、
愛媛県ではニューサマーオレンジと呼ばれています。

小夏の旬は、4月~6月。今まさにシーズン真っ只中です!!
毎年ですが、小夏がお店に並び始めると、
夏が近づいて来ているのを感じます(^^)

小夏は直径約10cmほどの手のひらサイズ。
甘皮部分の甘みと程よい酸味が絶妙のバランスで、
夏らしいさっぱりとした味わいです♪
香りもとっても爽やかなんですよ~

小夏の詳しい情報はブログにてご紹介しております!
爽やかな写真と共にお楽しみ下さい!(笑)↓↓
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2014/05/post-61.html

では、また次回(^^)



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 百聞は一見にしかず!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
古くからのことわざにもあるように、百聞は一見にしかず!
ここでは当社フライス盤の動画の紹介を通して、カタログや
HPだけでは分からない"リアルな魅力"をお伝えします。

古くからのことわざにもあるように、百聞は一見にしかず!
ここでは当社フライス盤の動画の紹介を通して、カタログや
HPだけでは分からない"リアルな魅力"をお伝えします。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 第11回: 加工ガイダンス機能(特別仕様:輪郭プログラム編2)>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

数字入力のみで簡単に加工が行える加工ガイダンス機能。
前回から引き続き、特別仕様で追加可能な「輪郭加工」のうち、
円弧と直線の組み合わせの一筆書きの形状の加工ができる
「輪郭プログラム」での加工をご紹介します。

前回は、円弧、直線いずれも交点の分かっている簡単な形状の
加工を輪郭プログラムで行いました。
今回は、交点が分からないものでも、輪郭プログラムを使うことで
簡単に加工できることを、動画でご紹介したいと思います。

まずは、動画をご覧ください。
↓↓

入力などの基本の操作については、前回ご説明したので
今回は省略します。
(前回参照→http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2014/04/merumaga-24.html#ikken
今回加工したいのは、径の違う円弧を直線でつないだものの輪郭
形状です。分かっている情報は、各円の半径と中心座標、
円弧間の距離のみです。
通常のガイダンス機能で加工する場合、もしくはNCプログラム
運転で加工するとしたら、円と直線の交点の座標が分かって
いなければ加工できません。
しかし、輪郭プログラムでは、それが分からなくても、ある情報を
入れてあげることで、交点が分からなくてもそういった形状を
描くことができるのです。
その肝心の「ある情報」というのが、"隣接条件"です。
動画から分かる通り、直線は円弧に接していることがわかります。
こういう場合、隣接条件 「前接(前に接する)」と入力することで、
自動的に接点を計算してくれるのです。
もちろん、ただ「接している」という情報をつなげていくだけでは
情報不足です。今回で言うと、円弧の位置と大きさが定まっている
から、直線が「接する」という情報だけで直線を描くことができる
のです。

動画の通り、「前接」を使う時には、一旦確定しない形状を
仮に描画し、その後の入力内容によって形状を確定していきます。
おかしなところに円弧や直線が描かれて不安になっても、我慢して
その後の入力を進めてください。

こういった形状は、CADで交点を求めなければ分からないと
思っている方も多いと思いますが、輪郭プログラムがあれば、
難しい操作なしで、なおかつ交点を求めなくても加工することが
できるのです。

------------------------------------------------------------
今回も、ガイダンス機能の特別仕様 輪郭加工メニュー「輪郭プログラム」
での加工をご紹介しました。
「前接」を使っての加工、いかがでしたか?
ぜひこの機能を使って、交点の分からない形状の加工も簡単に
行ってみてください♪

次回もお楽しみに!


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 展示会のおしらせ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このひと月の間に弊社が出展する展示会をお知らせします。
詳細はこちらからご確認ください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/topics/event/index.html

