株式会社山崎技研

  • 製品情報
  • 製品導入のメリット
  • アフターサービス
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
ホーム > スタッフブログ > メルマガ編集部がゆく!記事一覧
プロフィール
竹内 薫
竹内 薫
営業部在籍。ホームページの更新や、営業ツール作りなどを行っています。 お問い合わせフォームからでは問い合わせにくい…という方は是非こちらから気軽に声をかけてください♪
E-mail:k.takeuchi@yamasakigiken.co.jp
今の山崎技研
山崎技研のFacebook
月別記事一覧
  • お問い合わせ
  • 製品情報
  • 社会貢献活動
  • 土佐山田工場紹介
  • 匠(技術者)の紹介
  • スタッフブログ「仕事にロマンを求めて」
Google

山崎技研 スタッフブログ

メルマガ編集部がゆく!~創造広場「アクトランド」~

本日、第36回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」
皆さんご覧いただけましたか?
まだご覧になっていない方はコチラ!⇒ http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2015/06/post-71.html
今回は、その中のコーナーの1つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします。
メルマガ編集部 宇都宮が詳しくレポートしますよ!!


今回は、5月15日にオープンしたばかりの創造広場「アクトランド」に行ってきました!

こちらは、山崎技研から車で約15分。近くでございます(^^)

アクトランド 001.jpg


515日から3日間、グランドオープン期間ということで、

「ワンデイパスポート」を頂きましたので、早速みんなで出陣!

しかし、残念ながらこの日はお天気が悪く・・・

しかも夕方でしたので・・・曇り空!!

写真がくら~い感じになってしまっていますが、どうぞお許し下さい。

 

アクトランドは、昭和63年に開設された「龍馬歴史館」を引き継ぎ、

新たに7つの展示館が併設された総合テーマパーク。

 

アクトランドの「アクト(ACT)」とは、Art(芸術)。

Culture(文化)。Technology(技術)の頭文字を並べたものだそう。

「芸術に親しみ、文化を高め、科学技術を発展させることが人生必須の要素であり、

感性の大切さと、ものづくりの原点を子供から大人まで体験・実感できる施設」

というのが、コンセプトだそうです!


園内を入ってすぐに見慣れない遊具たちが!(笑)

アクトランド 002.jpg


こちらは「わんぱく広場」。

自遊空間として科学技術の伸展を示すアイテムや、珍しい遊具などが設置されています。


さっそく、はしゃいでます。自転車メリーゴーランドです。

アクトランド 004.jpg

みんなで自転車をこぐリズムを合わせて、ぐるぐる回っております。

普段は乗らないような自転車が集結していますので、ぜひ。(笑)

 

その他、変わった遊具がいっぱい。



てこの原理で揺れるんですが、思いのほかスリリングでした。

アクトランド 012.jpg


手回しブランコ。高速回転可能。(笑)

アクトランド 016.jpg


超巨大なジャングルジム!

アクトランド 022.jpg


てっぺんまで登れるようになっています!

アクトランド 024.jpg



またまた不思議な乗り物を発見!

カラフルでかわいかったので、試乗してみました。

アクトランド 035.jpg

外国の観覧車らしいです。



散々遊具で遊んで、早何十分。(笑) やっと展示館にたどり着きました!


龍馬歴史館。

アクトランド 039.jpg

昭和63年に開館以来、初のリニューアルだそうです。

龍馬歴史館は、世界唯一の坂本龍馬の生涯を再現した蝋人形館です。


龍馬のベストショットを1枚。

アクトランド 064.jpg

最後には龍馬と握手して、記念撮影ができますのでぜひ!(笑)

 

その他、絵金派アートギャラリーや世界クラシックカー博物館、

「ゲージツ家」KUMAさんこと篠原勝之さん作品の展示館もあり盛りだくさんです!

 

子供から大人まで楽しめるテーマパークになっております。

ぜひ、皆さんも遊びに行ってみて下さい(^^)

 

 

Posted at:2015.6.16

メルマガ編集部がゆく!~オムライス街道~

本日、第35回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」皆さんご覧いただけましたか?

まだご覧になっていない方はコチラ!⇒メールマガジンYZがゆく!!第35号

今回は、その中のコーナーの1つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします。

メルマガ編集部 宇都宮が詳しくレポートしますよ!!



やって来ました~! 高岡郡日高村です。
今回の目的は、「オムライス街道」でオムライスを食べつくすこと!

★オムライス街道とは?→ 日高村ホームページ


その前に、村の駅 ひだかに寄り道。

オムライス街道 001.jpg



要するに道の駅ですね!(笑)

こちらでは、地元の新鮮なお野菜を買うことができます。

オムライス街道 002.jpg



山に囲まれた日高村は、昔からトマトの栽培が盛ん!

その中でも、高糖度なシュガートマトが有名です。

メルマガ編集部ちょこっとひと息部隊。メンバーの柿本、真剣に選んでおります!!

オムライス街道 003.jpg

数分後、買い物カゴはトマトでいっぱいになっていました!(笑)



その横で、気になるものを発見! 卵黄!?かと思いきや、

オムライス街道 005.jpg


とまとおでんでした~!!

オムライス街道 006.jpg  


だしは和風。仕上げにオリーブオイルとコショウを少々。

オムライス街道 014.jpg


実食!!

オムライス街道 018.jpg

和風のイメージでしたが、どちらかと言えば洋風。

イタリアンのような感じと言いましょうか。

初めての感覚に、「なんかよく分からん」が感想。(笑)

 

トマトの酸味は残りつつ、なんだかホッとするような味。

私は個人的には好きです!特にお出汁が美味しかったので、飲み干してしまいました♪



お次はトマトの食べ比べ。

オムライス街道 015.jpg

左がフルーツトマト。右がシュガートマト。

 

食べてますね~(笑)

オムライス街道 016.jpg

フルーツトマトももちろん美味しかったんですが、シュガートマトは甘さが全然違う~!!!

