株式会社山崎技研

  • 製品情報
  • 製品導入のメリット
  • アフターサービス
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
ホーム > スタッフブログ > メルマガ★YZがゆく!!記事一覧
プロフィール
竹内 薫
竹内 薫
営業部在籍。ホームページの更新や、営業ツール作りなどを行っています。 お問い合わせフォームからでは問い合わせにくい…という方は是非こちらから気軽に声をかけてください♪
E-mail:k.takeuchi@yamasakigiken.co.jp
今の山崎技研
山崎技研のFacebook
月別記事一覧
  • お問い合わせ
  • 製品情報
  • 社会貢献活動
  • 土佐山田工場紹介
  • 匠(技術者)の紹介
  • スタッフブログ「仕事にロマンを求めて」
Google

山崎技研 スタッフブログ

《メールマガジン YZがゆく!!》 第9号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

              第9号 2013.1.21
          http://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆


こんにちは!山崎技研の竹内です。

大変遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます!
今年の元日、高知はすっきりとしたいいお天気で、
とても美しい初日の出を拝むことができました。
景気・日本の未来を含め、そんな見通しの良い晴れやかな一年に
なるよう、希望を持って頑張っていきましょう!

本年も、メールマガジン「YZがゆく!!」を
ご愛顧いただきますようよろしくお願いいたします♪

それでは、2013年最初のメルマガをお楽しみください^^

*****************************************************
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
*****************************************************


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) 山崎技研のツボ!!
  ~第8回:YZシリーズの豊富なラインナップ~

2) ちょこっとひと息
  ~みかん通のあなたに送る!土佐文旦の魅力とは~

3) YZニュース
  ~2013年 私の抱負~

4) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 山崎技研のツボ!!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
様々な視点から、山崎技研のフライス盤の『ツボ』を
お伝えしていくコーナー。

今回は、「NCフライス盤専門メーカー」と言われる
弊社のラインナップについてお伝えします!

【第8回 YZシリーズの豊富なラインナップ】

YZシリーズがカタログモデルだけで何機種あるか
ご存じでしょうか?
正解は27機種。
受注生産機も含めると40機種を超えます。
それも、NCフライス盤だけでこの数です。
一機種ごとに全く違った仕様というわけではなく、
主軸テーパサイズ違いや制御装置の違い、
ストロークサイズ違いなど、非常に細かな違いではありますが、
それでも「1機種」としてラインナップしているのには
理由があります。

あんなものがいい、こんなものがいい、と人は希望を
並べがちですが、いざ「どれにするか」と考える時には、
「あるもの」から選ぶより他ありません。

型違いを「オプション」という扱いではなく、
あらかじめ1製品として揃えておくことで、
お客様ご自身で、その機種でできることをよりリアルに
イメージしていただけるというメリットがあります。

「おたくは機種が多くて分かりづらい」
なんて言われることもありますが、1機種1機種、
その背景に、お使いいただくお客様をイメージしている
からこその豊富さなんです。

それを貫いたことで、NCフライス盤のラインナップNo.1、
そしてNCフライス盤のシェアNo.1という結果が
ついてきたのです。

これからも、フライス盤をお使いになるお客様の
仕事の数だけ、弊社ラインナップは広がりを
見せることでしょう。

このお話、皆さんのツボにはまりましたか?

↓YZシリーズラインナップをチェック!!↓
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/07.html
(※現行カタログモデルでないものもあります、あしからず)
次回もお楽しみに!

★「山崎技研のツボ!」復習はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/tsubo-matome.html
★当社フライス盤の魅力をもっと知りたい!という方はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/
★スタッフブログでも熱く語ります!弊社フライス盤の魅力★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/cat12/


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

明けましておめでとうございます。
2013年、平成25年。
皆さん、この呼び名にはもう慣れましたか?
・・・私はまだです。(笑) 
今年も、皆さんにちょこっとひと息ついて頂きながら、
高知のいろんな情報をお伝えしていければなと思っています。
どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

さて、2013年最初に皆さんにご紹介するのは、
高知の特産品「土佐文旦(とさぶんたん)」です。
高知県内では一般的な果物で、県外の方へのお土産や、
贈答品として人気があります。
柑橘類の一種で、見た目はほぼグレープフルーツ!
でも、果肉はグレープフルーツのような強い酸味は無く、
爽やかな甘さとほどよい酸味で、プリプリとした食感♪
一度食べたらクセになります。
香りもとっても良いんですよ(^^)
皆さん、お取り寄せして、ぜひ一度食べてみて下さい!

★土佐文旦をもっと知りたい!詳しいレポートはコチラ★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2013/01/post-47.html

↓↓土佐文旦ご購入はコチラ↓↓
高知まるごとネットhttp://www.kochi-marugoto.com/kensanpin/buntan/

では、また次回(^^)



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ YZニュース
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ここでは、当社の最新ニュースをお届けします♪
さて、今回のニュースは!?

...━━...━━...━━...━━...━━━...━━━...━━...━━...━━...━━...
       ☆★ 2013年、わたしの抱負 ★☆
...━━...━━...━━...━━...━━━...━━━...━━...━━...━━...━━...

今回は、いつも皆様にお世話になっている全国の営業所の
営業担当より、新年のごあいさつも兼ねて、本年の抱負を
述べさせていただきます!

========================================================
              ☆★ 東北営業所 ★☆
========================================================
東北・仙台市在住の田中実です。いつもお世話様です。
生まれは、南国・高知。仙台に住んで5年になりました。
今年の東北の冬は、いつもより厳しいです。
雪の少ない仙台も何度も降りました。
あの東日本大震災からまもなく3年になります。
復興の兆しはありますが、まだまだです。
これからも地元にしっかりと根を下ろして、東北の販売店とお客様と
もっと密なお付き合いを目指して、しっかりと頑張っていきます。
(所長 田中実)

========================================================
              ☆★ 東京営業所 ★☆
========================================================
我々メーカーに対するお客様のご要望は、今後ますます厳しくなると
思いますが、それぞれのご要望に添った、適切な設備投資のサポート
及びアフターサービスができる様に努力いたします。
これまで以上に誠心誠意対応させていただきますので、
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。 (所長 前田充史)

========================================================
              ☆★ 名古屋営業所 ★☆
========================================================
私個人の新年の抱負としては、
①新しい事ができる様になる
②新しい人と会う
③新しい発見をする
基本的な事ですが、新年から頑張ります。
本年もどうぞよろしくお願い致します。 (長沢正統)

========================================================
              ☆★ 大阪営業所 ★☆
========================================================
今年は、新政権のもと、円安、株価の上昇により日本経済が活性化
されることを、皆様とともに願うばかりです。
その為には皆で考え、現状を変えて行かなければなりません。
大阪営業所の抱負は、今年も「お客様の立場に立って色々な提案、
お手伝いをする」事です。
プライベートですか?私、今年は忍耐力と持久力を養うために
ちょっと「ジム通い」を始めようと思っています。
今年も山崎技研はじめ大阪営業所をよろしくお願いいたします。
(所長 石元滑徒)

========================================================
              ☆★ 広島営業所 ★☆
========================================================
2013年明けましておめでとうございます。
今年は巳年。一皮脱皮出来るよう目標を持ち、ユーザーさんには、
良きサポートが出来ますよう、1年間頑張っていきます。
(所長 高橋要)

========================================================
               ☆★ 本社 ★☆
========================================================
本年もお客様により身近に感じていただけるように訪問をさせて
いただきながら、YZ製品の良さをお伝えしていきつつ、
サービスの向上にも努めてまいります。
プライベートでは、ダイエットを頑張りたいと思っています。
目標ウエスト81cm!!
本年も宜しくお願い致します。 (四国岡山地区担当 吉永智文)

========================================================
              ☆★ 福岡営業所 ★☆
========================================================
今年は、九州地区も景気が良くなると期待している人々が
多くいると思います。私も同じく景気上昇を願っています。
その中で今年は、ものづくりを考え、技術を蓄え邁進している
ユーザー様に出会いたいと思っています。
Never say die!(弱音を吐くな、悲観するな)
今年もよろしくお願い致します。 (所長 橋田初)


どんな時もお客様を第一に考える営業マンならではの
力強い抱負でした!
わたくし竹内の抱負は、一人でも多くの方にYZシリーズの
魅力をお伝えすることです。
そして今年は、皆さんのところへ足を運ばせていただいて、
直接お話しできる機会を多く作れたらと思っています^^

今年も山崎技研をどうぞよろしくお願い致します!!
以上、YZニュースでした☆



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

新年第一号は「ほうふ」に溢れたメルマガとなりました^^
皆さんはどんな「抱負」を掲げ、どんなことが「豊富」な
一年にしたいとお考えですか?
その内容も大切ですが、それを何にするかしっかり考える
ことこそが、実現への第一歩です!
しっかり自分と向き合い、充実した一年にしてくださいね♪
かくいう私は、今年を人生の大きな分岐点と考えています。
この先10年、20年を見据えてしっかり計画を立てる必要が
ありそうです。
無駄のない一年にするために頑張るぞ~!

それでは今回はここまで。2月の配信もお楽しみに!


・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。


☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
こちらから当メルマガのバックナンバーをご覧いただけます!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-31.html


======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!』
第9号 2013年1月21日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番地
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:http://www.yamasakigiken.co.jp/
営業所:東北/埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡
=======================================================

Posted at:2013.1.21

《メールマガジン YZがゆく!!》 第8号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

              第8号 2012.12.18
          http://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆


こんにちは!山崎技研の竹内です。

もういくつ寝ると・・・クリスマス!仕事納め!年越し!と、
「師走」というだけあって、12月はあっという間に
過ぎ去っていきますね。
南国高知の平野部でもはや雪がちらつくなど、暖かかった秋から
一気に真冬が来たような寒さ!
南国育ちで寒さに弱い私は、これ以上冷え込まないで~と
願うばかりです・・・。
雪の多い地域の方、特に東日本大震災の被災地の方は、
昨年同様、過酷な冬を迎えられていることと思います。
そんな中でも、来年を明るく迎えるために、2012年残りの数日を
健康第一で明るく元気に過ごしましょう^^

それでは、2012年最後のメルマガをお届けします♪

*****************************************************
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
*****************************************************


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) 山崎技研のツボ!!
  ~第7回:YZシリーズの「とりえ」とは~

2) ちょこっとひと息
  ~龍馬パスポートでおトクに観光♪~

3) フライス盤あれコレ
  ~加工機能のあれコレ~

4) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 山崎技研のツボ!!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
様々な視点から、山崎技研のフライス盤の『ツボ』を
お伝えしていくコーナー。

今回は、YZシリーズの得意なことをご紹介したいと思います♪

【第7回 YZシリーズの「とりえ」とは】

工作機械はオールマイティな機械というわけではなく、
それぞれ得意とする加工があります。
例えば、旋盤なら丸物の加工、研削盤なら仕上げ加工などが
挙げられます。
その中で、フライス盤は最も汎用性が高く、オールマイティに
近い加工ができる機械といえます。
そんなフライス盤も細分化すると、それぞれ適した加工があり、
機械と加工内容が合致した時、最大限に持ち味を発揮することが
できるのです。

では、YZシリーズの「とりえ」とは?

