株式会社山崎技研

  • 製品情報
  • 製品導入のメリット
  • アフターサービス
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
プロフィール
竹内 薫
竹内 薫
営業部在籍。ホームページの更新や、営業ツール作りなどを行っています。 お問い合わせフォームからでは問い合わせにくい…という方は是非こちらから気軽に声をかけてください♪
E-mail:k.takeuchi@yamasakigiken.co.jp
今の山崎技研
山崎技研のFacebook
月別記事一覧
  • お問い合わせ
  • 製品情報
  • 社会貢献活動
  • 土佐山田工場紹介
  • 匠(技術者)の紹介
  • スタッフブログ「仕事にロマンを求めて」
Google

山崎技研 スタッフブログ

メルマガ編集部がゆく!~トマトの王様 徳谷トマト~

本日第15回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」
皆さんご覧いただけましたか?
まだご覧になっていない方はコチラ!⇒メルマガ「YZがゆく!!」第15号
今回は、その中のコーナーの1つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします。
メルマガ編集部 宇都宮が詳しくレポートしますよ!!


夏野菜といえば、浮かんでくるのは真っ赤なトマト!
氷水に冷やして食べると美味しいですよね~♪

ただ美味しいだけではなくて、栄養も満点!
赤い色に含まれる「リコピン」という色素には、抗酸化作用があり、がん予防、老化防止、
高血圧や動脈硬化を予防してくれる働きがあるんです!
ビタミンCもたっぷり含まれているので、美肌効果も♪

そんな健康に良いトマト、せっかく食べるならおいしいトマトを食べたいですよね!
美味しいトマトに出会うべく、今回取材にお邪魔したのは、
高知市桜井町にある、果物屋の「フルーツショップ オザキ」さん(^^)
お店のご主人に色々とお話しを伺ってきました!

 

「一番おいしいトマトはどこのトマトですか!?」

徳谷トマトやね!!」

 

徳谷トマトとは、高知市の徳谷地区で生産されたトマト。
徳谷地区は、土地が海面より低い所に面していて、畑のすぐ横に、
堤防を隔てて川と海水の混じる汽水域があり、自然現象でろ過された塩分が
土に混ざっています。一般的に作物が育たない塩分濃度が強い土壌なんです。
過酷な条件の中、長い年月をかけ、独自の栽培技術により、ミネラルを旨みとし、
甘さを凝縮させた濃厚なトマトを生産しています!(フルーツショップオザキHPより抜粋)

 

これが、その徳谷トマト!きれいな色ですね~

お値段 約5,000円(◎O!! 

 とまと 003.jpg

 

こんな小粒ちゃんもありました!

ちなみに、トマトは小さいほど味が凝縮されて甘く、

大きいほど味が薄くなっていくそうです。

とまと 006.jpg 

 

ご主人のご好意で、贅沢な事に、1個 試食をさせて頂きました!

この断面!おいしそうでしょ~

とまと 008.jpg 

食べてみると、本当においしい!!!

いつもスーパーで買って、食べてるのと全然味が違う!

甘くて、フルーツみたい♪でも旨みもしっかり!

 

 

ってことで、比較してみました。()

左側が普通のトマト。右側が徳谷トマト。見ただけで、徳谷の方が濃厚そうですよね! 

とまと 012.jpg 

 

普通のトマトも充分においしいんですが、徳谷は更に美味!

事務所のみんなで食べ比べをしてみましたが、やっぱり味が全然違うみたいです。

なんせ、この1パックで1,000円もするんですから・・・

 

高いと思うかも知れませんが、食べてみたら納得のお値段です!

 

ご主人がおっしゃるには、サラダに入れて食べると、サラダ全体の味が変わるんだとか。

脇役だったトマトが主役に躍り出るそうです!

それだけトマト本来の味がしっかりしてるんですね~

 

自分用ももちろんですが、贈り物にももってこいなので、

お中元の品でも良さそうですね!

 

ただ、皆さんごめんなさい・・・

トマトのおいしい時期は16月。一番旬なのは34月だそうです。

7月だと勘違いしてましたー!!

しかし!この時期でも購入することは可能です♪

フルーツ感覚で食べれて、味のバランスも良し!な徳谷トマトを

ぜひご賞味あれ♪

 

 

フルーツショップオザキHPはこちら!(購入もできます)

http://www.fruits-ozaki.com/

Posted at:2013.7.23
ページの先頭へ