フルーツみたいに甘いけど、甘みと酸味のバランスも良くて、でもちゃんとトマトでした!



もう1つ気になるものを発見!

オムライス街道 009.jpg

オムすび!美味しそう・・・食べたい・・・・・!!!!

しかし、次行くオムライスのためにお腹を空けておかなければ!

珍しく、耐えることができました。(笑)

 


では、目的のオムライス街道へ!

オムライスMAPを片手にレッツゴー

omuraisu_01.jpg

1日で全6店舗は厳しいので、泣く泣く3店舗に絞りました!



1軒目はゴルフ場の錦山カントリークラブへ!

道中に、素敵な景色が(^^) 癒されます~

オムライス街道 021.jpg


到着!

オムライス街道 022.jpg

レストランへ入ると、ゴルフのお客さんばかり!

場違いでは!?と戸惑っていると、店員さんが優しく誘導してくれました(TT)

オムライスMAPをちらつかせていると、すぐ分かってくれます。(笑)


早速、日高村オムライスを注文!

オムライス街道 026.jpg

ソースはデミグラスソース。

ケチャップライスは薄めで、あっさり。

オムライス街道 029.jpg

このデミグラスソース、5時間煮込んでいるそうです!

肉のうま味が~!!!これは美味しい!

トマトがフレッシュでいい感じ♪

オムライス街道 030.jpg

3人でシェアして、ペロリでございます。




続きまして、2軒目はカフェレスト マンマ亭

オムライス街道 034.jpg


昔ながらのオムライスを注文!

オムライス街道 035.jpg

名前の通り、ザ オムライス!という感じで、チャップライスはちょっと濃いめ。

子供の頃に食べた懐かしい味です(^^)


オムライス街道 037.jpg

こちらもなかなか美味しかったです♪

 



さて、ここら辺で若干お腹が・・・!(笑)

しかし、そんな事は言ってられません。

ラスト3軒目、喫茶 わのわ 2号店へ!

オムライス街道 031.jpg


最後の追い上げ。ここでは2種類を注文!

オムライス街道 041.jpg

左がイタリアンオムライス。右がわのわオムライス。

 

こちらはイタリアンオムライス。

ライスに鶏肉がごろごろ。玉ねぎも大きめ!味は一言で言えば、ピザのような!(笑)

オムライス街道 044.jpg


こちらは、わのわオムライス。

オムライス街道 045.jpg

ライスはしっとりではなくて、パラパラ系。

 

両オムライス共に、ソースが特徴的。

シュガートマトを使った、手作りトマトソースだそうです。

なかなかオシャレな味でございました♪

 

オムライスといえど、各店様々で、

食べ比べてみると案外楽しかったです!

1日でこんなにも卵を食べたのは初めてです!(笑)

 

もうお腹も満腹~!!!

 

しかし、帰りの車内では早くもデザートを頬張るメルマガ編集部でした。(笑)

Posted at:2015.4.10

メルマガ編集部がゆく!~高知版ひなあられ!?~

本日、第34回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」
皆さんご覧いただけましたか?
まだご覧になっていない方はコチラ!⇒YZがゆく!!第34号

今回は、その中のコーナーの1つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします。
メルマガ編集部 宇都宮が詳しくレポートしますよ!!


今回は、♪あかりをつけましょぼんぼりに~♪
ひな祭りにちなんだお菓子をご紹介します!

 

高知県民ならお馴染みの『花きび』でございます!
花きび 003.jpg

ひな祭りのお菓子といえば、ひなあられですよね。
もちろん、ひなあられもとってもおいしいのですが、
私は断然花きび派!

 

ちなみに、ビッグサイズもあります!

花きび 002.jpg

 

花きびは、見てのとおりポップコーン!
春色におめかしされています♪
花きび 008.jpg

 

塩味ですが、ほんのり甘くて優しい味。
一口食べてしまったら、もう止まらない!一袋丸々ペロリです。(笑)

 

大人になって知りましたが、花きびは高知のお菓子。
高知県のお菓子メーカー、あぜち食品さんが販売しています。

 

しかし!こんなにおいしい花きびですが、実は季節限定。
ひな祭り時期の春にしか販売されないんです!

 

小さい頃は、母がひなあられを買って来てくれても
「ポップコーンのやつこうて来て!!」と文句を言い、
一袋しかないときたら、兄と争奪戦でした。(笑)

 

あぜち食品さんのホームページに、「花きびは高知の文化」と
ありますが、納得。
皆さんそれぞれに、様々な思い出があることが分かりました。
それはこちらから↓↓
http://azechifoods.com/hanakibi.php

 

皆さんも、高知版ひなあられ『花きび』をぜひご賞味あれ♪
お取り寄せもできます!

花きび 009.jpg


Posted at:2015.2.24

メルマガ編集部がゆく!~ゆずの村、馬路村~

本日、第33回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」皆さんご覧いただけましたか?

まだご覧になっていない方はコチラ!⇒ http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2015/01/merumaga-33.html

今回は、その中のコーナーの1つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします。

メルマガ編集部 宇都宮が詳しくレポートしますよ!!

 

 

今回は、ゆずの産地「馬路村(うまじむら)」 に行ってきました!

写真 2015-01-13 20 02 26.jpg

スケジュールの都合上、夜取材に行ってきました!