それを紐解く鍵は2つあります。
1つ目は、当コーナー第3回でもお伝えした通り、
YZシリーズが「人に好かれる」フライス盤であることです。
全機種共通して、作業者がストレスなく思い通りに動かせる
構造、装備を持つYZシリーズは、人がイメージしながら
機械を操作したり、加工段取りに手間をかけず「今すぐ」に
加工を実行したい、そんな時に力を発揮します。

2つ目は、簡単な加工補助機能を持っていることです。
今や対話形機能がついているのは当たり前ですが、
「簡単、早い、分かりやすい」という部分では、
当社オリジナルのガイダンス機能が優れています。
入力が簡単なだけではなく、そこで指令したことを1つのハンドル
で実行できることも、汎用性を高めているポイントの1つです。

ここから、YZシリーズが得意とするものが見えてきました。
皆さんもうおわかりですよね!
YZシリーズが最も力を発揮できるのは、単品加工や
多品種少量加工、また、高度な加工技術が要される加工です。

こういった加工は段取り替えが多いものや、セッティングに
ひと工夫が必要なものです。
また、実際加工を行う以外の時間を短縮しないと
利益の出にくいものであるため、汎用性が高い機械が
力を発揮するのです。

YZシリーズのとりえ、お分かりいただけたでしょうか?
機種選定の際の参考にしていただけると幸いです。

このお話、皆さんのツボにはまりましたか?

次回もお楽しみに!

★「山崎技研のツボ!」復習はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/tsubo-matome.html
★当社フライス盤の魅力をもっと知りたい!という方はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/
★スタッフブログでも熱く語ります!弊社フライス盤の魅力★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/cat12/


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


春夏秋冬の中で、冬が一番好きな私ですが・・・
それでもやっぱり寒い!!
毎朝、凍っている車にお湯をかけて出勤するのが日課です。

ところで皆さん、年末年始のお休みの予定は決まりましたか?
まだお決まりになってない方!
ぜひ、高知に遊びに来てみてはいかがでしょうか?

ということで、今回は「高知観光をおトクに楽しもう!」
「龍馬パスポート」をご紹介します!

龍馬パスポートとは?

一体何かと言いますと、高知県の主な観光施設、体験プログラム、
ご当地グルメ、道の駅、宿泊施設などに、この龍馬パスポートを
提示するだけで、お得な特典が受けられるパスポートのことです!

面白いのが、3種類あって、青→赤→黒と、それぞれ必要数の
スタンプを集めることでステージアップするんです!
それと共に、特典もランクアップするとのこと。

しかも、意外や意外!(笑)
観光振興の一環として、4月から始まったこの龍馬パスポート。
11月21日に、パスポートユーザーが、なんと20,000人を
突破したらしいのです!!!
http://www.attaka.or.jp/info/dtl.php?ID=606

しかも、龍馬パスポートをネットで調べていると、
ブログで取り上げている方が結構多いことにもびっくり!(笑)
皆さん、楽しんでスタンプを集めているようです。

皆さんも、高知にお越しの際は、「龍馬パスポート」
お試しなってはいかがでしょうか?

【龍馬パスポートをもっと詳しく!】
http://www.attaka.or.jp/ryoma-pass/passport_about.php

【参加施設はここでチェック!】
http://www.attaka.or.jp/ryoma-pass/#_shisetsu

【高知の観光スポット】
http://www.attaka.or.jp/kanko/spot.php

では、また次回☆ 
2013年にお会いしましょう!皆さん、良いお年を!!


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ フライス盤あれコレ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フライス盤のあんなこと、こんなこと...。
知ってるようで実は知らないフライス盤の雑学をご紹介します!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
本日のお題:加工機能のあれコレ
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

今回は、フライス盤の加工機能についてお伝えしたいと思います。
NC機かそうでないかで装備している機能は違いますが、
現在のNCフライス盤、またはマシニングセンタでは、
次の3つの加工方法より選択します。

【1】汎用操作で加工する
まずは手動による加工です。
ハンドルやレバー等を用いて、NC機能を用いず加工を行います。
基準面加工や角出しなど、角度のない直線的な加工であれば
汎用操作での加工が早い場合が多いでしょう。
加工とはまた別ですが、汎用操作が生きるのは段取り時。
基準点を取る時、治具やバイスを載せて傾きがないか測定して
確認する時。汎用操作が最も適している場面です。
また、汎用機では、セッティングから加工まで全て汎用操作
で行います。多種多様な治具を用いることで、NC機同様の
加工を行うこともできます。

【2】対話形機能を使って加工する
汎用操作でできないことを補完するのがNC機能。
その中でも、Gコードなど専門的な知識なしで加工を行うことが
できるのが、対話形機能です。
これは、機械内部の処理としてはNC機能を用いていますが、
作業者は数字入力や選択のみで加工を行うことができるという、
便利な機能です。
特に、円弧や斜めといった、手動操作では難しい加工を、誰でも
簡単に実行できるという部分に大きなメリットがあります。
また、位置決めや直線的な加工に関しても、汎用操作よりずっと
簡単に早く行えることから、手動操作と組み合わせることで
より効率的な運転ができます。

【3】NCプログラムを使って加工する
上記2点に対して、NCプログラム運転はGコードなどの専門
知識が必要で、入力自体に時間はかかりますが、2個目以降の
加工はセッティングしてスタートボタンを押すだけで構いません。
加工数量が多い、使用するツールが多い、などとなった場合には
この方法が効率的です。
複数台の機械を効率良く使用したい場合も同様です。
また近年では、CAD/CAMを用いてプログラム化したものを、
PCからDNC運転(外部インターフェースを介してプログラムを
読み込みながら行う運転)するなど、幅広い加工が可能となって
います。

フライス盤にはこのような加工機能が設けられており、これらを
効果的に選択して使用することで、そのメリットが最大限に
発揮されるのです。

YZシリーズでは、それぞれの加工機能に独自の工夫を施して
います。
そのお話はブログにて!
↓↓
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/12/arekore-08.html


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

「YZがゆく!!」読者の皆さま、今年1年ありがとうございました!
春に開始した当メルマガも、今回で8号を迎えました。
少しずつではありますが、親しみを持っていただけるように
なってきたのではないでしょうか。
来年5月の1周年に向けて頑張っていきますので、
2013年も山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」を
どうぞよろしくお願い致します!
2013年が皆さまにとって幸多き年になるようお祈りしつつ、
今年最後のメルマガを締めたいと思います。
良いお年を~^^

来年1月の配信もお楽しみに!

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。


☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
こちらから当メルマガのバックナンバーをご覧いただけます!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-31.html


======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!』
第8号 2012年12月18日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番地
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:http://www.yamasakigiken.co.jp/
営業所:東北/埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡
=======================================================

Posted at:2012.12.18

《メールマガジン YZがゆく!!》 第7号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

              第7号 2012.11.21
          http://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆


こんにちは!山崎技研の竹内です。

例年より冷え込みが遅いとニュースで伝えられていますが、
各地で初雪が降るなど、もう冬が近づいていますね。
当社は、JIMTOF2012をおかげさまで無事終えることができ、
ほっとしているところです。
当社小間にお立ち寄りいただいた皆さま、ありがとうございました!

★JIMTOF2012のレポートはこちら
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/11/jimtof2012.html

そんなほっとするのもつかの間、年末まであと少し、
これから忙しくなりますね。
何事も早め早めに済ませ、年末年始をゆっくり過ごせるよう
頑張りましょうね!

**************************************************************
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
**************************************************************


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) 山崎技研のツボ!!
  ~第6回:"省エネ"なフライス盤~

2) ちょこっとひと息
  ~今が旬!鰹のマメ知識~

3) YZニュース
  ~きさげ職人・梅原、「土佐の匠」に!~

4) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 山崎技研のツボ!!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
様々な視点から、山崎技研のフライス盤の『ツボ』を
お伝えしていくコーナー。

JIMTOF特集号で1回お休みをしていましたが、
皆さん前回までのお話覚えてますでしょうか?
復習が必要な方は、こちらのバックナンバーから!
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-31.html

復習はバッチリですか?
では、第6回をご覧ください^^


【第6回 "省エネ"なフライス盤】


今や何を作るにしても欠かせないワードである「省エネ」。
節電を強いられている今、工場で使用する電力量は
できる限り低く抑えたいところ。
そういった面から、設備機選びの重要項目として「省エネ」を
挙げておられる方も多いのではないでしょうか。

「そのへん、YZシリーズはどうなの?」と気になっている方
のために、当社フライス盤の「省エネ」についてお伝えします。

まず、省エネな機械というと、最新の高度な技術が使われていたり、
照明をLEDに・・・なんていうイメージがありますよね。
それに対して、当社は構造面を工夫することによって、
省エネな機械を実現しています。

その構造とは、カウンターウェイトによりバランスされた主軸頭です。
これにより、停止時のモーターへの負荷が少なく、
消費電力を抑えることができます。
また、YZシリーズの主軸の駆動には変速ギアが使われています。
主軸とモーターとの間に変速機構を設けることで、
モーターの能力を無駄なく最大限に利用でき、
小さなモーターでも大きな切削力を生むことができるのです。

この二つはいずれも汎用機の構造そのもの。
すべりガイドもそうですが、汎用機って意外と合理的な
構造だったんですよね。
当社はそんな「古くから良い」とされてきたものを変わらず
採用しつつ、改良を続け、独自のフライス盤を生み出しています。


このお話、皆さんのツボにはまりましたか?

次回もお楽しみに!


★当社フライス盤の魅力をもっと知りたい!という方はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/
★スタッフブログでも熱く語ります!弊社フライス盤の魅力★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/cat12/


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

まだまだ秋だと思っていたら、
すっかり寒くなって、お鍋が美味しい
季節になりましたね♪
寒くなるとなぜ食欲がわくのでしょうか(^^)
・・・と言いながら、私は一年中食欲旺盛です。(笑)

とういうことで、今回は今が旬の「鰹(かつお)」について
語りたいと思います!