◆第28回 東北信どてらい市
5月24日(土)~25日(日) エムウェーブ(長野市)
出品機:YZ-8WR

◆2014 京滋マシンツール・ソリューションフェア
5月30日(金)~31日(土) 京都府総合見本市会館パルスプラザ(京都市)
出品機:YZ-8WR

◆第17回 アズマどんと市
6月6日(金)~7日(土) ㈱アズマ 富岡営業所(群馬県富岡市)
出品機:YZ-8WR

◆2014 米子どてらい市
6月7日(土)~9日(月) 米子産業体育館(米子市)
出品機:YZ-352R

◆2014 鹿児島どてらい市
6月7日(土)~9日(月) マリンポートかごしま 特設会場(鹿児島市)
出品機:YZ-8WR

◆河内鋼機グランドフェア 2014
6月12日(木)~13日(金) 河内鋼機㈱(群馬県太田市)
出品機:YZ-8WR

◆高産Presents 得する機械と工具フェア 2014
6月13日(金)~14日(土) 高松産業㈱ 西部営業所(香川県善通寺市)
出品機:YZ-8WR

◆第11回 アドバンス展
6月13日(金)~14日(土) ㈱サン工機 本社展示場(長野県安曇野市)
出品機:YZ-400NCR

◆第35回 新潟どてらい市
6月14日(土)~15日(日) ハイブ長岡(長岡市)
出品機:YZ-352NCR

◆2014 中部どてらい市
6月14日(土)~16日(月) ポートメッセなごや(名古屋市)
出品機:YZB-88NCR、YZ-8WR

◆2014 富山どてらい市
6月21日(土)~22日(日) 富山産業展示館 テクノホール(富山市)
出品機:YZ-8WR

5~6月は全国各地で毎週複数の展示会へ出展を予定しています!
皆様、是非ご来場ください♪



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

実は今日、メルマガ編集部はある節目を迎えています☆
本日午後、Facebook、Twitterより発表!!
ぜひ皆さんチェックしてください♪
いいね!・フォローお待ちしております^^

Facebookページ★https://www.facebook.com/yamasakigiken
Twitter★https://twitter.com/yamasakigiken

それでは、次回のメルマガもお楽しみに!
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。


☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
こちらから当メルマガのバックナンバーをご覧いただけます!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-31.html


======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!!』
第25号 2014年5月21日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:http://www.yamasakigiken.co.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/yamasakigiken
Twitter:https://twitter.com/yamasakigiken
営業所:埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡/東北
=======================================================

Posted at:2014.5.21

メルマガ編集部がゆく!~初夏の味わい 土佐小夏~

本日第25回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」
皆さんご覧いただけましたか?
まだご覧になっていない方はコチラ!⇒メールマガジン YZがゆく!!第25号
今回は、その中のコーナーの1つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします。
メルマガ編集部 宇都宮が詳しくレポートしますよ!!


 

南国土佐の初夏の旬と言えば、「小夏(こなつ)」
旬なのは4月~6月。まさにシーズン真っ只中!!

小夏 014.jpg

高知では小夏と呼ばれる柑橘。

宮崎県では日向夏(ひゅうがなつ)、愛媛県ではニューサマーオレンジと

呼ばれています。

 

もともと高知で生まれた果物ではなく、18世紀初めに宮崎県のとあるお宅で

発見されたそうです。

偶然実をつけた「偶発実生」。詳細は不明だそうですが、

果実の特徴から、柚子が突然変異したものと考えられているとか!?

 

高知に入ってきたのは、明治22年~24年頃。

南国市の徳橋喜三郎さんという方が、宮崎県滞在中に苗木を郷土へ送ったのが

始まりだそうです。

 

ではでは、さっそく食してみたいと思います!

 

小夏 016.jpg

リンゴの皮をむくように、ナイフで表面の皮を薄くとります。

この時、白いふわふわの部分(甘皮)は残しておくのがポイント!

この白い甘皮と一緒に食べることで、小夏の爽やかな酸味と

ほどよい甘みがちょうど良いバランスになります♪

 

  

ジャン!!きれいに仕上がりました!()

小夏 020.jpg

 

 

このまま、一口サイズにスライスして出来上がりです!

小夏 023.jpg

 

 いや~、光ってますね!!

決して、やらせではありません!()

 

そのまま食べるのはもちろん、ヨーグルトに入れたりジュースにしたり、

味わい方も様々♪

 

小夏には、ビタミンCやクエン酸が多いので、疲労回復にも役立ち、

高血圧予防にも効果があると言われています。

 

美味しい上に、健康にも良いなんて、ありがたいですね~

 

 

今回は、宿毛市にある、高知県では有名な久保農園さん

小夏をお取り寄せしました!

 

小夏 007.jpg

 

写真でも分かるように、みずみずしくて、

甘みと酸味のバランスが絶妙!!美味しくて何個でも食べれそうです。()

 

ぜひ、皆さんも旬なこの時期にご賞味あれ♪

 

久保農園さんの土佐小夏 ご購入はコチラから↓↓

http://www.anshindo-d.jp/anshindo/shop_title/407.html

 

 

 

Posted at:2014.5.21

《メールマガジン YZがゆく!!》 第24号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

              第24号 2014.04.22
          http://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆


こんにちは!山崎技研の竹内です。

新年度がスタートしましたね♪
春は新たな出会いの季節!この4月に、弊社にも機械・水産合わせて
4名の新入社員を迎えました^^
緊張で肩が上がりっぱなしの初々しい姿を見て、毎年のごとく
自分が入社したばかりの頃を思い出すのでした・・・。
メルマガ編集部も新入社員に負けじとフレッシュな気持ちで、
新年度最初のメルマガをお届けしたいと思います!