残念ながら・・・

周りの壮大な山々の景色が全く写っていませんが、どうぞお許し下さい・・・。

 

 

★馬路村ってこんな村↓

 http://www.yuzu.or.jp/kumiaityo.html

 

 

馬路村の代表的ロングセラー商品といえば、

「ごっくん馬路村ゆずドリンク」 「ぽん酢しょうゆ ゆずの村」。

 

ごっくん.jpgゆずぽん.jpg

 

 

これでピンときた方も多いのでは?!

ごっくんは小さい頃よく飲んでたな~。爽やかでおいしいんです(^^)

 

 

で、我々がお邪魔したのは、うまじ温泉の中にあるレストラン。

がっつり食べて来ましたよ~!!!

 

写真 2015-01-13 20 01 50.jpg

 

 

さっそく注文!

気になるメニューが多くて悩んだ結果...

写真 2015-01-13 20 01 44.jpg

 

 

こんなことに!() 計5品でございます。

ちなみに、女子2人でございます。必死で食べました!()

 写真 2015-01-13 20 02 09.jpg

 

  

割り箸の袋がかわいかった(^^)

 写真 2015-01-13 20 02 00.jpg

 

  

では、ラインナップを1品ずつご紹介していきましょう!

 

 

 

土佐特産地鶏 土佐ジローゆずこしょう焼き定食

 写真 2015-01-11 19 45 15.jpg

安定のおいしさ。

その名の通り、土佐ジローをゆず胡椒で炒めているので、

白ご飯が進みます!地鶏の味と食感も楽しめます。

 

 

 

田舎寿司(山菜)

 写真 2015-01-11 19 55 12.jpg

作りたて!あっさりしてておいしい!!

スーパーで売っている田舎寿司ももちろんおいしいんですが、

ご飯が固いんですよね...。こちらはご飯が柔らかい(*^^*)

個人的にはみょうがが一番好みでした♪

 

 

ゆずこしょう餃子

写真 2015-01-11 19 56 21.jpg

ちょっとピリ辛。

皮は厚めで、なかなか食べごたえのあるボリュームです。

手作りならではのおいしさでございます。

 

セセリゆず炒め

写真 2015-01-11 19 49 52.jpg

ゆずの皮入り!塩コショウとゆずの香りが同時に楽しめます!

これまた白ご飯が進む~

 

ピ ザ

写真 2015-01-11 19 49 38.jpg

これはゆずとほぼ関係ありません!

が、あまりにおいしそうだったので、ついつい注文。()

これが予想以上においしい!!!

チーズで隠れていますが、ごろごろ野菜がたっぷり。

野菜がシャキシャキで感動(TT)

 

 

 

と、まぁ!かなり、かなり食べましたよ!

一応完食です!!() 恐るべし胃袋です・・・

 

 

今回は夜になってしまいましたが、

昼間の店内からは、外の雄大な自然の景色が満喫できます♪

 

 

ぜひぜひ、皆さんも宿泊と温泉を兼ねて行ってみてはいかがでしょう?

写真 2015-01-13 20 02 31.jpg

うまじ温泉 http://www.umaj.gr.jp/

 

 うまじ温泉内 レストラン http://www.umaj.gr.jp/restaurant_movie.php

 

 

 

Posted at:2015.1.21

メルマガ編集部がゆく!~高知の卸売市場に潜入!~

本日第31回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」
皆さんご覧いただけましたか?
まだご覧になっていない方はコチラ!⇒http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2014/11/merumaga_31.html
今回は、その中のコーナーの1つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします。
メルマガ編集部 宇都宮が詳しくレポートしますよ!!


今回お邪魔したのは、高知市中央卸売市場。

マグロ・カツオをはじめとする鮮魚部、干物・ちりめんじゃこなどの塩干部、
野菜・果物を扱う青果部があり、地元でとれた四季折々の新鮮な商品を
買うことができます。

昭和5年に開場した高知卸売市場。
実は、日本で2番目に長い歴史を持つ市場だそうです!

初耳。(笑)


毎月第1土曜日には、一般の人が入れる、「市場開放デイ」が開催されています!
セリを見学するべく、早起きして行ってきましたー!!

なんと、チラシによると、マグロのセリは午前5時30分から。
5時20分に市場に集合!!朝が苦手な私は若干遅刻...

朝早くから、意外にもお客さんは多かったです。みんな早起きすごい。
駐車場も賑わってました!


では、さっそくマグロのセリへ!!

DSCN0659.jpg

人だかりは出来ているものの、セリの臨場感が無いなーと思い、

聞いてみると、この日はマグロの数が少なく、すぐに終わってしまったのだとか。

あと一歩間に合いませんでした。残念・・・。

 

終わった後の写真でお楽しみ下さい・・・。()

DSCN0660.jpg

 

このサイズのマグロを生で見たのは初めて。

なかなか迫力がありますね!

DSCN0665.jpg

DSCN0663.jpg

 

さて、水産物を散策。新鮮な魚がたくさん!

DSCN0666.jpg DSCN0668.jpg DSCN0671.jpg DSCN0679.jpg DSCN0676.jpg DSCN0669.jpg

DSCN0673.jpg DSCN0682.jpg

こちらは、仲卸業者さんが直接交渉で値段をつけて購入されるそうです。

 

 

私たち一般のお客さんは、隣の仲卸店舗にて買うことができます。

DSCN0688.jpg

DSCN0689.jpg

セリで落とされたばかりの、マグロの解体の様子も見ることができます!

私たちが回っている時には、残念ながら既に終わっていました・・・

タイミング悪くてすみません(--)()

 

 

 

7時からの野菜のセリまで時間があるので、やっと朝食タイムです♪

早起きしたのでお腹ぺこぺこです!

 

仲卸店舗の一角に、市場ならではの料理が食べられるコーナーが♪

お目当ては、干物の炭火焼バイキング!!