ところで皆さん、鰹の旬はいつかご存知ですか?
なんと年に2回もあるんです!
春の「初鰹」と、秋の「戻り鰹」。

鰹は、赤道に近い温暖な海域で産卵し、餌を食べながら、
黒潮に乗って北上します。
★「初鰹」...ちょうど、日本近海に来るのが2月下旬~3月上旬の春。
さっぱりとした味わいが特徴です。
そして更に餌を求めて、三陸あたりまで北上します。
★「戻り鰹」...11月頃の秋になると、産卵のためにまた赤道に下りていきます。
たくさん餌を食べて丸々と太っているので、脂が乗っていて濃厚な味わいです。

高知では、鰹はたたきにして頂くのが定番!
タレで食べるのも、もちろん美味しいのですが、
個人的には、塩で頂く「塩たたき」がさっぱりしていて好きです♪
皆さん、是非、今が旬の「戻り鰹」を堪能しに、
高知に遊びに来て下さい(^^)

最後に、高知のマスコットキャクター?
「かつお人間」のご紹介。グロカワイイんです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1108/26/news044.html

★鰹のたたき情報★
高知まるごとネット
http://www.kochi-marugoto.com/kensanpin/katsuo/tataki.html

では、また次回☆


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ YZニュース
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ここでは、当社の最新ニュースをお届けします♪
さて、今回のニュースは!?

============================================================
      きさげ職人・梅原 土佐の匠に認定!!
============================================================

当社ホームページ上でも「きさげ仕上げの匠」として紹介している
組立部の梅原が、このたび平成24年度「土佐の匠」に認定されました!

★「土佐の匠」についてはこちら
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/151301/tosanotakumi-index3.html
★当社ホームページ 匠の紹介(きさげ仕上げ・梅原信一)
http://www.yamasakigiken.co.jp/staff/takumi_02.html

平成8年より認定開始となった「土佐の匠」は、これまで料理から
工芸、建築まで、幅広い職種(業界)の方が認定されています。
梅原は金属加工部門で認定されました。
これまで100名近い認定者の中で、きさげ職人が認定されたのは
初めてのこと!
梅原の、ひいては当社のこれまでの地道な努力が認められたこと、
本当に嬉しく思います。

土佐の匠の認定基準には、「技能の後継者育成に寄与している」
という内容も含まれています。
当社の技術者は、自身の持つ技能で当社のフライス盤を
陰ながら支えるだけでなく、当社の将来を担う後輩への指導にも
力を入れています。
現在は、新入社員がきさげ習得に励んでいます!

認定式の模様はこちら
 ⇒http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/11/post-44.html

当社には各分野で欠かすことのできない「匠」が
まだまだたくさんいます。
またメルマガ、ブログ等でご紹介したいと思います^^

以上、YZニュースでした☆


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

JIMTOF2012では、たくさんの方に「メルマガ見てるよ!」と
声をかけていただき、感激しました!
特に高知の観光情報は皆さん楽しみにしてくださっているようで、
旬の情報をお届けすべく、今回宇都宮の筆に力が入っていました(笑)
普段はお互いに顔を見ることはできない間柄ですが、
毎月のメルマガを通して、身近に感じていただけると嬉しいです♪
今回のニュースもそうですが、皆さんに山崎技研の色んな面を
知っていただけるよう、メルマガ編集部は頑張っていきますので、
これからも応援よろしくお願い致します!

それでは今回はここまで。

12月の配信もお楽しみに!

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。


☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
こちらから当メルマガのバックナンバーをご覧いただけます!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-31.html


======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!』
第7号 2012年11月21日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番地
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:http://www.yamasakigiken.co.jp/
営業所:東北/埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡
=======================================================

Posted at:2012.11.21

《メールマガジン YZがゆく!!》 JIMTOF特集号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

             JIMTOF特集号 2012.10.22
          http://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆


こんにちは!山崎技研の竹内です。

芸術の秋、行楽の秋、スポーツの秋・・・と、楽しみの多い季節、
みなさまいかがお過ごしでしょうか?
私はというと、もっぱら「食欲の秋」で、毎日ごはんがおいしくて
幸せです♪四季があるって素敵ですね^^
さて、今年の秋はそんな楽しみに加え、工作機械業界の
一大イベントがあること、みなさんご存じですよね?
そう、JIMTOF2012が11月に東京で開催されるんです!
弊社も出展いたします!
そこで、今回のメルマガは「JIMTOF特集号」と題し、
弊社ブースの見どころをはじめとして、JIMTOFについての
様々な情報をお届けしたいと思います!


このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) JIMTOF2012のご案内

2) 山崎技研のみどころ

3) ちょこっとひと息・番外編
  ~おのぼりさん、都会へゆく!~

4) JIMTOF検定

5) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ JIMTOF 2012 のご案内
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2年に一度開催される日本国際工作機械見本市 JIMTOFも、
今年で50周年。
第26回となるJIMTOF 2012についてご案内いたします。

<JIMTOF2012 第26回日本国際工作機械見本市>
・会期:2012年11月1日(木)~6日(火) 9:00~17:00
・会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)
・主催:社団法人 日本工作機械工業会
   株式会社 東京ビッグサイト
・出展者数:国内外 691社(5088小間) ※9/3現在
・JIMTOF2012公式サイト: http://www.jimtof.org/jap/index.aspx


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 山崎技研のみどころ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NCフライス盤に特化したラインナップの出品が弊社の特徴です。
JIMTOF2012では、3回連続の出品となる門形NCフライス盤と
あわせて、横形NCフライス盤の新型を参考出品します。
また、ベストセラー機の立形汎用タイプフライス盤も2台出品。
JIMTOF出品メーカーの中では珍しく加工体験が行えるのも
弊社フライス盤ならでは。
フライス盤専門メーカーとして、単品・多品種少量加工に最適な
NCフライス盤をご提案いたします!

◆山崎技研 出展ブース◆
東展示棟 東2ホール E2011
ブース位置についてはこちらからご確認ください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/topics/event/jimtof2012.pdf
◆出品機とその特徴◆
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
①門形NCフライス盤 YZ-1321ATC
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/06.html
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
「高精度・高剛性・省スペース」がコンセプトの門形NCフライス盤。
全軸スケールフィードバック、主軸頭潤滑油冷却装置を標準装備。
門形構造ならではの省スペース。そして、剛性に優れる一体型の
国産鋳物のベッドに加え、今回新たに主軸モーターサイズアップで、
より剛性の高い機械を実現させました。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
②横形NCフライス盤 新型YZB
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/05.html
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
「ちょうどいいサイズ」として根強い人気を誇る横形NCフライス盤
YZBシリーズに新型追加。ストロークサイズが一回り大きい「
新型」は、1m角のワークの加工が可能。ポイントは、弊社初の試みの
Z軸ツイン駆動。センターガイドで剛性のある足回りは、このツイン駆動
により、X-Z方向の直角度にも優れ、ストロークを伸ばしながらも
精度面・剛性面とも抜群の横形機となりました。今回は参考出品で、
今後商品化を予定しています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
③立形NCフライス盤 YZ-8WR
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/02.html
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
Z軸メカ手動式ハンドル、ラック&ピニオン方式の主軸頭上下動で
軽快かつ直感的な手動操作を実現し、接近性・操作性に優れる構造から、
単品加工を迅速にこなすことが出来ます。加工支援にはプログラム不要で
必要最小限の数字を入力するだけの加工ガイダンス機能があり、
人が手動で操作することを意識した機械だからこそ、単品加工では
抜群の人気を誇っています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
④立形NCフライス盤 YZ-352R
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/02.html
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
単品・短納期加工に必要な直感的操作、素早い段取りに対応する構造、
機能を有するシリーズのうち、主軸40番テーパ仕様の軽切削向け
フライス盤です。YZ-8WRと同様に、操作性・接近性に優れる構造と
誰でもすぐ簡単に使える加工ガイダンス機能により、単品加工に特化した
機種となっています。

また、弊社ラインナップは全機種共通して、土台となるベッドは
幅広のガイドを持ち、全軸摺動面には伝統のきさげ仕上げを施しており、
高精度かつ長寿命なフライス盤を実現しています。
普段は見えないそんな特長をご覧いただくため、立形NCフライス盤の
スケルトン(骨組み)も展示予定としています。
単品・多品種少量加工に的を絞ったフライス盤の操作性、接近性の良さ、
加工効率の高さをぜひブースにてお確かめください!!


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
今回はJIMTOF編をお送りしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

今回、私もJIMTOFに参加できることになりました!
こういう機会はなかなか無いので、今からとても楽しみにしています。
展示会はもちろんなんですが・・・
東京に行けるということで、そっちにもワクワクしております。
田舎者ですみません。(笑)

ということで!
会場の東京ビッグサイトや、会場付近の情報をお届けします♪

まずは、「東京ビッグサイト」
館内はとりあえず広い!
方向音痴なので、迷子になりそうです。
≪館内マップ≫
http://www.bigsight.jp/general/guide/index.html

期間限定のイベントもやるみたいですよ!
東京ビッグサイトのシンボルタワー(会議棟)を
緑色でライトアップをするそうです!楽しみです♪
【期間】11月1日~6日(18:00~22:00)
≪詳しくはこちら≫
http://www.tokyo-bigsight.co.jp/newsrelease/pdf/press121016.pdf

後、お時間がある方は、「お台場海浜公園」にも行ってみてはいかがでしょうか?
≪お台場海浜公園≫
http://www.tptc.co.jp/tabid/395/Default.aspx

無料巡回バスに乗れば、お台場の景色も楽しめて、
海浜公園からレインボーブリッジ越しに眺める景色は最高みたいです!
≪無料巡回バス≫
http://www.hinomaru.co.jp/metrolink/odaiba/

お仕事で行かれるとは思いますが、
せっかくの東京も楽しんでみてはいかがでしょう♪
では、JIMTOFでは山崎技研ブースでお待ちしております!!

