株式会社山崎技研

  • 製品情報
  • 製品導入のメリット
  • アフターサービス
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
プロフィール
竹内 薫
竹内 薫
営業部在籍。ホームページの更新や、営業ツール作りなどを行っています。 お問い合わせフォームからでは問い合わせにくい…という方は是非こちらから気軽に声をかけてください♪
E-mail:k.takeuchi@yamasakigiken.co.jp
今の山崎技研
山崎技研のFacebook
月別記事一覧
  • お問い合わせ
  • 製品情報
  • 社会貢献活動
  • 土佐山田工場紹介
  • 匠(技術者)の紹介
  • スタッフブログ「仕事にロマンを求めて」
Google

山崎技研 スタッフブログ

《メールマガジン YZがゆく!!》 第27号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

              第27号 2014.07.23
          http://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆


こんにちは!山崎技研の竹内です。

長かった梅雨も明け、いよいよ夏本番!
そんな中、7月21日の海の日に毎年恒例の「稚魚放流イベント」
を開催しました。
生きているお魚に触れるのが初めてのお子さんもいて、
イベントは大盛り上がり!
暑い中ご参加いただきありがとうございました^^

それでは、メルマガ27号をお楽しみください♪


*****************************************************
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
*****************************************************


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
   ~第4回:フライス盤の駆動方法・ラック&ピニオン式~

2) ちょこっとひと息
  ~ぼうしパン作りに挑戦!~

3) 百聞は一見にしかず!
   ~第13回:加工ガイダンス機能 工具交換編~

4) 展示会のおしらせ

5) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ そこどけそこどけ"ましーん通"る!!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このコーナーでは、工作機械 なかでもフライス盤の「通(つう)」を
目指して、フライス盤の様々な情報をお届けします!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
第4回:フライス盤の駆動方法・ラック&ピニオン式
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

フライス盤の動きを見て、それぞれ何百キロもあるパーツが
スムーズに動くのはなぜだろう?と不思議に思うことは
ないでしょうか?

駆動源はモーターであったり人力であったりと様々ですが、
それがどのように伝わり機械が稼働するか、皆さんご存知ですか?

今回は、YZシリーズの2軸制御機のZ軸に使われている
「ラック&ピニオン式」について解説します。

まず、ラックとピニオンとは何でしょうか?
ラックは、歯車をまっすぐに伸ばした形状の歯車の一種です。
ピニオンは、ラックにかみ合う小歯車です。
回転しているピニオンがラックにかみ合うことで、
ピニオンの回転運動を直線運動に変換することができる
というのが、ラック&ピニオンのしくみです。

この機構が使われているものとしてよく知られているのが自動車。
ハンドルの回転運動を、タイヤの方向を決めるバーの直線運動に
変えるというものです。

このラックに対して、比較されることが多いのが「角(台形)ネジ」。
汎用機でよく使われていましたよね。
ラックにかみ合うのがピニオンギアであるのに対し、角ネジでは
ナット(メネジ)がかみ合います。そのため、角ネジのピッチに
応じたハンドル送り速度となります。
一方、ラック&ピニオンの場合は、ハンドル送り速度はラック側
のピッチ、ピニオンギアの歯数で決まります。
そのため、送り速度を高めて軽快な運転をしたいという場合には、
ラック&ピニオンが適しています。

ラック&ピニオンと角ネジ、1台でこの両方を採用しているもの
があります。汎用旋盤です。
早く動かしたい往復台の送りにラック&ピニオン、微送りが
必要な刃物台の送りに角ネジが採用されています。

それでは、YZシリーズの2軸制御機(Rシリーズ)では
どのように使われているかご説明しましょう。

主軸頭についているZ軸のメカ手動ハンドルに取り付いている
シャフトの逆側に、ピニオンギアが付いています。
ハンドルを回すとピニオンギアも回ります。
このピニオンギアは主軸頭の摺動面側に出ており、
コラムの2本の摺動面の間に内側向きに取り付いているラックと
かみ合うようになっています。
このような構造から、ハンドルを回すことで、軽快に主軸頭を
上下に動かすことができるのです。

ちなみに、いくらギアがかみ合う構造といっても、
何百キロもの重量のある主軸頭を人力で動かすというのは
無理なこと。
それが可能なのは、主軸頭と同重量のバランス(おもり)が
コラム内にあり、カウンターバランスしているからなんです。

NC制御のフライス盤は、パルスハンドルの動きをサーボモーター
で指令するため、モーターの力で各部分を動かしています。
Rシリーズでいうと、X軸とY軸がこの制御です。
それに対して、カウンターバランスの補助を使って人力で
ハンドルを回すラック&ピニオン式では、Z軸方向の切込み
の感覚がダイレクトに手に伝わるというメリットがあります。
ボール盤を使っているような感覚です。

今回は、ラック&ピニオン方式のお話でした。
次回もお楽しみに!