1300円で干物食べ放題!

DSCN0692.jpg

DSCN0690.jpg

クロボボちゃんもお腹が空いてるようです!

 

その他、芋煮・うどん・そば・カレー丼、カレーうどん・ちりめん丼

牛すじ丼、牛すじうどん等など。惹かれるものばかり♪

DSCN0691.jpg

私たちは、ちりめん丼と牛すじ丼に決定!

 

干物さんもいい感じの仕上がりに♪

DSCN0694.jpg

しかし、朝一の牛すじ丼に干物・・・

朝起きることに疲れてしまい、全然お腹に入りませんでした!()

 

 

 見てください!この疲れきったオーラ!()

 

DSCN0696.jpg

 

 ※取材日は9月でした!

  小学生の時、真冬に半袖半ズボンの子が学年に1人はいましたが、

  決してその類いではありません。()

 

 

でも干物も丼もとっても美味しくて、万全の調子で食せなかったことが

悔やまれます。

 

家族で来られている方も結構いて、

子どもさん達と楽しそうに七輪で干物を焼いてました~(^^)

 

各仲卸店で魚を自由に買って、ごはんに乗せて食べる

オリジナル海鮮丼の販売もあり、どれにするか迷ってしまうくらいです。

私はもうギブアップでしたが...

 

その他、青果部では土物詰め放題があったり、

なかなかイベントが盛りだくさん!

 

 

そうこうしていたら、野菜・果物のセリが始まる時間に。

 

セリ人の威勢の良い声に、耳を傾けておりましたが、

専門用語すぎて何を意味しているのか全く分からず、

もはや、異国の言葉にさえ聞こえてきました。()

DSCN0710.jpg 

 

 

値段の駆け引きは、全て手のサイン。

こんな大人数のサインを見落とさないセリ人って凄すぎる!

DSCN0714.jpg

 

誰がいくらで競り落としたのかはよく分かりませんでした。()

 

 

バックビューはこんな感じ。

DSCN0715.jpg

 

 

 

市場内はたくさんの野菜や果物でいっぱい。

ダンボールが山積みです!

DSCN0706.jpg DSCN0704.jpg

DSCN0713.jpg DSCN0705.jpg

DSCN0716.jpg DSCN0699.jpg

 

美味しそうな果物を見てると、ついつい手がのびてしまいそうでした。(笑)

 

朝の市場、なかなか楽しいのでぜひ皆さんも遊びに行ってみてはいかがでしょう?

卸売市場ならではの新鮮な食材が楽しめますよ♪

魚を買い求める方は、クーラーボックス持参をおすすめします!

 

 

 

★高知市中央卸売市場

 

 高知市弘化台12-12

 

 

 

 

Posted at:2014.11.18

メルマガ編集部がゆく!~ビッグサイズの海老!?~

本日第29回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」
皆さんご覧いただけましたか?
まだご覧になっていない方はコチラ!⇒ http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2014/09/merumaga-29.html

今回は、その中のコーナーの1つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします。

メルマガ編集部 宇都宮が詳しくレポートしますよ!!

 

 

 

高知県東部にある、奈半利町まで行って来ました!

目的地は、とんかつ屋の「豚福亭(とんぷくてい)」。

 

高知市内から、車で1時間弱。なはり駅のすぐ前にお店が。

 

DSCN0723.jpg

あっ、すみません。久々のメイン登場。黒い方のボボちゃん。

久しぶりすぎて前のめりですね。

お店に全然ピントが合っていません。()

 

 

じゃん!こちらがとんかつ屋「豚福亭」さんでございます。

高知のローカル番組でも紹介された、人気のお店です(^^)

DSCN0724.jpg

 

営業時間は、

昼 11時~14時/ 夜 17時~20時 (定休日 火曜日)

 

私達は開店10分前からスタンバイ。

シャッターが開いたと同時に入店しました。()

 

とんかつ屋さんではありますが、今回の私達のお目当てはエビフライ!

ただのエビフライではありません。超ビックサイズなんです!

 

!!!!?

DSCN0725.jpg

こちらがお目当ての特大エビフライ!

さすがにあまりの大きさに笑ってしまいました。

 

 

DSCN0727.jpg

ボボちゃんの身長約2倍といったところでしょうか。

  

 

割り箸と比較してみました。ほぼ同じ!!()

DSCN0728.jpg 

 

こちらのウルトラ超特大海老定食。1,980円と少々お高め。

レッドタイガーという海老を使用しているそうです。

 

お店の方のオススメは、そのままかぶりつくのが美味しく頂けるとのこと。

大きすぎて無理!という方は、お店の方にリクエストしたら切ってもらえるので

ご安心を^^

 

 

お箸で持つとこんな感じ。重いっ!!

DSCN0729.jpg

お箸も対応しきれていません!()

 

 

こんなに大きいと、衣が分厚いのかなと思ったら、みっちりエビでした!()

DSCN0730.jpg

薄衣で、食べたらすぐエビ!食感もプリプリで、味はあっさりめ。

ソースは、タルタルとトマトを使ったソースの2種類。

ウイスターソースでなく、イタリアン風。シェフのこだわりを感じさせますね~

 

それにしても、あまりのボリュームに途中でギブアップの予感...

女性で完食するには、結構ハードです!()

 

しかーーし!

私、ペロリときれいに完食してしまいました!()

我ながら、自分の胃袋にびっくり。

DSCN0731.jpg

 

皆さんも、ジャンボエビフライ。食してみてはいかがでしょうか♪

 

 

★豚福亭(とんぷくてい)

  高知県安芸郡奈判利町乙4861-1

  TEL 0887-38-3001

 

 

 

Posted at:2014.9.18

メルマガ編集部がゆく!~ぼうしパン作り~

本日第27回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」
皆さんご覧いただけましたか?
まだご覧になっていない方はコチラ!⇒  メールマガジン YZがゆく!!第27号
今回は、その中のコーナーの1つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします。
メルマガ編集部 宇都宮が詳しくレポートしますよ!!


