株式会社山崎技研

  • 製品情報
  • 製品導入のメリット
  • アフターサービス
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
プロフィール
竹内 薫
竹内 薫
営業部在籍。ホームページの更新や、営業ツール作りなどを行っています。 お問い合わせフォームからでは問い合わせにくい…という方は是非こちらから気軽に声をかけてください♪
E-mail:k.takeuchi@yamasakigiken.co.jp
今の山崎技研
山崎技研のFacebook
月別記事一覧
  • お問い合わせ
  • 製品情報
  • 社会貢献活動
  • 土佐山田工場紹介
  • 匠(技術者)の紹介
  • スタッフブログ「仕事にロマンを求めて」
Google

山崎技研 スタッフブログ

メルマガ編集部がゆく!~ぼうしパン作り~

本日第27回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」
皆さんご覧いただけましたか?
まだご覧になっていない方はコチラ!⇒  メールマガジン YZがゆく!!第27号
今回は、その中のコーナーの1つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします。
メルマガ編集部 宇都宮が詳しくレポートしますよ!!


今回も、再びほどのへ行って参りました!
手作りぼうしパンに挑戦です!!

 ★前回のほどのでの様子はこちら→メルマガ編集部がゆく!~バウムクーヘン作り~

 
いの町にある、自然公園「グリーンパークほどの」を目指して
高知市内から車で走ること約1時間半。(下道)
2回目ですが、やっぱり遠い!(笑)

入口はこんな感じ。

写真 2014-05-31 12 12 49.jpg

道中の山道では、豊かな自然を満喫できます♪

バームクーヘン 003.jpg

 「グリーンパークほどの」は、家族や友達同士でも楽しめる、自然のレジャーランド。

西滝や東滝など美しい自然景観や、アスレチックもあり、

敷地内にはキャンプ場やバンガローも完備されています!

 

 

集合場所の学習館に到着!こちらで受付です。

ちなみに、前回のバウムクーヘン作りから、約1ヶ月しか経っていませんでした。()

ぼうしパン 142.jpg

ところで皆さん、ぼうしパンを知っていますか!?

高知では、パン屋さんやスーパーでほぼ必ず販売されている、ご当地パン。

あまりにも当たり前のように昔から食べていたので、

ぼうしパンが高知のご当地パンなんて、ここ何年かで知ったくらいです!()

 

ぼうしパンが誕生したのは、昭和30年頃。

高知県のパンメーカー「永野旭堂本店」さんが、製造・販売を始めて人気になったパンです。

丸いパンに、ビスケット生地をかけて焼くメロンパンにヒントを得て、

パンにカステラ生地をかけて焼いたら、カステラ生地が丸いパンのまわりに広がって

帽子のつばのようになったことから、「ぼうしパン」という名前が付いたそうです!

 

 

では、早速調理スタート!今回の材料達です(^^)

ぼうしパン 005.jpg

 

余談ですが、皆さんボボちゃんの変化にお気づきでしょうか?

今だに、サッカーW杯仕様です!()

今回は、日本代表もどきのユニフォーム着用でお送り致します!

 

 

まずは、パンの生地から!順番に材料を量ります。

強力粉、グラニュー糖

ぼうしパン 007.jpg ぼうしパン 008.jpg                                

イースト

ぼうしパン 009.jpg ぼうしパン 010.jpg

 

お塩、牛乳

ぼうしパン 012.jpg ぼうしパン 014.jpg

 

 

材料を混ぜていきます。

ぼうしパン 017.jpg ぼうしパン 019.jpg

 

途中でバターを投入!

ぼうしパン 020.jpg ぼうしパン 021.jpg

 

生地がまとまるまで、ひたすら手でこねます!

ぼうしパン 022.jpg

 

だいぶまとまってきました!

ぼうしパン 023.jpg

 

 

この作業、地味に意外と疲れるんです!

お疲れモードの柿本さんを、ボボちゃんも応援!

ぼうしパン 032.jpg

 

 

出来上がった生地を丸めます。

ぼうしパン 036.jpg ぼうしパン 033.jpg

 

ジャン!できました~!!!