次回からは、いつも通り、高知の情報をお届けします☆


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ JIMTOF検定
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あなたはどれくらいJIMTOFのこと知っていますか?
開催を前に、予習を兼ねてJIMTOF検定に挑戦しましょう!
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
Q1.今年50年目を迎えたJIMTOF。では第1回目の開催地は?
①.東京
②.名古屋
③.大阪

A1.③大阪
JIMTOFといえば東京というイメージが強いですが、その歴史が
スタートしたのは、高度経済成長期真っただ中、1962年の大阪。
現在の開催地は東京に一本化されていますが、第1回~19回
(1998年)までは、東京・大阪の隔年開催でした。


Q2.来場者数は毎回10万人を超えている。○か×か?
 (入場登録制を始めた1996年以降)

A2.○
最大来場者数(重複含む)を記録したのが2008年の第24回。
世界71の国と地域から169381人来場しました。
このJIMTOFに向けて新製品の開発を行う出展者が多いため、
最先端技術がいち早く発表される場として世界から注目
される展示会となっています。
今回も世界各地から15万人の来場が見込まれています。


Q3.毎回特徴的なテーマを掲げるJIMTOF。さて今回のテーマは?
①地球に、未来に、優しいモノづくり
②匠の技と先端技術の融合
③モノづくり 未来を創る 夢づくり

A3.②匠の技と先端技術の融合
(①は2008年、③は2010年統一テーマ。)
記念すべき50周年となる今回のテーマ、久々に「モノづくり」
が入っていません。
ここ10年ほどは新たな技術開発が見どころといったイメージが
ありましたが、ここにきて原点に立ち返るようなテーマが
掲げられています。
これは、この2年の間に、工作機械メーカー数社がリニアガイドから
すべりガイドへ返り咲く動きが見られたことから来ているのでは
ないでしょうか。
特にこのテーマは、若い世代が先端技術に頼りがちになっている
日本のモノづくりの現状に対する警鐘のようにも思えます。

------------------------------------------------------------
以上3問、いかがでしたか?
各出展メーカーの製品を見るだけでも面白いですが、
テーマやその背景にあることをイメージしながら見てみると、
より興味深いものになるのではないでしょうか。

以上、JIMTOF検定でした☆


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

JIMTOF特集号、いかがでしたか?
2年に1度の工作機械の祭典JIMTOF。
新技術、新製品だけでなく、各メーカーのモノづくりへの姿勢など
もご覧いただける見どころ満載な展示会。
ぜひ足を運んでみてくださいね^^
メルマガ編集部・竹内、宇都宮コンビも参戦いたします!
お客様と直に接することができるめったにない機会。
皆さんとたくさんお話できればと思っています。
ご来場の際は、山崎技研のブースへぜひお立ち寄りください♪

それでは今回はここまで。

11月の配信もお楽しみに!
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。


☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
当メルマガのバックナンバーをご覧いただけるようになりました!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-31.html


============================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!』
JIMTOF特集号 2012年10月22日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番地
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:http://www.yamasakigiken.co.jp/
営業所:東北/埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡
=============================================

Posted at:2012.10.22

《メールマガジン YZがゆく!!》 第5号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

              第5号 2012.09.20
          http://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆


こんにちは!山崎技研の竹内です。

9月に入ってから、不安定なお天気が続いていますが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
東日本と西日本、あまりの天候の違いにニュースを見て
ただただ驚くばかりです。
高知は夜は必ず雨が降り、すっきりしない毎日です。
東日本、特に関東では取水制限が出るほどの水不足とのこと。
秋は過ごしやすく実りの季節なはずなのに・・・。
不安定な残暑の中ですが、お仕事的には「期末」で忙しい方も
多いと思います。
夏の間にたまった疲れが出やすい時期なので、
お体のケアは抜かりなく!

まだまだ夏のテンションが抜けきらないメルマガ編集部、
今月も元気にメルマガをお届けします!!


このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) 山崎技研のツボ!!
  ~第5回:どっしり安定したフライス盤~

2) ちょこっとひと息
  ~高知の台所・日曜市に潜入!~

3) Q&A -あなたの疑問に答えます!-
  ~"エコリース"講座~

4) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 山崎技研のツボ!!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
様々な視点から、山崎技研のフライス盤の『ツボ』を
お伝えしていくコーナー。

今回で5回目。
第1回からご覧いただいている皆さんは、かなりの「YZ通」
になられていることでしょう!
今回のテーマはベッド。
さあ、YZ博士を目指して今日も勉強しましょう~^^


【第5回 どっしり安定したフライス盤】


山崎技研のフライス盤は「背高のっぽ」。
前回そんなお話をしましたね。
でも、「背高のっぽ」というと、何だか強さはないイメージ。
汎用機時代のYZシリーズはそうでした。
それを改善するための徹底的な研究を行った結果が
現在のYZシリーズです。

効果的にリブを入れることで、「重さ=強さ」だった汎用機から
生まれ変わり、高さを保ちつつも軽量かつ丈夫なコラムを
実現したことがその1つです。

もう1点として、全ての土台となるベッドに焦点を当てます。

まず1つ目に、高品質な鋳物にこだわったこと。
受ける側がしっかりしていないと、
機械自体が不安定なのは当然です。
その機械がどんなに高精度な主軸を有していても、
ベッドの質が悪ければ仕上がりの質も落ちてしまいます。
そのため、高品質な国産鋳物を使用しています。

2つ目に、構造面。
箱型対称のセンターガイド方式をとり、
コラムと同じくリブを入れ、軽量化を図りながらも
強いベッドを実現しています。
こだわりはリブの種類。
コラム以上に剛性が求められるベッドには、
「クロスリブ」を入れ、より高い剛性を実現しています。

3つ目に、ガイドの幅。
受ける土台であるベッド自体のサイズだけでなく、
実際に力を受ける「ガイド」という面自体を
広く大きくとっています。
展示会でご覧いただく際に、
「ガイド面広すぎじゃない?」
と言われたりも。
「やりすぎ」と感じられるほどのこだわりがあるんです。

モノでも何でもそうですが、「土台」がしっかりしていることが
安定性、信頼性につながるものです。
山崎技研がベッドへのこだわりが強いのも、
「お客様に安心してお使いいただきたい」という
思いから来ているんです。

このお話、皆さんのツボにはまりましたか?

次回もお楽しみに!


★当社フライス盤の魅力をもっと知りたい!という方はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/
★スタッフブログでも熱く語ります!弊社フライス盤の魅力★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/cat12/


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

昼間はまだまだ暑い日が続きますが、
少しずつ秋めいて来ましたね!
秋と言えば、行楽♪
お出かけには最高ですよね。

今回、皆さんにご紹介するのは、
高知を代表する観光名所「日曜市」!!

毎週日曜日、高知城下町で開かれている街路市。
新鮮な野菜や果物、高知の特産品・名産品がズラリと並びます。
沢山のお店が並んでいるので、何を買うか迷って
しまうくらいです!
高知の美味しい食材を知りたければ、
日曜市に行きましょう!(笑)

★日曜市の詳しい情報はコチラ↓
http://tosagairoiti.ojyako.com/

とはいえ、実は私、日曜市行ったことありませんでした・・・
なので、今回皆さんにお伝えするべく行って参りました!
ほぼ食べ歩き状態でしたが・・・(笑)
ぜひ、レポートも読んでみて下さい!

★☆日曜市の詳しいレポートはコチラ☆★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/09/post-40.html

では、また次回☆


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ Q&A -あなたの疑問に答えます!-
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フライス盤について疑問に思っていること、
困っていることありませんか?
このコーナーでは、ホームページをご覧の皆様から
お寄せいただいた疑問やお悩みに、ズバリお答えいたします!

==< 質問 >=========================================
"エコリース"を使って機械の導入を考えています。
詳しく教えてください。
==================================================

今回は、フライス盤自体の疑問ではなく、フライス盤の導入に関して
このところ非常にたくさんのお問い合わせをいただいている
「エコリース」について、皆さんの疑問を解消したいと思います!


【1】エコリースとは?
地球温暖化対策を目的として、一定の基準を満たす幅広い分野の
低炭素機器をリースで導入した際に、リース料総額の3%を補助する
補助金制度です。
平成23年6月に申込開始となり、今年3月で一旦終了となりましたが、
来年平成25年3月まで延長となりました。
補助率については、今夏全国的に厳しい節電目標が示されたことを踏まえ、
節電対策支援として3%から5%に引き上げとなりました。

また、平成23年11月より、岩手県、宮城県および福島県の東北三県で、
別途条件を満たすリース契約おいて、補助率が10%となる
東日本大震災被災地(東北3県)リース支援事業も実施されています。


【2】対象となる"低炭素機器"とは?
工作機械では、
 ・高効率切削加工機
 ・高効率研削盤
 ・高効率特殊加工機
の3種類が低炭素機器として対象となっています。
フライス盤は「高効率切削加工機」にあたりますね。
その中でも、「油圧ユニットを有していないもの」もしくは
「油圧ユニットを有するもののうちインバーター方式のもの」
という条件があります。

山崎技研のフライス盤は、全機種標準仕様でエコリースの対象機器
なっています!  ※ここ要チェックです!!


【3】エコリースを申請するにはどうすればいい?
エコリースを使用できるのは、「指定リース事業者」のみです。
また、中古機器の購入には使用できません。新規購入の場合のみです。
★指定リース事業者の一覧はこちら
http://www.jaesco.or.jp/ecolease-promotion/supplier/
★リース契約を結ぶ前に、エコリース促進事業制度を利用する申請を
する必要があります。エコリースを利用することをお考えの場合は、
お早めにリース事業者にご相談くださいね。

機械の仕様や、申請時に必要な確認書類について、ご相談・お問い合わせ
などございましたら、営業部 竹内(TEL:0887-57-6222)まで
お気軽にご連絡ください^^


工作機械の導入は、家を買うのと同じかそれ以上の資金が必要となる、
会社の将来を預けるような非常に重要なことです。
「新規設備を導入すること」への足かせを少しでも軽くし、
製造業を取り巻く環境を良くしていくための制度は他にもあります。
こういった制度を利用することで、設備導入へのマイナス要素を
減らすことができますから、そういった機会にはぜひご検討ください。

その他詳細はブログにてお伝えします!
↓↓
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/09/post-41.html


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

当社の近況をお伝えしますと、今年5月より行っている
第4期工事が間もなく終わりを迎えようとしています。
日毎に増える現場作業員、週末の間に驚くほど進む工事!
工場内も完成に向け、少しずつレイアウトを変えたりと、
自然に囲まれゆったりした静かな時間の流れる土佐山田工場が
活気づいた半年間でした。
完成後はもっと活気づくはず!とわくわくしています♪
皆さん、土佐山田工場にお越しいただく際は、ぜひ進化した
工場をご覧ください^^

それでは今回はここまで。

10月の配信もお楽しみに♪

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。


☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
当メルマガのバックナンバーをご覧いただけるようになりました!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-31.html


======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!』
第5号 2012年9月20日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番地
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:http://www.yamasakigiken.co.jp/
営業所:東北/埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡
=======================================================

Posted at:2012.9.20

《メールマガジン YZがゆく!!》 第4号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

              第4号 2012.08.21
          http://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆


こんにちは!山崎技研の竹内です。

蝉の声を聴きながら、夏も終わりに近いな、と何だか寂しく思う
今日このごろ。
皆様お休みはいかがお過ごしでしたか?
お盆には珍しくひどく荒れた天気が続き、大変な思いをされた方が
多いのではないでしょうか。
休み明けは頭がボーっとしてしまうもの。
当メルマガを読んで休みボケを解消させましょう!!

それでは、「YZがゆく!!」第4号スタートです♪


このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) 山崎技研のツボ!!
  ~第4回:背高のっぽなフライス盤~

2) ちょこっとひと息
  ~高知の夏・2012~

3) フライス盤あれコレ
  ~フライス盤の案内役・ガイドとは?~

4) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 山崎技研のツボ!!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
様々な視点から、山崎技研のフライス盤の『ツボ』を
お伝えしていくコーナー。

第4回のテーマは・・・?