今回も、再びほどのへ行って参りました!
手作りぼうしパンに挑戦です!!

 ★前回のほどのでの様子はこちら→メルマガ編集部がゆく!~バウムクーヘン作り~

 
いの町にある、自然公園「グリーンパークほどの」を目指して
高知市内から車で走ること約1時間半。(下道)
2回目ですが、やっぱり遠い!(笑)

入口はこんな感じ。

写真 2014-05-31 12 12 49.jpg

道中の山道では、豊かな自然を満喫できます♪

バームクーヘン 003.jpg

 「グリーンパークほどの」は、家族や友達同士でも楽しめる、自然のレジャーランド。

西滝や東滝など美しい自然景観や、アスレチックもあり、

敷地内にはキャンプ場やバンガローも完備されています!

 

 

集合場所の学習館に到着!こちらで受付です。

ちなみに、前回のバウムクーヘン作りから、約1ヶ月しか経っていませんでした。()

ぼうしパン 142.jpg

ところで皆さん、ぼうしパンを知っていますか!?

高知では、パン屋さんやスーパーでほぼ必ず販売されている、ご当地パン。

あまりにも当たり前のように昔から食べていたので、

ぼうしパンが高知のご当地パンなんて、ここ何年かで知ったくらいです!()

 

ぼうしパンが誕生したのは、昭和30年頃。

高知県のパンメーカー「永野旭堂本店」さんが、製造・販売を始めて人気になったパンです。

丸いパンに、ビスケット生地をかけて焼くメロンパンにヒントを得て、

パンにカステラ生地をかけて焼いたら、カステラ生地が丸いパンのまわりに広がって

帽子のつばのようになったことから、「ぼうしパン」という名前が付いたそうです!

 

 

では、早速調理スタート!今回の材料達です(^^)

ぼうしパン 005.jpg

 

余談ですが、皆さんボボちゃんの変化にお気づきでしょうか?

今だに、サッカーW杯仕様です!()

今回は、日本代表もどきのユニフォーム着用でお送り致します!

 

 

まずは、パンの生地から!順番に材料を量ります。

強力粉、グラニュー糖

ぼうしパン 007.jpg ぼうしパン 008.jpg                                

イースト

ぼうしパン 009.jpg ぼうしパン 010.jpg

 

お塩、牛乳

ぼうしパン 012.jpg ぼうしパン 014.jpg

 

 

材料を混ぜていきます。

ぼうしパン 017.jpg ぼうしパン 019.jpg

 

途中でバターを投入!

ぼうしパン 020.jpg ぼうしパン 021.jpg

 

生地がまとまるまで、ひたすら手でこねます!

ぼうしパン 022.jpg

 

だいぶまとまってきました!

ぼうしパン 023.jpg

 

 

この作業、地味に意外と疲れるんです!

お疲れモードの柿本さんを、ボボちゃんも応援!

ぼうしパン 032.jpg

 

 

出来上がった生地を丸めます。

ぼうしパン 036.jpg ぼうしパン 033.jpg

 

ジャン!できました~!!!

ぼうしパン 037.jpg

 

 

ラップをして、お湯を張った発泡スチロールに入れて生地を発酵させます。

ぼうしパン 038.jpg ぼうしパン 043.jpg

 

生地を発酵させている間、ぼうしパンの「みみ」の部分の生地作りです。

帽子で言うと、つばの部分ですね。

 

バターは湯せんにかけ、材料を量ります。薄力粉、黒砂糖。

ぼうしパン 040.jpg ぼうしパン 045.jpg

 

 

 溶けたバターに、薄力粉と砂糖、卵を入れて混ぜ合わせます!

卵はもちろん、土佐ジローの卵です♪

 ぼうしパン 048.jpg ぼうしパン 047.jpg

 

私もお手伝いです!なぜか爆笑してますね。何があったんでしょう。()

出来上がった生地は、冷蔵庫へ!

ぼうしパン 055.jpg ぼうしパン 059.jpg

 

   

生地の発酵を待っている間、火を起こします!

前回のバウムクーヘン作りで経験済みだったので、手馴れたもんです!()

ぼうしパン 065.jpg ぼうしパン 067.jpg

 

ぼうしパン 068.jpg ぼうしパン 069.jpg

 

 

右の写真。うちわで扇いでいるんですが、

勢いがよすぎて、カメラが追いついていません!()

ぼうしパン 072.jpg ぼうしパン 078.jpg

 

 

火の準備が整ったところで、発酵した生地とご対面!

の、前に、パンを入れるお鍋にキッチンペーパーを敷きます。

ぼうしパン 085.jpg

 

やっと、ご対面です♪() 発酵成功!

ぼうしパン 086.jpg

 

 

左:ビフォー                       右:アフター

コピー ~ ぼうしパン 037.jpg ぼうしパン 087.jpg

 

生地をグーパンチして、空気を抜きます。

ぼうしパン 088.jpg

 

 

6等分にします。

ぼうしパン 092.jpg  ぼうしパン 095.jpg

 

 スタッフの方にレクチャーしてもらって、生地を丸めていきます。

これが意外と難しいんです(><)

ぼうしパン 096.jpg  ぼうしパン 101.jpg

 

お鍋に並べます。

ぼうしパン 102.jpg

 

 またまた、お湯を張った発泡スチロールに入れて、発酵させます!