★弊社フライス盤・YZシリーズに共通した特長はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/tsubo-matome.html
★フライス盤の基礎知識はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/arekore-matome.html
★製品ラインナップはこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

今回も、いの町にある、
自然公園「グリーンパークほどの」へ行ってきました!
前回の予告通り、高知のご当地パン「ぼうしパン」作り
挑戦してきました~(^O^)

ぼうしパンが誕生したのは、昭和30年頃!
高知県のパンメーカー「永野旭堂本店」さんが、
製造・販売を始めて人気になったパンです。
丸いパンに、ビスケット生地をかけて焼くメロンパンにヒントを得て、
パンにカステラ生地をかけて焼いたら、カステラ生地が丸いパンのまわりに広がって
帽子のつばのようになったことから、「ぼうしパン」という名前が付いたそうです!

私も小さい頃からぼうしパンは大好きで、
当たり前に食べていたので、ご当地パンと知った時は衝撃でした!(笑)

今回は、お鍋で作るぼうしパン。
奮闘の模様は、ブログにてご覧下さい★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2014/07/post-63.html

では、また次回(^^)



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 百聞は一見にしかず!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
古くからのことわざにもあるように、百聞は一見にしかず!
ここでは当社フライス盤の動画の紹介を通して、カタログや
HPだけでは分からない"リアルな魅力"をお伝えします。

古くからのことわざにもあるように、百聞は一見にしかず!
ここでは当社フライス盤の動画の紹介を通して、カタログや
HPだけでは分からない"リアルな魅力"をお伝えします。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 第13回:加工ガイダンス機能 工具交換編
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

数字入力のみで簡単に加工が行える加工ガイダンス機能。
今回は、3軸ATC付き機種のみについている工具交換機能を
ご紹介します。

NCプログラムの中での工具交換は簡単ですが、ATCを使って
手動操作で工具を交換するとなると、一般的なNCフライス盤では
下記のようなプログラムを組み、MDI運転モードでこれを実行
しなければなりません。
  G91 G30 G0 Z0;
  T1 M6;
この操作を面倒に感じている方、けっこういらっしゃるのでは?

そんな方にオススメなのが、加工ガイダンス機能の「工具交換機能」。
今回は、その手順を動画でご紹介しましょう。

ガイダンスメニューから「工具」を選択します。
すると画面には、ATCのマガジンの図が表示されます。
その図の中には、ツール毎に2つの番号が表示されています。
マガジンのポット番号と、ツール番号です。
画面右下に呼び出したいツールもしくはポット番号を入力する欄が
ありますので、そこへいずれかの番号を入力し、「入力終了」を押します。
あとは手元のガイダンスレバーを倒して実行するだけ。

ちなみに、この工具交換機能では、工具の交換を行うだけでなく
工具を交換した後、工具交換前の位置へ戻るところまで
自動的に行います。
行う操作をNCプログラムと比較してみましょう。
①Z軸工具交換位置まで移動する
 G91 G30 G0 Z0;
②テーブル(ワーク)を逃がす
 G30 X0 Y0;
③工具を交換する
 T1 M6;
④工具交換前の位置に戻る
 G90 G54 X~ Y~;
この①~④の動作を、ポットもしくはツール番号の入力だけで
自動的に行うことができるのです。

それでは、動画にて動きをご確認ください。
↓↓

どうでしたか?簡単ですよね?
YZシリーズは基本オープンタイプですから、交換時間は他社の
マシニングセンタに比べて遅く感じると思いますが、その分だけ
入力時間を短縮しているわけです。

こうした操作の簡単さに加え、ガイダンス表示画面上の図も
ポイントの一つです。
ATCを見たままの図が表示されているので、取り出したい
工具のツール番号が分からなくても、外から見て何番の
ポットに入っているかさえ分かれば交換できるのです。

------------------------------------------------------------
今回は、ガイダンス機能の「工具交換」メニューをご紹介しました。
いかがでしたか?
加工以外でも操作が分かりやすく簡単であることがお分かり
いただけたと思います。

次回もお楽しみに!

★過去の動画はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/movie-matome.html


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 展示会のおしらせ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このひと月の間に弊社が出展する展示会をお知らせします。
詳細はこちらからご確認ください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/topics/event/index.html

◆第38回 北海道どてらい市
7月26日(土)~27日(日) アクセスサッポロ(札幌市)
出品機:YZ-8WR

皆様のご来場を心よりお待ちしております!



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

今年で8回目となった稚魚放流イベントですが、実は稚魚の無償放流
は昭和54年から地道に行ってきた息の長い活動です。
高度経済成長期の環境汚染により魚が激減したことを聞きつけた
創業者の、「もう一度豊かな生命あふれる海を取り戻したい」
という思いのもと立ち上げた養魚事業。
そういった自然環境保護の意識が、これからを担う子どもたちに
広がるきっかけになればとイベント化し、今では毎年100名もの
子どもたちが自然や生き物とふれあい、命の大切さを学んでいます。
今年も多数のお申し込みをいただきありがとうございました!
また来年、お会いできることを楽しみにしています^^

それでは今回はここまで。次回もお楽しみに♪
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。


☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
こちらから当メルマガのバックナンバーをご覧いただけます!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-31.html


======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!!』
第27号 2014年7月23日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:http://www.yamasakigiken.co.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/yamasakigiken
Twitter:https://twitter.com/yamasakigiken
営業所:埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡/東北
=======================================================

Posted at:2014.7.23
ページの先頭へ