それでは、新コーナーもスタートしたYZがゆく!!24号を
お楽しみください♪


*****************************************************
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
*****************************************************


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第1回:フライス盤の主要構造材「鋳物」~

2) ちょこっとひと息
  ~いらっしゃいじゃこー~

3) 百聞は一見にしかず!
  ~第10回:加工ガイダンス機能(輪郭プログラム編)~

4) 展示会のおしらせ

5) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このコーナーでは、工作機械 なかでもフライス盤の「通(つう)」を
目指して、フライス盤の様々な情報をお届けします!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
第1回:フライス盤の主要構造材「鋳物」
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

フライス盤が何でできているかご存知ですか?
もちろん、様々な部品で構成されている複雑な機械ですが、
主要構造材は「鋳物」です。
鋳物とは、加熱して溶かした金属を型に流し込んだものを、冷えて
固まった後に型から取り出すという方法で作る金属製品です。

では、なぜ工作機械の主要構造材に鋳物を使用するのでしょうか?
それは、鋳物が剛性、振動減衰性、耐摩耗性に優れ、加工性の良い
ものだからです。

その鋳物を作る際に欠かせない、重要な役割をするのが「砂型」です。
型というと硬いもののイメージがありますが、金属を溶かして固める
わけですから、型自体が硬くては取り出せないのです。
そのため、古くから鋳物の型には「砂」が使われています。

鋳物の作り方は、こちらをご参考ください。
★鋳物ができるまで(日本鋳造協会HP)
http://www.foundry.jp/operation.html

型に砂が使われるのは、単に出来上がった製品を取り出すのが
簡単だから?
それだけではありません。
溶けた金属が固まる際に、ガスが放出されます。そのガスが上手く
放出されないと、鋳物の中に残ってしまい、「鬆(す)」という穴が
鋳物の中に空いてしまいます。(イメージで言うと、ホットケーキに
プツプツと空気穴があいているような状態です。)
砂型では、砂粒間に適度な隙間があるため、発生するガスが速やかに
放出されるのです。

実は、この砂型が鋳物の「質」を決めるものだったりします。
「国産の鋳物は良質」と聞いたことがあると思いますが、これは
鋳物製造に最適な、良質の砂があるからです。
特に、良質な鋳物の産地として有名な中国地方では、
良質の砂が採れるといわれています。

さて、ではその砂型はどうやって作るのでしょうか?
型を作るためには、さらにその型が必要となります。
大量生産を行う工業製品などに用いられる型は金型であることが多い
ですが、工作機械の鋳物の砂型の型は、一般的に木型です。
この型に粘結剤や添加剤を配合した砂を溶かして流し入れることで、
砂型を作ります。
金属を溶かし固めるのに、砂や木の型が使われているなんて、
意外ですね。

弊社のフライス盤の構成部品もまた、鋳物がたくさん使われています。
もちろん、全て良質の国産鋳物を使用しており、ベッドやコラム、
テーブルなどの主要構成部品は、良質の砂の産地である島根県・
広島県で生産された鋳物でできています。

弊社は国産鋳物にこだわり続けることで、剛性に優れ、寿命の長い
フライス盤を実現しているのです。

今回はフライス盤には欠かせない「鋳物」のお話でした。
次回もお楽しみに!

★弊社フライス盤・YZシリーズに共通した特長はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/tsubo-matome.html
★フライス盤の基礎知識はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/arekore-matome.html
★製品ラインナップはこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

皆さん、ゴールデンウィークのご予定はお決まりですか!?
未定だという皆さんに、おすすめの休日プランをご紹介します!(笑)

メルマガ編集部が実際に実行したプラン!
高知県東部の中心都市、安芸市に行ってきました。
三菱財閥の創設者、岩崎弥太郎の出身地でも有名ですよね。
しかし!今回は弥太郎の取材ではありません。
安芸市の特産品を取材して来ました~(^O^)
食欲の秋とよく言いますが、年中無休で食欲旺盛な私には
季節は関係ありません。(笑)

安芸市の特産品の1つ、「ちりめんじゃこ」を使用した、
「釜あげちりめん丼」を食して来ました♪
ただ、ちりめん丼を食べてきた訳ではありません!
メルマガ編集部、体張りました!!(笑)
臨場感のある写真と共に、ブログにてご覧下さい!