ぼうしパン 106.jpg ぼうしパン 104.jpg

 

 

その間、使った道具を洗ったりと、しばし休憩です。

 

 

 

発酵完了しました!若干、膨らんでいますね!()

ぼうしパン 107.jpg

 

 

ここからは、ラストスパートです!

皆さん、覚えているでしょうか!?

冷蔵庫で寝かせていた、「みみ」の部分の生地がやっと登場です。

丸めた生地にかけていきます。

ぼうしパン 105.jpg ぼうしパン 108.jpg

ぼうしパン 111.jpg ぼうしパン 110.jpg

 

後は焼くだけです!!

ぼうしパン 112.jpg

 

 

少しだけ、炭を除けておきます。

ぼうしパン 116.jpg

 

この状態で少し焼いた後、

ぼうしパン 120.jpg

 

 

除けておいた炭を、蓋の上に置きます。

上からの熱で、上面にも焼き色をつけます!

ぼうしパン 122.jpg

 

 

はい、いかがでしょう!!この手作り感満載のぼうしパン!!

ぼうしパン 126.jpg

 

 

とっても良い匂い(*^^*) 写真でお伝えできないのが残念です!

ぼうしパン 130.jpg

 

 

実食!!

ぼうしパン 133.jpg ぼうしパン 138.jpg

 

私、個人的には、ぼうしパンはみみの部分が好きなんですが、

今回は、初めてパンの部分が美味しいと思いました!()

できたてはホクホクでとっても美味しかったです♪

残りは、お持ち帰りして、翌日の朝食で頂きました(^^)

 

 

ぼうしパン 134.jpg

 

 

こちらのほどので、ぼうしパン作り体験ができるのは、

71日~930日までの期間のみ!

ぜひ、皆さんも高知のご当地パン。手作りぼうしパン。

体験してみて下さい(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted at:2014.7.23

メルマガ編集部がゆく!~手作りバウムクーヘン~

本日第26回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」
皆さんご覧いただけましたか?
まだご覧になっていない方はコチラ!⇒ メールマガジン YZがゆく!!第26号

その中のコーナーの1つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします。
メルマガ編集部 宇都宮が詳しくレポートしますよ!!


今回は、メルマガ編集部が前から目をつけていた、バウムクーヘン作りに行って参りました!

いの町にある、自然公園「グリーンパークほどの」を目指して
高知市内から車で走ること約1時間半。(下道)

遠い・・・。(笑)

 

やっと、ほどのの入口に辿り着きました!!
写真 2014-05-31 12 12 49.jpg

 見てください!この素晴らしい山々!!

バームクーヘン 003.jpg

グリーンパークほどのは、家族や友達同士でも楽しめる、自然のレジャーランド。

西滝や東滝など美しい自然景観や、アスレチックもあり、敷地内にはキャンプ場やバンガローも完備されています!

もちろん!バウムクーヘン作りも人気なんだそうです♪

 

  

集合場所の学習館に到着!こちらで受付です。

写真 2014-05-31 12 00 50.jpg

 

中には、はく製が!! ボボちゃんと奇跡のコラボです。

写真 2014-05-31 11 54 40.jpg  写真 2014-05-31 11 55 02.jpg  写真 2014-05-31 11 56 26.jpg  写真 2014-05-31 11 56 03.jpg

 

学習館の隣。

こちらが、バウムクーヘン作りの舞台となるキッチン!?でございます。

バームクーヘン 006.jpg バームクーヘン 005.jpg

スタッフの方のご指導の下、調理スタートです(^^)

 

まず最初に、バーベキュー台に火をおこします。

バームクーヘン 009.jpg バームクーヘン 012.jpg

 

 

釣りの話しで盛り上がりつつ、無事、焼く準備完了!

バームクーヘン 015.jpg バームクーヘン 018.jpg

 

この取材に行った日は、鮎釣り解禁日前日。

スタッフの方は、毎年鮎釣りに行かれているそうで、

この日は前日という事で、いつもよりテンションが高めだとか。()

 

 

それでは、生地作りです♪

バターを火にかけている間に、材料を計ります。グラニュー糖、

バームクーヘン 023.jpg バームクーヘン 024.jpg

 

 

ホットケーキミックス、牛乳、(ここでは、魔法の粉と呼ばれているそうです()

バームクーヘン 026.jpg バームクーヘン 027.jpg

 

 

そして、高知の名物「土佐ジロー」の卵。

豪快に割りすぎて、もはや原型を留めておりません。()

バームクーヘン 041.jpg

 

 

材料を混ぜていきます。

バームクーヘン 038.jpg バームクーヘン 043.jpg

 

力仕事の時のみ、私の出番です。() ボボちゃんも微力ながら、お手伝いしてくれました。

バームクーヘン 045.jpg バームクーヘン 055.jpg

 

ラムとバニラエッセンスを加えて、生地完成!!

バームクーヘン 051.jpg

 

 

生地を巻く前に、竹の棒にアルミホイルを巻いていきます。

バームクーヘン 029.jpg

 

では!生地を巻いていきます!

バームクーヘン 061.jpg

 

 

生地が垂れないように、回しながら炭火の上に。

表面が焼けて乾いてくるまで、速く回します。乾いてきたら、ゆっくり回して焦げ目を付けていきます。

写真 2014-05-31 9 32 19.jpg 写真 2014-05-31 9 33 13.jpg

 

 

この工程を生地がなくなるまで、繰り返していきます!

 

 

4回目ぐらい。

写真 2014-05-31 9 35 48.jpg 写真 2014-05-31 9 42 31.jpg

 

 

何回目でしょう?もう覚えていませんが()、全部で12回この作業を行いました!

写真 2014-05-31 9 44 11.jpg 写真 2014-05-31 9 45 21.jpg

 

ラストスパートです!