【第4回 背高のっぽなフライス盤】


YZシリーズの特徴の一つとしてよく挙げられるのが、
Z軸ストロークが非常にワイドであること。
それは、私の身長では台に乗らないとストロークMAXでは
ハンドルに手が届かなくなってしまうほど...笑

そのルーツは、汎用機時代にありました。

YZシリーズが初めて世に認められたYZ‐8は、2~2.5番
クラスながらZ軸ストロークは540mmと、クラスを超える高さを
持っていました。
それはまさに「中ぐり」機であり、深穴は横型で行うという考えを
覆すものでした。
YZ機は、開発当初から単なる「フライス」盤、「中ぐり」盤ではなく、
形状加工から穴あけまで幅広く行える「フライス盤」だったのです。
この実績から、山崎技研は「フライス盤メーカー」として認められ、
それ以降も、かたくなに「フライス盤」にこだわった製品開発を
続けてきました。

現在でも、「背高のっぽ」はYZ機の代名詞。
標準仕様ももちろんのこと、200mmアップのハイコラムでは
Z軸ストロークの大きさが更に際立ちます。
一般的に、「ハイコラム」というと、標準仕様のコラムの下に
「ゲタ」を噛ませるのが普通。
max、minともにアップするためストロークはそのままです。
それに対し、山崎技研のハイコラムは、専用設計の一体もの。
ゲタは噛ませません。
min位置はそのままながら、max位置が200mm高くなるため、
ストロークも200mmアップします。
これも、フライス盤への弊社のこだわりの一つです。

このお話、皆さんのツボにはまりましたか?

次回は「背高のっぽ」を支える剛性のあるベッドのお話です。
お楽しみに!


★当社フライス盤の魅力をもっと知りたい!という方はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/
★スタッフブログでも熱く語ります!弊社フライス盤の魅力★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/cat12/


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
皆さん、お盆休みはいかがお過ごしになられたでしょうか?
夏、満喫しましたか?

いきなりですが、高知の夏と言えば!よさこい祭り!!


よさこい祭りとは・・・

物凄く簡単に言うと、鳴子(なるこ)を持った踊り子達が、
よさこい節(高知県民謡)に合わせて市内各地の競演場、演舞台、
繁華街を踊り歩くお祭りです。

続きはコチラ↓
http://www.yosakoi.com/jp/AboutYosakoi.html

そんな熱い祭りを体感しに、メルマガ編集部も行って来ました!

高知県を始め、全国から約200チームが参加。
みんなはじけてました!

毎年ながら、踊り子さん達の笑顔は輝いていました♪
本当に楽しそう!!見ているこちらも元気になります^^


よさこいを堪能した後は、お腹を満たしに「ひろめ市場」へ!
ひろめ市場は、様々な飲食店約40店舗、物販店約20店舗が
混在する大きな大衆市場です。

お酒が大好きな高知人はひろめ市場が大好きなんです♪
美味しい料理と、美味しいお酒。そして人との交流。一石三鳥!
高知に来て食べる所に困ったら、とりあえずここに来れば間違いはないです!(笑)

≪ひろめ市場≫
http://www.hirome.co.jp/index.html

皆さんも、来年のよさこい祭りには、是非足を運んで頂きたいなと思います♪
ひろめ市場も忘れずに!(笑)

では、また次回☆

★☆「よさこい祭り・ひろめ市場」詳しいレポートはコチラ☆★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/08/post-37.html


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ フライス盤あれコレ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フライス盤のあんなこと、こんなこと...。
知ってるようで実は知らないフライス盤の雑学をご紹介します!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
本日のお題:フライス盤の案内役・ガイドとは?
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

前回まで、きさげ、ベッドと、フライス盤を支える大事な部分を
学んできました。
今回は、それを生かしてフライス盤の「ガイド」について
勉強しましょう!

何百キロもある鋳物の塊同士が摺り合わさりながら稼働する工作機械。
こんな重い物同士が精度良く動くことを、この仕事を始めたばかりの
頃は不思議に思ったものです。
それを可能にしているのが、フライス盤の案内役・ガイドなんです。


【1】ガイドの役割

ガイド(案内面)とは、工作物を加工する際、お互いに接しながら
相対運動する二つの部品の運動の基準面を指します。
フライス盤はワーク(加工物)と工具を相対運動させてものを形づくる
ものですから、各軸(X,Y,Z)の直線動作を直行に組み合わせて
行う三次元動作を規定するのが「ガイド」です。
一方は自由に動き、もう一方は移動しないよう拘束します。

フライス盤において、ガイドは動きの舵取りを行う非常に重要な役割
を担っています。
そのため、ガイドには以下のような厳しい条件があります。
 ①滑らかに動くこと
 ②荷重や切削力などを受けられること
 ③切削振動を吸収すること
 ④長期間性能や精度が変化しないこと

ガイドの良し悪しが機械の性能をも左右する、重要なものなのです。


【2】ガイドの方式とその特徴

機械の大きさや種類、役割などにより、ガイドの方式は使い分け
られますが、現在工作機械で多く採用されている2種類について
解説します。

●すべり案内●
基準面間に潤滑油を供給し、油の潤滑性を利用してすべらせる
方式です。
ガイド面は焼入れ研磨、キサゲ加工などして仕上げられます。
すべり案内に欠かせない潤滑油は、すべり面に設けられた油溝から
一定時間ごとに供給され、良好な面を保つ役割を果たします。
もう一つ、すべり案内に欠かせないのが「ギブ」です。
切削力などにより、面が浮き上がるのを防ぐため、面同士の間に
宛がう金属のことをいいます。フライス盤では、長年の使用により
摺動面が摩耗した場合には、ギブの締め具合を調整します。
このようにすべり案内は、接触面積が大きく、かつ油だまりによる
振動減衰性にすぐれることから、重切削や重いワークを切削する
機械のガイドに適しています。
その一方で、比較的摩擦抵抗が大きくなるというデメリットも
あります。

●ころがり案内●
コロや玉を基準面上で転がして低いころがり抵抗を利用し、案内
する方式です。
皆さんご存じの「リニアガイド」や「LMガイド」がこれに
当たります。
すべり案内が面と面が接するものであるのに対し、面と玉などの
転動体が接するのがころがり案内です。
一般的に、面にあたるレールの上を、玉の入ったブロックが移動
する仕組みをとります。
この方法は摩擦抵抗が小さく、高速送りを小さな送り力で行うこと
ができるというメリットがあります。
その反面、玉は接触面積が小さく大きな負荷や切削力を受けるには
限界があるため、衝撃力の大きな重切削には不向きとされています。
そのため、アルミ部品加工やグラファイト加工などの軽切削向けの
マシニングセンタに採用されています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
近年、切削工具の発展などにより、機械加工は高速化しているのが
現状です。
その中で、機械のガイドもまた、それに対応できる「ころがり化」
が急速に進んでいるといわれています。
しかし、上記で述べたように、すべり案内、ころがり案内、
それぞれにメリットとデメリットがあるわけですから、
どれもこれもが「ころがり化」する必要はなく、すべり案内にも
適する加工があるのです。

フライス盤選びのポイントの一つとして、覚えておいて
損はありません。
導入を検討されている方は、ぜひ参考になさってください。


山崎技研のフライス盤のガイドについては、ブログにて。
↓↓
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/08/post-38.html


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

お盆休みもあっという間に終わってしまいましたね。
私はお休みは実家に帰り、家族とゆっくり過ごしました。
普段会えない人との再会に喜んだりもしましたが、
子どもたちの「なぞなぞ攻め」に、「ま、まいった...!!」
状態だった私^^;
子どもの集中力と頭の柔らかさに感心しきりでした。
今あの力があれば、メルマガを1本書くのにこんなに
苦労しないのに...(苦笑)
脳の老化って恐ろしい~!!
皆さん頭の体操はまめにしましょうね☆

それでは今回はここまで。

9月の配信もお楽しみに♪

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。


☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
当メルマガのバックナンバーをご覧いただけるようになりました!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-31.html


======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!』
第4号 2012年8月21日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番地
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:http://www.yamasakigiken.co.jp/
営業所:東北/埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡
=======================================================

Posted at:2012.8.20

《メールマガジン YZがゆく!!》 第3号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

              第3号 2012.07.24
          http://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆


こんにちは!山崎技研の竹内です。

梅雨が明けた途端、連日30℃を超す真夏日が続いていますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?
そんな中、メルマガ編集部は暑さも跳ね返す勢いで
精力的に活動しています!

さて、「YZがゆく!!」第3号をお届けいたします。
ごゆっくりお楽しみください♪


このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) 山崎技研のツボ!!
  ~第3回:人に好かれるフライス盤~

2) ちょこっとひと息
  ~海の日には海に良いことを!~

3) フライス盤あれコレ
  ~構造のあれこれ・ベッド型とヒザ型~

4) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 山崎技研のツボ!!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
様々な視点から、山崎技研のフライス盤の『ツボ』を
お伝えしていくコーナー。

前回は、機械に「美しさ」を持たせることがものづくりに
与える影響と、YZシリーズの美しさについてお伝えしました。
第3回を迎えました「山崎技研のツボ!!」。
そのテーマとは・・・?


【第3回 人に好かれるフライス盤】


前回もお伝えしました、創業者の機械に対する想い。

「人間に威圧感を与えるような機械では駄目。
人に好かれる、美しい機械、暖かく、色気があって、
しかも稼働率のいい機械」

今回はこの中の、「人に好かれる」という部分に
スポットを当ててお話したいと思います。


人は、「思い通り」という感覚に安心感を覚えます。
機械操作だって同じです。
自分の思い描いたことを実行できることは気持ち良く、
体も軽快に動くものです。

「人間」と「機械」という全く別のものが
連動することでモノを作り出すのが工作機械。
だからこそ、人が威圧的に感じるものや、
扱うことにストレスを感じるものではいけないのです。
それは特に、単品・少量加工で如実に表れます。
個数が少ないため、段取り替えを始めとする、
人が操作する部分が多いからです。

では、人が思い通りに動かせる機械の条件とは?


それは、ストレスなく操作できるよう、心くばりの
された機械ではないでしょうか。

例えば、汎用タイプでも、マシニングセンタにでも、
全機種共通して装備しているハンドルやレバー、スイッチ類。
ただ装備するだけでなく、人間工学に基づいた
「ちょうどいい場所」に配置するよう工夫しています。
長時間使っても疲れない、頭で考える前に体が先に
動くような使い心地。
機械を動かすのはあくまで「人の意思」であることを
思い出させてくれます。

機械というのは、どこか冷たいものであり、
親しみづらいものですが、当社フライス盤のこういった部分が
「人に好かれる」秘訣なのではないかと思います。


このお話、皆さんの『ツボ』にはまりましたか?


