株式会社山崎技研

  • 製品情報
  • 製品導入のメリット
  • アフターサービス
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
プロフィール
竹内 薫
竹内 薫
営業部在籍。ホームページの更新や、営業ツール作りなどを行っています。 お問い合わせフォームからでは問い合わせにくい…という方は是非こちらから気軽に声をかけてください♪
E-mail:k.takeuchi@yamasakigiken.co.jp
今の山崎技研
山崎技研のFacebook
月別記事一覧
  • お問い合わせ
  • 製品情報
  • 社会貢献活動
  • 土佐山田工場紹介
  • 匠(技術者)の紹介
  • スタッフブログ「仕事にロマンを求めて」
Google

山崎技研 スタッフブログ

メルマガ編集部がゆく!~初夏の味わい 土佐小夏~

本日第25回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」
皆さんご覧いただけましたか?
まだご覧になっていない方はコチラ!⇒メールマガジン YZがゆく!!第25号
今回は、その中のコーナーの1つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします。
メルマガ編集部 宇都宮が詳しくレポートしますよ!!


 

南国土佐の初夏の旬と言えば、「小夏(こなつ)」
旬なのは4月~6月。まさにシーズン真っ只中!!

小夏 014.jpg

高知では小夏と呼ばれる柑橘。

宮崎県では日向夏(ひゅうがなつ)、愛媛県ではニューサマーオレンジと

呼ばれています。

 

もともと高知で生まれた果物ではなく、18世紀初めに宮崎県のとあるお宅で

発見されたそうです。

偶然実をつけた「偶発実生」。詳細は不明だそうですが、

果実の特徴から、柚子が突然変異したものと考えられているとか!?

 

高知に入ってきたのは、明治22年~24年頃。

南国市の徳橋喜三郎さんという方が、宮崎県滞在中に苗木を郷土へ送ったのが

始まりだそうです。

 

ではでは、さっそく食してみたいと思います!

 

小夏 016.jpg

リンゴの皮をむくように、ナイフで表面の皮を薄くとります。

この時、白いふわふわの部分(甘皮)は残しておくのがポイント!

この白い甘皮と一緒に食べることで、小夏の爽やかな酸味と

ほどよい甘みがちょうど良いバランスになります♪

 

  

ジャン!!きれいに仕上がりました!()

小夏 020.jpg

 

 

このまま、一口サイズにスライスして出来上がりです!

小夏 023.jpg

 

 いや~、光ってますね!!

決して、やらせではありません!()

 

そのまま食べるのはもちろん、ヨーグルトに入れたりジュースにしたり、

味わい方も様々♪

 

小夏には、ビタミンCやクエン酸が多いので、疲労回復にも役立ち、

高血圧予防にも効果があると言われています。

 

美味しい上に、健康にも良いなんて、ありがたいですね~

 

 

今回は、宿毛市にある、高知県では有名な久保農園さん

小夏をお取り寄せしました!

 

小夏 007.jpg

 

写真でも分かるように、みずみずしくて、

甘みと酸味のバランスが絶妙!!美味しくて何個でも食べれそうです。()

 

ぜひ、皆さんも旬なこの時期にご賞味あれ♪

 

久保農園さんの土佐小夏 ご購入はコチラから↓↓

http://www.anshindo-d.jp/anshindo/shop_title/407.html

 

 

 

Posted at:2014.5.21
ページの先頭へ