 

先端が重たくなってきて、もはや腕の筋トレ状態です。

熱さと腕の疲れに必死に耐えている横で、スタッフの方がうちわで扇いでくれてました()

写真 2014-05-31 10 00 53.jpg 写真 2014-05-31 10 01 45.jpg

そしてっ!!ついにっ!!!!

 写真 2014-05-31 10 06 33.jpg

見て下さい、この嬉しそうな表情!() いや~長い道のりでした・・・

なんだか原始時代のお肉に見えて来ました。

 

 

すぐにでも食したいところですが、20分程冷まします。

写真 2014-05-31 10 07 31.jpg

 

 

その間、使った道具のお片付け。

写真 2014-05-31 10 10 18.jpg

 

 

熱を冷ました後、ついに断面とご対面です!!

 

 

アルミホイルをぐるぐると回しながら外します。

写真 2014-05-31 10 35 11.jpg 写真 2014-05-31 10 35 35.jpg

 

 

包丁で慎重にカッティングです!やっと、皆さんお馴染みの姿に(^^)

写真 2014-05-31 10 36 16.jpg

 

 

手作り感満載に仕上がりました~

写真 2014-05-31 10 37 10.jpg

 

最後にみんなでコーヒータイムです♪

自分で作ったバウムクーヘンを食べる日が来るなんて・・・!

愛着が湧いているので、やっぱり美味しい(*^^*)

写真 2014-05-31 10 41 21.jpg

 

 

スタッフの方にも試食してもらいましたが、100点満点中・・・

50点は貰えましたが、ちょっと固かったようです!()

焼く時に時間がかかってしまったことが原因だとか。

焼く時間が短い方が、フワフワに仕上がるとのこと!

またいつかリベンジを誓いました!

 

皆さんも是非、ご家族やお友達と手作りバウムクーヘン、

行ってみてはいかがでしょうか(^^)

 

メルマガ編集部は次回、手作りぼうしパンにも挑戦!!!

またまた、グリーンパークほどのへ行って参ります!

 

乞うご期待★

 

 

 

 

 

 

Posted at:2014.6.24

メルマガ編集部がゆく!~初夏の味わい 土佐小夏~

本日第25回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」
皆さんご覧いただけましたか?
まだご覧になっていない方はコチラ!⇒メールマガジン YZがゆく!!第25号
今回は、その中のコーナーの1つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします。
メルマガ編集部 宇都宮が詳しくレポートしますよ!!


 

南国土佐の初夏の旬と言えば、「小夏(こなつ)」
旬なのは4月~6月。まさにシーズン真っ只中!!

小夏 014.jpg

高知では小夏と呼ばれる柑橘。

宮崎県では日向夏(ひゅうがなつ)、愛媛県ではニューサマーオレンジと

呼ばれています。

 

もともと高知で生まれた果物ではなく、18世紀初めに宮崎県のとあるお宅で

発見されたそうです。

偶然実をつけた「偶発実生」。詳細は不明だそうですが、

果実の特徴から、柚子が突然変異したものと考えられているとか!?

 

高知に入ってきたのは、明治22年~24年頃。

南国市の徳橋喜三郎さんという方が、宮崎県滞在中に苗木を郷土へ送ったのが

始まりだそうです。

 

ではでは、さっそく食してみたいと思います!

 

小夏 016.jpg

リンゴの皮をむくように、ナイフで表面の皮を薄くとります。

この時、白いふわふわの部分(甘皮)は残しておくのがポイント!

この白い甘皮と一緒に食べることで、小夏の爽やかな酸味と

ほどよい甘みがちょうど良いバランスになります♪

 

  

ジャン!!きれいに仕上がりました!()

小夏 020.jpg

 

 

このまま、一口サイズにスライスして出来上がりです!

小夏 023.jpg

 

 いや~、光ってますね!!

決して、やらせではありません!()

 

そのまま食べるのはもちろん、ヨーグルトに入れたりジュースにしたり、

味わい方も様々♪

 

小夏には、ビタミンCやクエン酸が多いので、疲労回復にも役立ち、

高血圧予防にも効果があると言われています。

 

美味しい上に、健康にも良いなんて、ありがたいですね~

 

 

今回は、宿毛市にある、高知県では有名な久保農園さん

小夏をお取り寄せしました!

 

小夏 007.jpg

 

写真でも分かるように、みずみずしくて、

甘みと酸味のバランスが絶妙!!美味しくて何個でも食べれそうです。()

 

ぜひ、皆さんも旬なこの時期にご賞味あれ♪

 

久保農園さんの土佐小夏 ご購入はコチラから↓↓

http://www.anshindo-d.jp/anshindo/shop_title/407.html

 

 

 

Posted at:2014.5.21

メルマガ編集部がゆく!~釜あげちりめん丼を食べるまで~

本日第24回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」
皆さんご覧いただけましたか?
まだご覧になっていない方はコチラ!⇒http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2014/04/merumaga-24.html
今回は、その中のコーナーの1つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします。
メルマガ編集部 宇都宮が詳しくレポートしますよ!!

 

三菱財閥の創設者、岩崎弥太郎の出身地、
高知県安芸市に行ってきました!

 

お目当ては、「釜あげちりめん丼」
安芸市の特産品の1つである、ちりめんじゃこを使用したご当地丼です♪

 

ただ、ちりめん丼を食べるだけではおもしろくない!という事で、
春を満喫しようと、皆でサイクリングをしてみました!(笑)
太平洋を眺めながらの自転車の旅でございます。

 

香南市サイクリングターミナルにて、自転車をレンタル。
IMG_6864.jpg

IMG_6865.jpg

2人乗り自転車に乗ろう!と計画を立てていたので、お目当ての2人乗りを試乗。

IMG_6870.jpg  IMG_6868.jpg  

まさかの、運転センスの無さ!!()

 

 

散々試乗したあげく、結局マウンテンに決定!