★当社フライス盤の魅力をもっと知りたい!という方はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/
★スタッフブログでも熱く語ります!弊社フライス盤の魅力★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/cat12/


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
長かった梅雨も明けて、いよいよ夏本番ですね!
お祭りに花火大会にと、これから夏のイベントが盛り沢山!
皆さん、暑さに負けずに夏を楽しみましょう♪

ということで!
今回は、山崎技研の夏の恒例行事
「クロダイ稚魚放流イベント」をご紹介したいと思います。

山崎技研は工作機械メーカーとは別に、もう一つの顔があります。
なんと、養殖用の稚魚を育てているんです!
機械と魚!?意外な組み合わせですよね。
なぜ、工作機械メーカーが養殖事業を始めたのか・・・
詳しくはコチラをご覧下さい↓

★㈱山崎技研 水産事業部ホームページ★

稚魚放流イベントは毎年「海の日」に行っています。
今年も7月16日に開催!
クロダイの稚魚約5万尾を放流しました。
参加人数は全体で約250人!!
会場はたくさんの親子でにぎわいました。
子供たちは元気いっぱいで、楽しそうに魚と触れ合っていました♪

子供たちの無邪気な姿を見ると、こちらも自然と笑顔に(*^ ^*)

高知の自然と水産資源に関心を持つきっかけになるよう
これからも社会貢献活動、頑張ります!!


では、また次回☆


★☆「稚魚放流イベント」詳しいレポートはコチラ☆★
http://www.yamasakigiken.co.jp/topics/2012/07/post-32.html


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ フライス盤あれコレ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フライス盤のあんなこと、こんなこと...。
知ってるようで実は知らないフライス盤の雑学をご紹介します!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
本日のお題:構造のあれこれ・ベッド型とヒザ型
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

フライス盤を構造上2つのタイプに分ける、ベッド型とヒザ型。
動きが真逆となるため、使い勝手により「このタイプでないと!」
という好みも人それぞれかと思います。
今回は、これから導入をお考えの方のために、それぞれのタイプの
利点と向いている加工についてお伝えしたいと思います!
※主に、汎用機をベースにお話ししますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【1】ヒザ型

サドルを支える「ニー」が、コラムに沿って上下するのが
ヒザ型です。
ニーの上下により、ワーク側が回転する刃物に近づいていき
加工する方法をとります。
目線の高さでの加工が可能なため、軽量ワークの加工や、
細かい加工をする場合に向いています。
上下動(Z軸)のハンドルがサドルについており、回転する工具
に対してワークを近づけていくという加工方法から、使い勝手は
ベッド型と真逆といえます。


【2】ベッド型

刃物が取り付いている主軸頭がコラムに沿って上下するのが
ベッド型です。
ワークが刃物に近づくヒザ型に対し、回転する刃物がワークに
近づいていき加工する方法をとります。
どっしりとしたベッドの上にワークを載せるため、重量物の
加工や重切削に向いています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

構造一つとっても、様々なタイプがあるフライス盤。
これにより、ワークサイズや加工内容、作業者の好みの
使い勝手など、多岐に渡るニーズに柔軟に応えられるんです。

どちらを使うにしても、工作機械選びに欠かせないのは
実機を触って使い勝手を確かめること。
ぜひ、お客様ご自身とそのお仕事に最適な一台を見つけて
くださいね。


2つのタイプのうち、山崎技研のフライス盤は、汎用機製造当初
からベッド型を貫いています。
そのあたりのお話はブログにて。
↓↓
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/07/post-34.html


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

昨年同様、「節電の夏」なのにこの暑さ...。
自宅ではエアコンはもちろん、扇風機もつけない私。
節電の意識というよりか、もはや意地!
いつの時代!?と言われそうな、「団扇生活(笑)」を送る
私にとって、今年の夏は過酷さを極めそうです(^_^;

一方、山崎技研では、お昼休み事務所の照明を消すなどして、
小さなところから節電に取り組んでいます。
ただこれ、雨の日になると事務所が真っ暗に...。
「手元のおかずが見えない...」という名言をも生んだ節電生活。
無駄をカットしつつも快適に生活を送れるような
節電スタイルを追求することが必要なようです。
皆さんのお勤め先は、どんな風に節電に取り組んでいますか?
ぜひおすすめの節電方法がありましたら教えてください♪

それでは今回はここまで。

8月の配信もお楽しみに^^
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。


☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
当メルマガのバックナンバーをご覧いただけるようになりました!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-31.html


======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!』
第3号 2012年7月24日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番地
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:http://www.yamasakigiken.co.jp/
営業所:東北/埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡
=======================================================

Posted at:2012.7.24

《メールマガジン YZがゆく!!》 第2号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

              第2号 2012.06.15
          http://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆


こんにちは!山崎技研の竹内です。

第2号配信を迎えました、「YZがゆく!」
皆さん創刊号はお楽しみいただけたでしょうか?
「見たよ~!」なんてお声をいただくと、嬉しいやら恥ずかしいやら・・・。
でも、それが私たちメルマガ編集部のやる気の源!
ご意見、ご感想お待ちしております♪

それでは、まだまだやや肩に力に入った第2号!
じっくりご覧ください^^

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) 山崎技研のツボ!!
  ~第2回:フライス盤の「美しさ」とは~
2) ちょこっとひと息
  ~鰹?いやいや高知といえば貝でしょう!!~
3) フライス盤あれコレ
  ~フライス盤 陰の立役者・きさげとは?~
4) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 山崎技研のツボ!!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
様々な視点から、山崎技研のフライス盤の『ツボ』を
お伝えしていくコーナー。

前回は、YZシリーズの名前の由来から、そのコンセプトや想い
をお伝えしました。
第2回のテーマは・・・?

【第2回 フライス盤の「美しさ」とは】

当社フライス盤は、創業者の機械に対する
こんな想いへのこだわりから生まれています。

「人間に威圧感を与えるような機械では駄目。
人に好かれる、美しい機械、暖かく、色気があって、
しかも稼働率のいい機械」

車やバイクなどの嗜好品ならともかく、生産の道具に過ぎない
工作機械に「美しさ」を求めることを、不思議に思うかもしれません。

そこから、今回はYZシリーズの「美しさ」についてお伝えしたいと
思います。

一般的に、機械の姿形を決定づける要因となるのは、「作業性」
そして「コストパフォーマンス」です。
そのバランスがうまく取れているものが「良い製品」と判断され
易いというのが世の流れです。

もちろんそこに「美しさ」なんていう項目があるはずもありません。
機械が美しいことで得られる効果はないと考えられるからです。

にも関わらず、弊社がYZシリーズの理想形に「美しさ」を掲げる
のには理由があります。

「美しいもの」が好きなのは、人間の性(さが)。
それは、対象が人だろうと機械だろうと同じなんだと思います。
美しいからこそ人はそれに惹きつけられ、「道具」としての機械
以上の愛着を感じます。
自分の手足のように扱える機械だからこそ、我が子を育てるような
愛情をもってカタチにしていくことができるのです。

機械をそんな風に感じられることが正しいというわけではありません。
しかし、人の好み一つで「機械加工」という無機的なものが彩られていく。
そんな、一見関係ないようなことが、ものづくりの魅力の
一翼を担っているのではないでしょうか。

では、YZシリーズの美しさとは?

長くなりましたので、続き別記事にてご紹介します。
こちらからご覧下さい!
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/06/post-27.html

人生の苦楽を共にする"相棒"はこういうものがいい。
そんな風に思えてきませんか?


さてこのお話、皆さんの『ツボ』にはまりましたか?


★当社フライス盤の魅力をもっと知りたい!という方はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/
★スタッフブログでも熱く語ります!弊社フライス盤の魅力★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/cat12/


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
梅雨の時期は気分もスッキリしないですね・・・

そんな時は美味しいものを食べて
ハッピーになりましょう♪

ということで!
第2回目は、高知の美味しいお店「萩の茶屋」をご紹介します。

高知では定番!?の海沿いドライブコースにある「萩の茶屋」。
伊勢エビ、焼肉、海賊料理が楽しめます。

しかも、窓際の席では、広い海が一望できて絶景です♪

今回私達が頂いたのは、貝の盛り合わせ。
ハマグリ・ナガレコ・サザエ・アサリ・マテ貝・長太郎貝・・・
網の上で踊る貝達♪(笑)

その他にも"貝汁"や"貝のおじや"も頂いて、
まさに貝尽くし!

新鮮で、とっても美味しかったです!!

今度は焼肉も頂こうと思います!(笑)

皆様も是非、高知の新鮮な貝を堪能して下さい♪


萩の茶屋 
高知県土佐市宇佐町宇佐2739
TEL 088-856-1908
11:00~21:30(L.O.20:30)
定休日 水曜日

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

「山崎技研のひとコマ」

山崎技研には、毎年ツバメが巣を作りにやって来ます。
今年もかわいいヒナ達が生まれています。
巣から顔をちょこんと出してる姿を見て、
いつも癒されています♪
自然が豊っていいですね!


では、また次回☆

★☆「萩の茶屋」詳しいレポートはコチラ☆★


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ フライス盤あれコレ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フライス盤のあんなこと、こんなこと...。
知ってるようで実は知らないフライス盤の雑学をご紹介します!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
本日のお題:フライス盤の陰の立役者・きさげとは?
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

フライス盤の精度、寿命を陰ながら支える「きさげ」。
手仕上げで、機械ではできないもので、これをしている機械は
精度抜群!
そんなイメージありますよね。
でも、なぜ「きさげ」を施すことでそうなるか、説明できますか?
今日は、知っていそうで知らない、「きさげ」について
一緒に学びましょう!


【1】「きさげ」って何?

鋳物が接する重要な部分に対して、ストレスをなくすために
施すのが「きさげ」です。
ノミ状の工具を使用して、鋳物の表面を削り取っていきます。
その語源は、掻き削るという意味の「刮ぐ(きさぐ)」であると
言われています。


【2】何のために「きさげ」をするの?

加工精度が1μm前後といわれる工作機械での加工する場合にも、
発生する熱などにより、僅かな誤差や歪みが生じ、求める精度に
仕上げることは難しくなります。
それに対し、きさげは手作業であるため、摩擦熱が発生しにくく、
歪みを抑えながら機械加工では得られない精度を実現することが
できます。そのため、高精度な機械であればあるほど、部品を組み
立てる際にきさげを施すことには大きなメリットがあります。
また、きさげは摺動面の摩擦を軽減する役割も果たしています。


【3】「きさげ」をすることのメリットは?

