株式会社山崎技研

  • 製品情報
  • 製品導入のメリット
  • アフターサービス
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
ホーム > スタッフブログ > 山崎技研のフライス盤記事一覧
プロフィール
竹内 薫
竹内 薫
営業部在籍。ホームページの更新や、営業ツール作りなどを行っています。 お問い合わせフォームからでは問い合わせにくい…という方は是非こちらから気軽に声をかけてください♪
E-mail:k.takeuchi@yamasakigiken.co.jp
今の山崎技研
山崎技研のFacebook
月別記事一覧
  • お問い合わせ
  • 製品情報
  • 社会貢献活動
  • 土佐山田工場紹介
  • 匠(技術者)の紹介
  • スタッフブログ「仕事にロマンを求めて」
Google

山崎技研 スタッフブログ

山崎技研のツボ! まとめ

メールマガジン「YZがゆく!!」に掲載しました、当社フライス盤の『ツボ』をお伝えするコーナー「山崎技研のツボ!」をまとめました。

復習はぜひこちらから~♪
↓↓

★第1回 『YZ』の正体★

★第2回 フライス盤の「美しさ」とは★

★第3回 人に好かれるフライス盤★

★第4回 背高のっぽなフライス盤★

★第5回 どっしり安定したフライス盤★

★第6回 "省エネ"なフライス盤★

★第7回 YZシリーズの「とりえ」とは★

★第8回 YZシリーズの豊富なラインナップ★

★第9回 特殊仕様とYZシリーズ★

★第10回(終) お客様に寄り添い共に歩むフライス盤★

Posted at:2012.5.16

ひとりごと

こんにちは、竹内です。

今日は竹内のひとりごとに耳を傾けてみませんか?

* * * * * * * * * *

街にモノが溢れる現代。
企業は自社製品の差別化に躍起になっています。

モノを売るには大変な時代だな・・・と、一営業マンの端くれとして
思う反面、これが本来の姿のように思います。


当社フライス盤の場合は、お客様が嫌になるというほど
「単品加工に特化した」「単品加工向けの」という
ワードを繰り返しご説明します。

「それしかないのか?」とため息が出るかもしれませんが、
結局のところそうなんです。


設備の良し悪しを決めるのは、それで稼げるかどうか。
入れたのに意外と使えないね、では意味がないんです。
そういうことでいうと、当社の機械が導入して意味をなすのは
「単品加工だけ」、と言い切っても構わないほどです。

他社に比べてスピードもない。
主軸の回転も遅い。
切粉や切削液の飛散も気になる。

これは、当社がその仕様に「できない」からではありません。
単品加工向けの仕様にするために、あえて「していない」んです。

よく、「大は小を兼ねる」と言いますが、
マシニングセンタが汎用フライス盤の仕事をできたとしても、
効率が落ちるだけです。
一台であれもこれもやってしまおう、と思うよりも
この機械でこの仕事、その機械であの仕事・・・としたほうが
設備を活かせることが多いのではないでしょうか。


・・・少し話が逸れましたね。


色んな面から紹介するというのも良いですが、
その製品の「これ!」という部分をじっくりお伝えする方が、
選ぶ側の立場からしても嬉しいのでは?

ふと、そんな風に思ったので、ひとりごとを言ってみました。


というわけで、これだけは忘れないでください。

単品加工なら山崎技研のYZシリーズ!!(笑)


どんなところが単品向き?と気になった方はこちらから。

Posted at:2012.4.24

「機械オンチ」による機械談義

こんにちは!

今日はちょっとつれづれなるままに、機械について書きたいと思います。


私はもともと非常に機械オンチな人間です。
テレビが映らなければ、叩けば直る派(笑)。
それが機械メーカーの人間だなんて、聞いてあきれますよね。


機械にはな~んとなく苦手意識があって、どこでどうなってるのか
分からない感じが、きっとその理由なんでしょう。


そんな私が出会った、初めて抵抗を感じない機械がYZ-8WRです。


機械って普通、無機的なもの。
触れば冷たいし、感情があって動くものじゃないですよね。


それでも不思議と「温かみ」を感じたんです。
温かみというより、愛嬌??
上手く言葉で表現できませんが、何だか「人間」っぽいんです。


操作すると、それに応えてくれる感覚があったり、かゆいところに手が届くような構造をしていたり。
そして何より、抵抗なく使えて、ストレスを感じない。


機械オンチな私がそう感じるなんてよっぽどです!

...と興味を引いたところで、続きはこちらをご覧ください(笑)
当社のフライス盤の特徴が詰まってます!


また、汎用タイプフライス盤 YZ-8WRについてはこちらをどうぞ。


私はものに「使いやすさ」よりも「親しみやすさ」を求める傾向があるようで、機械についても同じことが言えます。
使いやすいっていうことも魅力的ですが、当社の機械の持つ愛嬌が何とも言えず好きで...(笑)

ここでは写真でしかご紹介できないので、愛嬌のあるお顔を。
head.jpg
見た目もかわいいですが、ハンドル、ボタンの位置も絶妙なんです。


以上、フライス盤をお使いの方に冷ややかな目で見られそうな、素人目線な機械談義でした(笑)

でも、自分の右腕となって頑張ってくれる機械をこんな風に思うことで、もっと大事に思えてくるから不思議じゃないですか?


次回はもっと、皆さんのためになる談義ができればと思います(^_^;

あまり期待せずお待ちください(。-_-。)


それでは今日はここまで。

素敵な週末をお過ごしください♪

Posted at:2012.3.16
前の10件 1  2
ページの先頭へ