株式会社山崎技研

  • 製品情報
  • 製品導入のメリット
  • アフターサービス
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
プロフィール
竹内 薫
竹内 薫
営業部在籍。ホームページの更新や、営業ツール作りなどを行っています。 お問い合わせフォームからでは問い合わせにくい…という方は是非こちらから気軽に声をかけてください♪
E-mail:k.takeuchi@yamasakigiken.co.jp
今の山崎技研
山崎技研のFacebook
月別記事一覧
  • お問い合わせ
  • 製品情報
  • 社会貢献活動
  • 土佐山田工場紹介
  • 匠(技術者)の紹介
  • スタッフブログ「仕事にロマンを求めて」
Google

山崎技研 スタッフブログ

《メールマガジン YZがゆく!!》 第14号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

              第14号 2013.06.12
          http://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆


こんにちは!山崎技研の竹内です。

梅雨入りしたのに雨が少ない、変なお天気が続いていますね。
そのせいか(?)、弊社事務所の軒下に最後に巣作りしたツバメは
まだ巣立たず、毎日元気な声を聞かせてくれています。
ツバメが巣を作るところは商売繁盛すると言われ、縁起が良いもの
ですが、ここ数年はその数の多さに悩まされているのも事実です^^;
巣の数だけ福が来ますように・・・と祈りながら、ツバメの成長を
見守りたいと思います♪

それでは、YZがゆく!!14号をお楽しみください^^


*****************************************************
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
*****************************************************


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) 突撃!!YZインタビュー
  ~第3回:SGシリーズ~

2) ちょこっとひと息
  ~あじさい街道~

3) 百聞は一見にしかず!
  ~第3回:加工ガイダンス機能(斜め編)~

4) 展示会のおしらせ

5) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 突撃!!YZインタビュー
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
わたくし竹内が、YZシリーズを機種ごとにインタビューし、
その魅力をお伝えしていくコーナー。
第2回は、NCフライス盤「NCRシリーズ」。
さあ、どんな話が飛び出すのでしょうか~?

.................................................................................................................................
 第3回:NCフライス盤 SGシリーズ
.................................................................................................................................

「一般的なNCフライス盤」という面で、先月インタビューした
NCRシリーズと違いが分かりにくいSGシリーズ。
見た目はほとんど同じだけど・・・?
この記事を読んだらそんなことは言わせませんよ!
それぞれの機種の持つ個性を中心にお話しを伺いました。

―【竹内(以下 T)】まずは、ご自身の特長を教えてください。
NCRシリーズと比較して、の方が分かりやすいでしょうか?

【SGシリーズ(以下 S)】「そうですね。見た目はほぼ一緒ですが、
明確な違いがあります。それは主軸モーターです。NCRシリーズが
汎用モーターであるのに対し、私はサーボモーターです。」

―【T】それによって、作業者にとってどんな違いがあるんですか?

【S】「まずは回転数の設定ですね。NCRシリーズは、主軸頭左側の
変速ハンドルを回す必要があります。ハイ/ローの切替も必要です。
それに対して私は、操作盤上に変速のダイヤルがありますから、
手先で簡単に変速することができます。ハイ/ローの切替も自動変速
なので必要ありません。NCプログラム運転の場合には、私はS指令で
回転指令を出すことができます。
次に回転と送りの同期です。サーボモーターは同期が取れますから、
リジットタップやファインボーリングが可能です。NCRシリーズは
タップ加工を行うにはタッパーが必要ですから、SGシリーズはできる
ことに幅があると言えるでしょう」

―【T】なるほど。見た目はほぼ同じなのに、かなり違いがあるん
ですね。NCRシリーズとSGシリーズ、どちらでもできるけれども、
確実に、効率良く行えるのがSGシリーズなんですね。

【S】「そうです。その例の一つとして、リジットタップを汎用化できる
機能を挙げましょう。これをハンドリジットタップ機能と呼んでいます。
通常、NCプログラムで組んだタップ加工の固定サイクルは、一旦
サイクルスタートすると途中で止めることはできません。タップ加工と
いうと、最終工程であることが多く、絶対にミスしたくない工程であると
いえます。そこで、このリジットタップを手動でできる機能を盛り込み
ました。XYZ軸から独立した緑のハンドルの操作でリジットタップを
実行するんです。

―【T】前回、NCRシリーズにお話しを伺ったデバックハンドル
ですか?

【S】「そうです。NCRシリーズは先ほどご説明した通り、主軸モーター
が汎用モーターですから、同期が必要であるリジットタップやオリエン
テーションが必要なファインボーリングができないのに対して、私は
主軸の制御が確実にできるため、手動でのリジットタップが可能なんです。
サイクルに入って実際加工に入る前に指令の間違いに気付くことができれば、
ワークを傷つけることなくプログラムを訂正することができます。また、
こういった機能のおかげで、加工をしながらデバックをすることができる
ようになり、1個目=デバックとなり、加工時間の短縮にもつながります。
このハンドリジットタップ機能でもう一つ嬉しいのが、「手戻し」機能。
加工の間違いを加工に入ってから気付いた場合、または途中でタップが
折れてしまった場合、同期をとった状態で抜き出すことができるんです。

―【T】え、そんなことが可能なんですか?

【S】「もちろん折れた場合はその程度にもよります。しかし、穴深さ
指定の間違いに早く気付けた場合など、品物をペケにするのを回避する
ことができますから、この機能があるメリットは大きいですよね」

―【T】作業者にとってミスを少なくするための努力は必要ですが、
もしもの時に頼れる機能があることは嬉しいですね。その他にアピール
したいことはありませんか?