ぼうしパン 037.jpg

 

 

ラップをして、お湯を張った発泡スチロールに入れて生地を発酵させます。

ぼうしパン 038.jpg ぼうしパン 043.jpg

 

生地を発酵させている間、ぼうしパンの「みみ」の部分の生地作りです。

帽子で言うと、つばの部分ですね。

 

バターは湯せんにかけ、材料を量ります。薄力粉、黒砂糖。

ぼうしパン 040.jpg ぼうしパン 045.jpg

 

 

 溶けたバターに、薄力粉と砂糖、卵を入れて混ぜ合わせます!

卵はもちろん、土佐ジローの卵です♪

 ぼうしパン 048.jpg ぼうしパン 047.jpg

 

私もお手伝いです!なぜか爆笑してますね。何があったんでしょう。()

出来上がった生地は、冷蔵庫へ!

ぼうしパン 055.jpg ぼうしパン 059.jpg

 

   

生地の発酵を待っている間、火を起こします!

前回のバウムクーヘン作りで経験済みだったので、手馴れたもんです!()

ぼうしパン 065.jpg ぼうしパン 067.jpg

 

ぼうしパン 068.jpg ぼうしパン 069.jpg

 

 

右の写真。うちわで扇いでいるんですが、

勢いがよすぎて、カメラが追いついていません!()

ぼうしパン 072.jpg ぼうしパン 078.jpg

 

 

火の準備が整ったところで、発酵した生地とご対面!

の、前に、パンを入れるお鍋にキッチンペーパーを敷きます。

ぼうしパン 085.jpg

 

やっと、ご対面です♪() 発酵成功!

ぼうしパン 086.jpg

 

 

左:ビフォー                       右:アフター

コピー ~ ぼうしパン 037.jpg ぼうしパン 087.jpg

 

生地をグーパンチして、空気を抜きます。

ぼうしパン 088.jpg

 

 

6等分にします。

ぼうしパン 092.jpg  ぼうしパン 095.jpg

 

 スタッフの方にレクチャーしてもらって、生地を丸めていきます。

これが意外と難しいんです(><)

ぼうしパン 096.jpg  ぼうしパン 101.jpg

 

お鍋に並べます。

ぼうしパン 102.jpg

 

 またまた、お湯を張った発泡スチロールに入れて、発酵させます!

ぼうしパン 106.jpg ぼうしパン 104.jpg

 

 

その間、使った道具を洗ったりと、しばし休憩です。

 

 

 

発酵完了しました!若干、膨らんでいますね!()

ぼうしパン 107.jpg

 

 

ここからは、ラストスパートです!

皆さん、覚えているでしょうか!?

冷蔵庫で寝かせていた、「みみ」の部分の生地がやっと登場です。

丸めた生地にかけていきます。

ぼうしパン 105.jpg ぼうしパン 108.jpg

ぼうしパン 111.jpg ぼうしパン 110.jpg

 

後は焼くだけです!!

ぼうしパン 112.jpg

 

 

少しだけ、炭を除けておきます。

ぼうしパン 116.jpg

 

この状態で少し焼いた後、

ぼうしパン 120.jpg

 

 

除けておいた炭を、蓋の上に置きます。

上からの熱で、上面にも焼き色をつけます!

ぼうしパン 122.jpg

 

 

はい、いかがでしょう!!この手作り感満載のぼうしパン!!

ぼうしパン 126.jpg

 

 

とっても良い匂い(*^^*) 写真でお伝えできないのが残念です!

ぼうしパン 130.jpg

 

 

実食!!

ぼうしパン 133.jpg ぼうしパン 138.jpg

 

私、個人的には、ぼうしパンはみみの部分が好きなんですが、

今回は、初めてパンの部分が美味しいと思いました!()

できたてはホクホクでとっても美味しかったです♪

残りは、お持ち帰りして、翌日の朝食で頂きました(^^)

 

 

ぼうしパン 134.jpg

 

 

こちらのほどので、ぼうしパン作り体験ができるのは、

71日~930日までの期間のみ!

ぜひ、皆さんも高知のご当地パン。手作りぼうしパン。

体験してみて下さい(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted at:2014.7.23
ページの先頭へ