IMG_6872.jpg 

 

では、いざ出発!!

 

田舎道をくぐりぬけて、

IMG_6874.jpg

 

コースの分かれ道。今回は香南市夜須町方面へ向かいました!

IMG_6877.jpg

IMG_1058.jpg IMG_6881.jpg

 

 

見事に葉桜です!()

IMG_6884.jpg

でも、満開の時はキレイなこと間違いなし!!

ところで、皆さんお気づきだとは思いますが...

 

この天気の悪さ!!() 

 

まさかの曇り&雨でした(><;) 写真が淀んでますね~

 

 

 

IMG_6888.jpg

海水浴施設、「ヤ・シィパーク」の隣にある、「やすらぎ市」に早くも休憩!

(スタートからたったの10分後でした。)

 

 

やすらぎ市では、夜須町を中心とした新鮮な野菜、果物、魚、加工品などが販売されています。

 

夜須町は、全国的にも日照時間が長く、メロンやスイカ、トマト、

その他の野菜や、果物などハウス園芸が盛んだそうです!

 

 

 

隣のヤ・シィパークにて。

IMG_6897.jpg

見てください! この景色!!!

天気悪いですね~() 

 

本当は青い海が広がっているんですけどね・・・

 

 

 

こちらでは白ボボちゃんの撮影に必死です。

IMG_6895.jpg

 

  

さて!そろそろお腹も空いてきた所で、サイクリングターミナルへ戻ることに。

 

 

 

わぁ!道路が!! 垂直に!!!

IMG_6900.jpg

こちらは、「手結港(ていこう)可動橋」。

港の入口にある動く橋です!

1日に6回開閉し、合計約7時間だけしか渡れません。

橋が上がっている間は車両通行止めです!

 

 

タイミング良く、ちょうど橋が下がる時間帯だったので、皆で見守ることに。

IMG_6903.jpg

 

何事も無かったかのように、普通の道路に。(所要時間約6分)

IMG_6906.jpg

 

 

ここで若干雨が降り出すというハプニングが!!

 

とりあえず先を急ぐことにしました!

 

帰りは海沿いです。

 

 

 

まさかの坂道!() 始めは頑張っていた2人も、途中でリタイア。

IMG_6907.jpg IMG_6908.jpg

坂を上りきると、目の前一面に太平洋の海が一望できます!

IMG_6910.jpgIMG_6911.jpg

天気が・・・悔やまれます・・・()

 

 

ここからは下り坂。風を切っての走行です!!()

 

 

 

やすらぎ市から、約25分。無事に戻って来れました^^

IMG_1089.jpg

自転車のレンタル料は約2時間で1220円でした!

 

 

  

良い感じに疲れた所で、やっと今回の主役!

 

「釜あげちりめん丼」を食しに! ここからは車移動です。()

 

 

 

お邪魔したのは、「安芸しらす食堂

IMG_6915.jpg

 

㈱安芸水産さんでは、イワシシラスを中心に、加工・販売を行っています。

安芸地区には、高知県内でも屈指のシラス漁場があり、

県内シラス漁獲量の2030%が水揚げされるそうです!

 

 

IMG_6916.jpg

外壁には、ちりめんドンちゃんが!ボボちゃんとコラボです。

 

 

 

 

店内に入ると、「いらっしゃいじゃこ~」

 

 

「っっ!?」 「今、なんと?()

 

「じゃこって言ったでね!?」私達がざわついていると、

店員さんが、「はい、いらっしゃいじゃこ♪」ってお水を持ってきてくれました!

あまりに自然すぎて、危うく聞き逃すところでした!()

 

 

 

こちらがメニュー(^^)

IMG_6923.jpg

名物の釜あげちりめん丼や、地元の食材を使ったメニューが♪

 

 

 

各々、自分の気になった定食を注文することに。

 

 

 

竹内 : 釜あげちりめん丼セット

IMG_6925.jpg

 

 

 

柿本 : 釜あげちりめん丼プラスセット(ちりめん+どろめ)

IMG_6927.jpg

※釜あげちりめんの原料となるイワシ類の稚魚を、土佐では「どろめ」と呼びます。

どろめは鮮度が落ちるのがとっても早く、生だと朝獲れたもので、夕方までが限界だそうです。

地元ならではな食材です!

 

 

 

私、宇都宮は、安芸しらす食堂特製"海鮮丼"セット

IMG_6930.jpg

 

 

サイドメニューとして、「じゃこチャーハン」「じゃこコロッケ」を注文!

コロッケの写真撮り忘れました・・・

IMG_6926.jpg

このじゃこチャーハン。私達も大絶賛!!!

かなり美味しかったです!!!

 

 

一日でこんなにちりめんを食べることはそうない!と言うくらい、

ちりめんづくしでございました。() 

 

 

安芸漁港内の加工場ですぐ釜あげしたちりめんは、やっぱり新鮮で美味しい!!

皆さんも是非ぜひご賞味あれ♪

 

 

1階では、ちりめんの直売所もありますので、新鮮なおじゃこの購入も可能!

もちろん、私達も買って帰りました(^^)

 

 

 

そして帰宅する頃には、外は雨が本格的に降り出していました。(TT)

IMG_6933.jpg

 

 

皆さんも、お天気が良い日に!!()

 

サイクリング&釜あげちりめん丼コースで休日を過ごされてはいかがでしょうか?♪

 

 

 

 

Posted at:2014.4.22
前の10件 1  2  3  4
ページの先頭へ