【S】「そうですね、主軸モーターの馬力と剛性面についてもお伝えして
おきたいですね。最後まで比較になりますが、NCRシリーズが主軸
モーター3.7kw(一部5.5kw)であるのに対して、私は7.5/11kwで、馬力も
あり、剛性面も優れています。力、剛性の必要な加工をする場合は、
SGシリーズをお選びいただくのがいいかと思います。

―【T】NCRシリーズとの違いも含めて、特徴が良く分かりました。
ありがとうございました。


★YZシリーズに共通した特長はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/tsubo-matome.html
★製品ラインナップはこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

だいぶ暑くなって来ましたね!
事務服の合服に耐えられなくなり、5月の末から既に
夏服に衣替えをしてしまいました。(笑)
高知県も梅雨入りして、毎年の事ながらじめ~っとした暑さが
続くんだろうなと思っていましたが、なんだか昨年よりも雨が
少ないような...。

とは言え、梅雨は湿気も多いし、洗濯物は乾きにくいしで
すっきりしませんよね。

しかし!そんな憂鬱な気分を癒してくれるのが、
色とりどりの「あじさい」です♪

私のお気に入りスポットは、野市町の「あじさい街道」です(^^)
香南市野市町の父養寺から西佐古までの用水路に沿って、
約1.2kmの区間にあじさいが咲いています。
なんと、13種類ものあじさいが植えられているそうです!

20年程前に、ゴミの不法投棄がされることがあったこの場所に
「あじさいを植えたら不法投棄がなくなるかもしれない」
という思いから、あじさいを植える活動が始まったそうです。
今では不法投棄もなくなり、あじさいが咲く6月には
たくさんの人々が訪れるあじさいの名所となりました。

あじさいがずらーっと咲いている様子は、とても綺麗で圧巻です!
★その様子はレポートにてご覧下さい♪★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2013/06/post-51.html

ちなみに、ここでは同時期にホタルも見ることができます!
本当にキレイで、毎年癒されています(*^^*)

梅雨は憂鬱になりがちですが、あじさいとホタルに癒してもらって、
じめ~っとした梅雨を乗り切りましょう!!

では、また次回(^^)



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 百聞は一見にしかず!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これまで色んな記事を通して、当社フライス盤YZシリーズの
特長をお伝えしてきましたが、古くからのことわざにもあるように、
百聞は一見にしかず!
ここでは当社フライス盤の動画の紹介を通して、カタログや
HPだけでは分からない"リアルな魅力"をお伝えします。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 第3回: 加工ガイダンス機能(斜め編)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

数字入力のみで簡単に加工が行える加工ガイダンス機能。
今回は、斜め直線加工をご紹介します。

このメニューでは、X・Y軸に平行な直線、角度を持った斜めの
直線の加工ができます。
入力項目は、始点 (X1,Y1)、終点(X2,Y2)、角度A、工具径φです。
今回は、角度を持った斜めの直線の加工の方法についてご紹介します。

このメニューでは、始点、終点、角度全てに入力してはいけません。
①始点と終点、②始点と角度、③角度のみ
このいずれかの指定方法となります。
図面での指示として最も多いのは、②始点と角度です。
始点 (X1,Y1)、角度A、工具径φに入力後、「入力終了」ボタンを
押す時に刃物の位置がその直線より右側にあるか左側にあるかで、
補正をかける方向が変わってくるので、注意しましょう。
「入力終了」を押したら、前回の【円弧】同様D(指定直線までの
最短距離)が表示されます。これがゼロになるまでX軸、または
Y軸のハンドルを回し、アプローチを行い、ガイダンスハンドル
もしくは送りレバーを用いて加工を行います。また、レバーBOX
にある「切込/切削」スイッチを切り替えることにより、指定した
角度に平行な直線と、直角に切り込む直線のいずれかを選択する
ことができます。
下記リンクの動画では、②の入力により切削する直線の加工を
ご覧いただけます。
↓↓


今回はガイダンス機能の斜めメニューの動画をご紹介しました。
いかがでしたか?

次回もお楽しみに!


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 展示会のおしらせ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このひと月の間に弊社が出展する展示会をお知らせします。
詳細はこちらからご確認ください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/topics/event/index.html

◆2013 富山どてらい市
6月22日(土)~23日(日) 富山産業展示館(富山市)
出品機:YZ-8WR

◆2013 大阪どてらい市
7月6日(土)~8日(月) インテックス大阪(大阪市)
出品機:YZ-88NCR、YZ-8WR

梅雨時期のお出かけはぜひ展示会へ!
加工体験もできますので、お気軽にお声かけください♪
皆さまのご来場を心よりお待ちしております!



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

普段は社内でのデスクワークの多い竹内ですが、このところ
色んな展示会にお邪魔させてもらっています。
今号の編集中には新潟、名古屋の展示会に行っていたのですが、
たくさんの方に「メルマガ見てるよ~」と声をかけていただき、
幸せな気持ちで帰って来ました♪
直接お送りさせていただいている方だけでなく、意外とブログ上
で見ていただいている方も多いようで、皆さんマメにチェック
してくださっているんだな~と嬉しくなりました。
そんな方で、毎号手元に届けて欲しい!という方がおられましたら
弊社HPのトップページもしくはサイト内各ページ左側にあります
「メルマガ登録フォーム」よりご登録をお願い致します^^
メールアドレスの入力と数字での画像認証だけの簡単な登録です
ので、ぜひぜひご登録ください!

それでは、来月の配信をお楽しみに~♪

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。


☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
こちらから当メルマガのバックナンバーをご覧いただけます!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-31.html


======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!!』
第14号 2013年6月12日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番地
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:http://www.yamasakigiken.co.jp/
営業所:埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡/東北
=======================================================

Posted at:2013.6.12
ページの先頭へ