※今回のちょこっとひと息のタイトルの詳細もブログにて(笑)

★メルマガ編集部がゆく!はこちら↓↓★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2014/04/post-60.html

では、また次回(^^)



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 百聞は一見にしかず!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
古くからのことわざにもあるように、百聞は一見にしかず!
ここでは当社フライス盤の動画の紹介を通して、カタログや
HPだけでは分からない"リアルな魅力"をお伝えします。

古くからのことわざにもあるように、百聞は一見にしかず!
ここでは当社フライス盤の動画の紹介を通して、カタログや
HPだけでは分からない"リアルな魅力"をお伝えします。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 第10回: 加工ガイダンス機能(特別仕様:輪郭プログラム編)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

数字入力のみで簡単に加工が行える加工ガイダンス機能。
今回は、特別仕様で追加可能な「輪郭加工」のうち、円弧と直線
の組み合わせの一筆書きの形状の加工ができる「輪郭プログラム」
での加工をご紹介します。

今回は、入力内容が多いので動画からご覧ください。
↓↓

まずは基本の操作をご説明しましょう。
サブメニューにある「直線」「右回り円弧」「左回り円弧」より
選択し、入力を行います。
入力が終わる毎に、画面背景に入力した形状が描画されていき
ますので、入力ミスに気付くことができます。また、交点が
合わないなどがあれば、その都度エラーメッセージが出るように
なっています。

今回ご紹介した加工は、直線→右回り円弧→直線→右回り円弧・・・
の輪郭加工です。
それぞれ、直線終点、円弧終点と半径が分かっているものとして
入力を行っています。

入力が完了したら、一連の動きをNC変換し、内部的にNC
プログラム化します。(ただし、ここでNC化したものはNC
プログラムとして他の機械で使用することはできません。)

NC変換が終わると、自動的に加工用の画面に切り替わります。
この画面では、加工開始点と使用する工具径を入力します。
その後の流れは、入力終了 → 加工開始点まで移動 → 入力終了 →
加工開始となり、他のメニューと同じです。

------------------------------------------------------------
今回はガイダンス機能の特別仕様 輪郭加工メニュー「輪郭プログラム」
での加工をご紹介しました。いかがでしたか?
他のメニューに比べて操作が複雑...と感じられる方もいらっしゃる
かと思いますが、円弧と直線の組み合わることで、様々な形状に
応用できます。選択して数値を入力するだけ、という加工ガイダンス
機能の基本は同じです。
輪郭プログラムを活用し、NCプログラムを組むよりも簡単に、異形状
の加工を行ってみませんか?

次回もお楽しみに!


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 展示会のおしらせ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このひと月の間に弊社が出展する展示会をお知らせします。
詳細はこちらからご確認ください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/topics/event/index.html

◆2014 MEX金沢
5月15日(木)~17日(土) 石川県産業展示館(金沢市)
出品機:YZ-8WR

◆第28回 東北信どてらい市
5月24日(土)~25日(日) エムウェーブ(長野市)
出品機:YZ-8WR

◆2014 京滋マシンツール・ソリューションフェア
5月30日(金)~31日(土) 京都府総合見本市会館パルスプラザ(京都市)
出品機:YZ-8WR

5月も全国各地で開催される展示会へ出展を予定しています!
弊社のベストセラー機 YZ-8WRの使い勝手の良さを、
是非実機を触ってお確かめいただければと思います^^

皆さまのご来場を心よりお待ちしております♪



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

冒頭でご紹介した新入社員4名の歓迎会を、4月の初めに
行いました。今年は偶然にも半期に一度の営業会議と重なり、
全国各地の営業メンバーも交えての大宴会となりました^^
グループ会社の方も合わせて総勢85名!
あまりの人数の多さにガチガチになっていましたが、
皆の前での挨拶の言葉は力強く、その後は一人ひとりに各自お酒を
注ぎに回り、すっかり打ち解けていて安心しました。
この春、新たなメンバーを迎えた企業さんも多いでしょう。
これから輝かしい未来が待っている新入社員の皆さんに幸あれ!

それでは、次回のメルマガもお楽しみに!
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。


☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
こちらから当メルマガのバックナンバーをご覧いただけます!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-31.html


======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!!』
第24号 2014年4月21日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:http://www.yamasakigiken.co.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/yamasakigiken
Twitter:https://twitter.com/yamasakigiken
営業所:埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡/東北
=======================================================

Posted at:2014.4.22
前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページの先頭へ