摺動面の場合、きさげの凹凸自体が、潤滑油が適度にたまる油だまり
となるため、モノが移動して摩擦が起こったり重心が変わった場合にも
摺動面の潤滑と保護する役割を果たしてくれます。
長期的に見ても、きさげを施した機械が精度維持に優れることは
言うまでもありません。
また、ストロークの両端部分では重力の影響で垂れにより精度が
狂いがちですが、組立の際にきさげにより微調整を行うことによって、
ストロークのどの位置でも均一な精度で加工が行えます。


一見ただのウロコ模様に見える「きさげ」には、こんな奥深さが
あったんですね。
手間暇がかかる作業ですし、近年は次世代への技術の伝承が問題視
されている「きさげ」という工程。
決して外側から見えない機械の精度を陰ながら支える大切なものとして、
フライス盤メーカー山崎技研は、これからも「きさげ」を守り続けます。


★きさげについてもっと詳しく知りたい方はこちら!
 山崎技研のものづくり現場より「きさげ」をご紹介☆彡
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/06/post-24.html
★当社きさげ職人へのインタビューはこちら♪
http://www.yamasakigiken.co.jp/staff/takumi_02.html


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

私にとって、一年で最も憂鬱な季節である6月...。
本号編集中に、四国地方も梅雨入りとなりました。
暑さ+湿気でストレス度MAXなこの時期をどう乗り切るか!?
これが今の私の最大のテーマとなっています^^;
通勤時も雨がうるさい毎日ですが、自然が豊かな高知ならではの
この季節の楽しみもあります。
それは紫陽花!
雨に濡れる色とりどりの紫陽花を見て癒され、毎日和ませて
もらっています。
おいしいものを食べてハッピーになるもよし、
自然に癒されるもよし!
ぜひご自身のスタイルで、憂鬱な季節に楽しみを見つけて、
気持ち良く過ごしてください^^

それでは今回はここまで。

7月の配信もお楽しみに♪

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。

===========================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!』
第2号 2012年6月15日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番地
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:http://www.yamasakigiken.co.jp/
営業所:東北/埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡
===========================================================

Posted at:2012.6.15

《メールマガジン YZがゆく!!》 創刊記念号


◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

             創刊記念号 2012.05.16
          http://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆


はじめまして。
フライス盤専門メーカー 山崎技研の竹内と申します。
この度、ものづくりに関わる皆様に
フライス盤の魅力をもっとお伝えしたい!!
ということでメールマガジンを配信することになりました。
どうぞよろしくお願いいたします!


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) 山崎技研のツボ!!
  ~第1回:『YZ』の正体~
2) ちょこっとひと息
  ~車好きのための秘密のスポットご紹介~
3) Q&A
~あなたの疑問に答えます!!~
4) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 山崎技研のツボ!!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ラインナップはその数30機種を超える
フライス盤専門メーカーである山崎技研。
ここでは当社フライス盤の『ツボ』を
様々な視点からご紹介していきます。

【第1回 『YZ』の正体とは!?】

当メルマガのタイトルにもなっている「YZ」。
初めてご覧になる方もいらっしゃるかもしれませんが、
この「YZ」というのは、当社フライス盤の機種名です。

「ヤマザキ」のYZでしょ?
なんて思っている方が多いんじゃないでしょうか。

でも実は違うんです!
山崎技研はヤマ「サ」キギケンですからね!

では、この「YZ」の由来は何なのでしょう?

アルファベットの並びの最後となる「YZ」。
ここから、当社はYZに「もうこれ以上ない最終形」という
意味を付加し、フライス盤に名付けました。

山崎技研のフライス盤メーカーとしての自負。
常に最高のものを提供するという決意。

こんな思いが込められた「YZ」という名前は、
山崎技研のフライス盤を語る上で
欠かすことのできない存在なのです。


このお話、皆さんの『ツボ』にはまりましたか?


当社フライス盤の魅力をもっと知りたい!という方はこちらから。
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/
当社の歴史を覗いて見たい方はこちらから。
http://www.yamasakigiken.co.jp/company/founder.html


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はじめまして!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
お出かけにちょうど良い季節になりましたね。
大型連休には旅行に行かれた方も多いと思います。
ちなみに私はスポーツ観戦で岐阜県へ行ってきました!
遠かった・・・(笑)

さて、第1回目は会社近くのオススメ観光スポット。
車とバイク好きにはたまらない!!
「四国自動車博物館」をご紹介します。

工場見学で来られたお客様にもよくご案内するんですが、
実はまだ行ったことがなく・・・
今回皆さんにレポートするべく、メルマガ編集部で行って来ました!

「四国自動車博物館」は山崎技研から車で15分。

まず入口を入ると、LEXUS LFAとFERRARI 246GTがお出迎え。
館内は20台以上の車とバイクがずらり。
圧倒されてしまいました(笑)。
普通に生活していたら、見かけることはまずない
車達がいっぱい!

昔の自動車は、愛嬌があって遊び心もあって、
見ていてとても楽しかったです。
自動車好きな方はもちろんのこと、あまり詳しくない方でも
充分楽しめると思います!
高知にお立ち寄りの際には、是非行ってみて下さい♪

では、また次回☆

★☆詳しいレポートはコチラ☆★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-15.html

四国自動車博物館
高知県香南市野市町大谷896
http://www.vistanet.co.jp/museum.htm


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ Q&A ~あなたの疑問に答えます!!~
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フライス盤について疑問に思っていること、
困っていることありませんか?
このコーナーでは、ホームページをご覧の皆様から
お寄せいただいた疑問やお悩みに、ズバリお答えいたします!

==< 質問 >=========================================
これまで外注に出していたフライスや穴あけ仕事を
自社で行いたいと考えています。
フライス盤の導入を検討していますが、全くの素人で、
何をポイントに探せばいいか分かりません。
==================================================

ご相談いただきありがとうございます!
初めて設備する時というのは、
誰に何を聞けば良いのか分からなくて
困ってしまうものですよね。

では、ざっくりとした回答になってしまうかも
しれませんが、お答えしていきますね。

これから新たにフライス盤を導入されるお客様に
絶対に逃して欲しくないポイントがあります。
それは、この2つです。

 ◎操作(入力)が簡単な機械を選ぶ
 ◎アフターフォローが充実しているメーカーを選ぶ

あれ?この条件って・・・
そう、「家電」選びと同じなんです。

テレビだろうがフライス盤だろうが、
メーカーによって機能にそれほど違いはありません。
何が違うかというと、使い勝手、そしてアフターサポートです。

では、それぞれのポイントについて詳しくご説明しましょう。

◆操作(入力)が簡単な機械を選ぶ
どんな時でも頼りになる機械というのは、
「誰でも、すぐ、簡単に使える」ものではないでしょうか。
オペレーターが代わった時。
急な仕事が舞い込んできた時。
操作が簡単な使い勝手の良い機械であれば、
柔軟に対応することができます。

◆アフターフォローが充実しているメーカーを選ぶ
例えば、トラブルが起きた時にすぐ対応してくれる、
仕事のロスを最小限に抑える努力をしてくれる。
こんなメーカーのものなら、安心して使えますよね。
今だけでなく、10年後、20年後も見越した
設備検討を心がけてください。

以上2点を押さえた上で、加工内容に的を絞り、
機種選定を行っていくのが良いかと思います。

参考になりましたでしょうか?

★山崎技研 YZシリーズの操作性
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/

★山崎技研のアフターサービス
http://www.yamasakigiken.co.jp/service/

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
《 あなたのお悩み大募集!》
些細なことでも構いません!皆さんのお悩みをお寄せください。
当コーナーにてズバリお答えいたします!
「Q&Aのコーナー」という件名で
yzinfo@yamasakigiken.co.jp までメールをお送りください♪
あなたのお悩み、お待ちしています!


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました!
初めての試みということで、皆さんに気に入っていだけるか
ドキドキしています・・・。

社内の情報や、高知のことなど、
色んなことを発信していけるものにしていければと思っていますので、
第2回もよろしくお願いいたします!

それでは今回はここまで。

6月の配信もお楽しみに♪

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

※メルマガ配信停止をご希望の方は、このままご返信ください※

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。

============================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!』
創刊記念号 2012年5月16日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番地
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:http://www.yamasakigiken.co.jp/
営業所:東北/埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡
============================================================

Posted at:2012.5.16

メールマガジン 「YZがゆく!!」 バックナンバー

山崎技研が毎月配信しているメールマガジン「YZがゆく!!」のバックナンバーがご覧いただけます。
下記リンクをクリックしてご覧ください!


◆第45号 (2016.12.27配信)
1) JIMTOF2016レポート
2)ちょこっとひと息
  ~フライス盤の模型、ついに誕生!完結編~
3) YZがゆく!!年末プレゼントクイズ
4) 展示会のおしらせ
5) 編集後記


◆第44号~JIMTOF2016特集号~ (2016.11.08配信)
 1) JIMTOF2016のご案内
 2)山崎技研のみどころ
3) ちょこっとひと息
  ~フライス盤の模型、ついに誕生!~
4) JIMTOF2016ガイド
5) 展示会のおしらせ
6) 編集後記


◆第43号 (2016.09.02配信)
1) 山崎技研のツボ!! リターンズ
   ~第3回:人に好かれるフライス盤~
2) ちょこっとひと息
  ~シーカヤック初体験!~
3) ヤマサキな人・出したがり!
  ~営業部(営業業務) 岡林~
4) 展示会のおしらせ
5) 編集後記


◆第42号 (2016.06.22配信)
 1) 山崎技研のツボ!! リターンズ
   ~第2回:フライス盤の「美しさ」とは~
 2) ちょこっとひと息
   ~社員旅行in神戸・洲本の旅~
 3) 百聞は一見にしかず!
   ~第19回:穴あけ新機能 ザグリ加工~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第41号 (2016.04.27配信)
 1) 山崎技研のツボ!! リターンズ
   ~も第1回:『YZ』の正体~
 2) ちょこっとひと息
   ~いちご・おむすび・玉子焼き~
 3) YZニュース
   ~弊社ホームページの新コンテンツをご紹介~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第40号 (2016.02.26配信)
 1) Q&A -あなたの疑問に答えます!-
   ~ものづくり補助金~
 2) ちょこっとひと息
   ~ミソカツ~
 3) YZがゆく!!年末プレゼントクイズ ~答え合わせ~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第39号 (2015.12.25配信)
 1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第14回:フライス盤の歴史~
 2) ちょこっとひと息
   ~ぽん酢しょうゆ・ゆずの村~
 3) YZがゆく!!年末プレゼントクイズ
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第38号 (2015.11.10配信)
 1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第13回:フライス盤の寿命~
 2) ちょこっとひと息
   ~うなぎ処 福~
 3) 百聞は一見にしかず!
   ~第18回:新機能 平面切換(円弧)~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第37号 (2015.08.05配信)
 1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第12回:フライス盤のATC~
 2) ちょこっとひと息
   ~土佐弁講座~
 3) 百聞は一見にしかず!
   ~第17回(特別編):山崎技研の魅力とは~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第36号 (2015.06.16配信)
 1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第11回:フライス盤の"治具"~
 2) ちょこっとひと息
   ~創造広場に潜入!!~
 3) 百聞は一見にしかず!
   ~第16回:新機能 平面切換(斜め)~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第35号 (2015.04.10配信)
 1) Q&A -あなたの疑問に答えます!-
   ~省エネ補助金~
 2) ちょこっとひと息
   ~ひだかへびゅーん~
 3) 展示会のおしらせ
 4) 編集後記


