株式会社山崎技研

  • 製品情報
  • 製品導入のメリット
  • アフターサービス
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お問い合わせ
プロフィール
竹内 薫
竹内 薫
営業部在籍。ホームページの更新や、営業ツール作りなどを行っています。 お問い合わせフォームからでは問い合わせにくい…という方は是非こちらから気軽に声をかけてください♪
E-mail:k.takeuchi@yamasakigiken.co.jp
今の山崎技研
山崎技研のFacebook
月別記事一覧
  • お問い合わせ
  • 製品情報
  • 社会貢献活動
  • 土佐山田工場紹介
  • 匠(技術者)の紹介
  • スタッフブログ「仕事にロマンを求めて」
Google

山崎技研 スタッフブログ

《メールマガジン YZがゆく!!》 第12号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆

                YZがゆく!!

              第12号 2013.04.23
          http://www.yamasakigiken.co.jp/

        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■◆


こんにちは!山崎技研の竹内です。

年度が変わり、新生活が始まったという方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか?
当社工作機械事業部には、2名の新入社員が仲間入りしました^^
真新しい作業着を着て緊張の面持ちで仕事をしている姿を見ると、
自分にもあんな時があったかな・・・と思う私はもう若くありません(笑)
今年の高知は桜があまりに早く咲いてしまい、3月中に散ってしまう
という異例の事態(;゜Д゜)
私もお花見もできぬまま散ってゆく桜に別れを告げました・・・。
ここ最近は朝晩寒さが厳しく、冬に逆戻りしたような日が続きましたが、
だんだんと暖かくなる気候のように、寒さで縮こまっていた気持ちも
明るくなる春であるといいですね♪

それでは新年度新たなスタートを切った「YZがゆく!!」12号を
お楽しみください☆

*****************************************************
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
*****************************************************


∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) 突撃!!YZインタビュー
  ~第1回:YZ-8WR~

2) ちょこっとひと息
  ~潮風でTシャツがひーらひら~

3) 百聞は一見にしかず!
  ~第1回:測定機能のご紹介~

4) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 突撃!!YZインタビュー
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回からスタートしましたこのコーナー、タイトルにあるように、
わたくし竹内がYZシリーズを1機種ずつインタビューし、
その魅力をお伝えしていきます!
記念すべき1回目を飾るのは、ベストセラー機「YZ-8WR」。
さあ、どんな話が飛び出すのでしょうか~?

.................................................................................................................................
 第1回:汎用タイプフライス盤 YZ-8WR
.................................................................................................................................

1995年に開発され、「2軸フライス盤」という新たなジャンルを
開拓したこの機種は、ものづくりの現場に欠かせない存在として、
17年経った今でも単品加工の分野で絶大な人気を誇っています。
そんなYZ-8WRの人気の秘密とは一体何なのでしょうか?


―【竹内(以下 T)】YZ-8WRというと、「単品加工」という
イメージが強いですが。

【8WR(以下 W)】「そうですね。そもそも『8WR=単品加工』
というイメージがついたのには、他のフライス盤がどんどん
自動化していき、近寄りがたい『マシーン』になってしまったから
じゃないかと思うんです。その点、私には人が使うのを敬遠する
ような分かりにくさはなく、思い通りに操作できる自由度があり
ますから、すぐ、これだけを実行したい単品加工に向いているん
でしょうね」

―【T】なるほど。ではその単品加工向きな特長を教えてください。

【W】「最も作業性を高める効果があるのは、Z軸のメカハンドル
でしょう。機械を使う時、思い通りにしたいけれど、間違うのは
怖いものです。自分の手で、意思で動かさない限り刃物がワークに
突っ込むことは、Z軸手動オンリーの機械ではまず起こりません。
そもそもそういった機能自体がありませんから」

―【T】必要十分な機能以上のものを求めると、どこか使い勝手が
悪くなってしまいますよね。そこをよく理解した上で開発されている
ことがよく分かりました。他にはどんなものがありますか?

【W】「選んで数字を入れるだけ、という操作が簡単な加工ガイダンス
機能にもファンは多いですよ。Gコード等でのプログラミングといった
専門知識は必要ありません。単品加工というと汎用機で行うことの
方が多いですから、その機械を更新する場合、プログラムが組めない
と使えない、では話にならないんです。
形状は、円弧やポケット、斜め、側面など、豊富なメニューから
選択できますし、入力画面も一画面内に収まっていますから分かり
やすいです。ここで指令した動きをXYZの各ハンドルから独立した
『ガイダンスハンドル』で実行できるという機能はYZだけ。安全
かつ確実な加工が実現できるんです」

―【T】これも先ほどお聞きした「必要十分な機能」として単品加工
には理想的ですね。他にもまだまだ魅力はありそうですが、最後に
アピールしたいことがありましたらお願いします。