◆第34号 (2015.02.24配信)
 1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第10回:フライス盤の主軸駆動~
 2) ちょこっとひと息
   ~ひな祭り~
 3) YZがゆく!!アンケート 結果発表
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第33号 (2015.01.21配信)
 1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第9回:フライス盤の摺動面~
 2) ちょこっとひと息
   ~ゆずの村~
 3) YZニュース
   ~2015年 私のテーマ~
 4) YZがゆく!!アンケート
 5) 展示会のおしらせ
 6) お詫びと訂正
 7) 編集後記


◆第32号 (2014.12.24配信)
 1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第8回:フライス盤のインターフェース② 対話式~
 2) ちょこっとひと息
   ~寒い日の救世主~
 3) YZがゆく!!アンケート
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第31号 (2014.11.18配信)
 1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第7回:フライス盤のインターフェース~
 2) ちょこっとひと息
   ~高知の卸売市場に潜入!~
 3) JIMTOF2014レポート
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第30号(JIMTOF2014特集号) (2014.10.21配信)
 1) JIMTOF2014のご案内
 2) 山崎技研のみどころ
 3) ちょこっとひと息・番外編
   ~JIMTOF会場周辺のおすすめスポット~
 4) JIMTOFガイド
 5) 展示会のおしらせ
 6) 編集後記


◆第29号 (2014.09.29配信)
 1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第6回:フライス盤と油~
 2) ちょこっとひと息
   ~食欲の秋♪~
 3) 百聞は一見にしかず!
   ~第15回:ティーチング・プレイバック機能②~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第28号 (2014.08.21配信)
 1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第5回:フライス盤のハンドリング~
 2) ちょこっとひと息
   ~クジラをウォッチング!~
 3) 百聞は一見にしかず!
   ~第14回:ティーチング・プレイバック機能①~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第27号 (2014.07.23配信)
 1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第4回:フライス盤の駆動方法・ラック&ピニオン式~
 2) ちょこっとひと息
   ~ぼうしパン作りに挑戦!~
 3) 百聞は一見にしかず!
   ~第13回:加工ガイダンス機能 工具交換編~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第26号 (2014.06.24配信)
 1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第3回:見た目の美しさを際立たせる"塗装"~
 2) ちょこっとひと息
   ~手作りバウムクーヘン体験~
 3) 百聞は一見にしかず!
   ~第12回:加工ガイダンス機能(輪郭プログラム編3)~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第25号 (2014.05.21配信)
 1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第2回:鋳物の剛性アップ・軽量化を実現 ― リブ構造~
 2) ちょこっとひと息
   ~初夏の味わい・土佐小夏~
 3) 百聞は一見にしかず!
   ~第11回:加工ガイダンス機能(輪郭プログラム編2)~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第24号 (2014.04.22配信)
 1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第1回:フライス盤の主要構造材「鋳物」~
 2) ちょこっとひと息
   ~いらっしゃいじゃこー~
 3) 百聞は一見にしかず!
   ~第10回:加工ガイダンス機能(輪郭プログラム編)~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第23号 (2014.03.19配信)
 1) 百聞は一見にしかず!
   ~第9回:加工ガイダンス機能(ポケット加工 アーチ編)~
 2) ちょこっとひと息
   ~高知家の食卓~
 3) 展示会のおしらせ
 4) 編集後記


◆第22号 (2014.02.19配信)
 1) 突撃!!YZインタビュー
   ~第11回:開発者インタビュー~
 2) ちょこっとひと息
   ~手作り和紙体験~
 3) Q&A -あなたの疑問に答えます!-
   ~生産性向上設備投資促進税制について~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第21号 (2014.01.21配信)
 1) 突撃!!YZインタビュー
   ~第10回:フルカバータイプ~
 2) ちょこっとひと息
   ~注目の"おみや" ほうじ茶大福~
 3) YZニュース
   ~2014年 これに注目!!~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第20号 (2013.12.17配信)
 1) 突撃!!YZインタビュー
   ~第9回:MAシリーズ~
 2) ちょこっとひと息
   ~南海の名城・高知城~
 3) 百聞は一見にしかず!
   ~第8回:加工ガイダンス機能(パターン位置決め編)~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第19号 (2013.11.19配信)
 1) 突撃!!YZインタビュー
   ~第8回:RVシリーズ~
 2) ちょこっとひと息
   ~お酒の銀行!?~
 3) 百聞は一見にしかず!
   ~第7回:加工ガイダンス機能(平面編)~
 4) YZニュース
   ~ホームページ新コンテンツのご紹介~
 5) 展示会のおしらせ
 6) 編集後記


◆第18号 (2013.10.22配信)
 1) 突撃!!YZインタビュー
   ~第7回:汎用タイプ"+α"フライス盤 WR+シリーズ~
 2) ちょこっとひと息
   ~紅葉狩りに行こう!~
 3) YZニュース
   ~山崎技研 フライス盤販売50年目の節目を迎える!~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第17号 (2013.09.24配信)
 1) 突撃!!YZインタビュー
   ~第6回:門形NCフライス盤 1100/1300シリーズ~
 2) ちょこっとひと息
   ~高知おすすめのゴルフ場~
 3) 百聞は一見にしかず!
   ~第6回:加工ガイダンス機能(側面編)~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第16号 (2013.08.20配信)
 1) 突撃!!YZインタビュー
   ~第5回:横形NCフライス盤 YZBシリーズ~
 2) ちょこっとひと息
   ~高知の夏・2013~
 3) 百聞は一見にしかず!
   ~第5回:加工ガイダンス機能(ポケット編)~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第15号 (2013.07.23配信)
 1) 突撃!!YZインタビュー
   ~第4回:SGATCシリーズ~
 2) ちょこっとひと息
   ~トマトの王様!?~
 3) 百聞は一見にしかず!
   ~第4回:加工ガイダンス機能(コーナ編)~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第14号 (2013.06.12配信)
 1) 突撃!!YZインタビュー
   ~第3回:SGシリーズ~
 2) ちょこっとひと息
   ~あじさい街道~
 3) 百聞は一見にしかず!
   ~第3回:加工ガイダンス機能(斜め編)~
 4) 展示会のおしらせ
 5) 編集後記


◆第13号 (2013.05.21配信)
 1) 突撃!!YZインタビュー
   ~第2回:NCRシリーズ~
 2) ちょこっとひと息
   ~わら焼き鰹タタキ造り体験!!~
 3) 百聞は一見にしかず!
   ~第2回:加工ガイダンス機能(円弧編)~
 4) YZがゆく!! 1周年特別企画
 5) 展示会のおしらせ
 6) 編集後記


◆第12号 (2013.04.23配信)
 1) 突撃!!YZインタビュー
   ~第1回:YZ-8WR~
 2) ちょこっとひと息
   ~潮風でTシャツがひーらひら~
 3) 百聞は一見にしかず!
   ~第1回:測定機能のご紹介~
 4) 編集後記


◆第11号 (2013.03.18配信)
 1) 山崎技研のツボ!!
   ~最終回:お客様に寄り添い共に歩むフライス盤~
 2) ちょこっとひと息
   ~高知城花回廊で"粋"な春を~
 3) YZニュース
   ~メンテナンスの基礎 定期点検編~
 4) 編集後記


◆第10号 (2013.02.18配信)
 1) 山崎技研のツボ!!
   ~第9回:特殊仕様とYZシリーズ~
 2) ちょこっとひと息
   ~「土佐のおきゃく」へ来てみいや!~
 3) フライス盤あれコレ
   ~メンテナンスの基礎 潤滑油編~
 4) 編集後記


◆第9号 (2013.01.21配信)
 1) 山崎技研のツボ!!
   ~第8回:YZシリーズの豊富なラインナップ~
 2) ちょこっとひと息
   ~みかん通のあなたに送る!土佐文旦の魅力とは~
 3) YZニュース
   ~2013年 わたしの抱負~
 4) 編集後記


◆第8号 (2012.12.18配信)
 1) 山崎技研のツボ!!
   ~第7回:YZシリーズの「とりえ」とは~
 2) ちょこっとひと息
   ~龍馬パスポートでおトクに観光♪~
 3) フライス盤あれコレ
   ~加工機能のあれコレ~
 4) 編集後記


◆第7号 (2012.11.21配信)
 1) 山崎技研のツボ!!
   ~第6回:"省エネ"なフライス盤~
 2) ちょこっとひと息
   ~今が旬!鰹のマメ知識~
 3) YZニュース
   ~きさげ職人・梅原、「土佐の匠」に!~
 4) 編集後記


◆第6号(JIMTOF特集号) (2012.10.22配信)
 1) JIMTOF2012のご案内
 2) 山崎技研のみどころ
 3) ちょこっとひと息・番外編
   ~おのぼりさん、都会へゆく!~
 4) JIMTOF検定
 5) 編集後記


◆第5号 (2012.09.20配信)
 1) 山崎技研のツボ!!
   ~第5回:どっしり安定したフライス盤~
 2) ちょこっとひと息
   ~高知の台所・日曜市に潜入!~
 3) Q&A -あなたの疑問に答えます!-
   ~"エコリース"講座~
 4) 編集後記


◆第4号 (2012.08.21配信)
 1) 山崎技研のツボ!!
   ~第4回:背高のっぽなフライス盤~
 2) ちょこっとひと息
   ~高知の夏・2012~
 3) フライス盤あれコレ
   ~フライス盤の案内役・ガイドとは?~
 4) 編集後記


◆第3号 (2012.07.24配信)
 1) 山崎技研のツボ!!
   ~第3回:人に好かれるフライス盤~
 2) ちょこっとひと息
   ~海の日には海に良いことを!~
 3) フライス盤あれコレ
   ~構造のあれこれ・ベッド型とヒザ型~
 4) 編集後記


◆第2号 (2012.06.15配信)
 1) 山崎技研のツボ!!
   ~第2回:フライス盤の「美しさ」とは~
 2) ちょこっとひと息
   ~鰹?いやいや高知といえば貝でしょう!!~
 3) フライス盤あれコレ
   ~フライス盤 陰の立役者・きさげとは?~
 4) 編集後記


◆創刊記念号 (2012.05.16配信)
 1) 山崎技研のツボ!!
   ~第1回:『YZ』の正体~
 2) ちょこっとひと息
   ~車好きのための秘密のスポットご紹介~
 3) Q&A
   ~あなたの疑問に答えます!!~
 4) 編集後記

Posted at:2012.5.16
前の10件 1  2  3  4  5
ページの先頭へ