【W】「他で語られることの多いZのメカハンドルやガイダンスハンドル
が注目されがちですが、その他の細かいこだわりの集まりが『単品加工
=8WR』というイメージを作ったとも言えます。他と比べてちょっと
低いと感じるテーブルの高さや、足先が入るようにと足元が引っ込んだ
形のベッド、カバーレスでテーブル上が見やすくモノを設置しやすい
構造など、語り尽くせぬこだわりがあるんです。一度使ったら忘れられ
ない使い心地を、ぜひ体験していただきたいですね」

―【T】ありがとうございました。

★インタビューを終えて★
ターゲットを絞った仕様にすることで、根強い人気を獲得できたことが、
インタビューを通してよく分かりました。
お名前の由来の話も飛び出すなど、終始和やかな雰囲気で色んなお話を
伺うことができました。
ここに載せられなかったお話は、ぜひブログにてご覧ください♪
↓↓
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2013/04/rirekisyo-8wr.html

★YZシリーズに共通した特長はこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/tsubo-matome.html
★製品ラインナップはこちらから★
http://www.yamasakigiken.co.jp/products/



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

皆さん、後もう少しお仕事を頑張ったら
ゴールデンウィークです!!
ご予定はお決まりですか?
今回は、ちょうど連休中に行われるイベント。

「Tシャツアート展」をご紹介したいと思います!

会場は、黒潮町にある「砂浜美術館」。
この美術館、普通の美術館とちょっと違ってるんです。

~私たちの町には美術館がありません。
美しい砂浜が美術館です。~

(※砂浜美術館HPより抜粋)

この素敵なキャッチフレーズ通り、建物があるわけではなく
長さ4kmの砂浜を、頭の中で美術館にするという
コンセプトの美術館なんです!
しかも、館長さんは沖を泳ぐクジラだそうです。(笑)

自然が豊かだからこそできる美術館ですよね(^^)

そんな青い空、青い海、そして白い砂浜を舞台に
開催されるのが、毎年恒例の「Tシャツアート展」。
キャンバスは白いTシャツ!
全国各地から寄せられた絵画やイラスト、
写真がプリントされています。
浜辺に杭とロープが張られ、洗濯物を干すように
約1000枚のTシャツがズラ~っと並びます。
もちろん、自然の中の美術館ですから、
青空だったり、夕暮れだったり、時間とともに
変化していく景色も楽しいです♪

ちなみに、今年の審査員は宮川大助さん!
5/2、3の2日間いらっしゃるみたいです。

大型連休、少し足を伸ばして「砂浜美術館」で
豊かな自然を満喫してみてはいかがでしょうか(^^)

★砂浜美術館★
http://www.sunabi.com/

では、また次回(^^)



━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 百聞は一見にしかず!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これまで色んな記事を通して、当社フライス盤YZシリーズの
特長をお伝えしてきましたが、古くからのことわざにもあるように、
百聞は一見にしかず!
ここでは当社フライス盤の動画の紹介を通して、カタログや
HPだけでは分からない"リアルな魅力"をお伝えします。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 第1回:測定機能のご紹介
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

YZシリーズほぼ全機種に共通して装備している加工ガイダンス機能
のうち、加工段取りに使用する便利な「測定機能」について、
動画をご紹介します。
↓↓

アキューセンターの径を画面に入力さえすれば、両端面に当てて
「測定」を押すだけ。あとは自動で中心位置まで移動してくれます。
その位置で「ゼロリセットボタン」を押せば、X、Y点のゼロ点を
設定することができます。
NC機と違って座標系の概念のない2軸機だからこそ活きる機能の
一つです。もちろん3軸機でも利用できます。

続いて、3軸機でのZ軸ゼロ点測定機能の紹介です。
↓↓

プリセッターの高さ(50mmなど)をあらかじめパラメーターで設定
しておくと、刃物をプリセッターに当ててゼロリセットボタンを
押すだけで簡単にゼロ点の測定ができます。
2軸機では、Z軸が加工の感触がダイレクトに伝わるメカハンドル
のため、ワークに直接刃物を当てれば良いのでもっと簡単です。

------------------------------------------------------------
今回は測定機能について2つの動画をご紹介しました。
いかがでしたか?

かの松下幸之助氏が遺した言葉の中に、
『「百聞は一見にしかず」というが、
「百聞百見は一験にしかず」とも言える』というものがあります。

機械選びも同じです。
色んな人に話を聞いて、たくさん情報収集をして、
そしてそれが本当かどうか、触って確かめてみてください。

このコーナーが、みなさんの「一験」のきっかけになりますように。

次回もお楽しみに!


━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!

今回新たなコーナーが始まりましたが、いかがでしたか?
日頃チラシ作りをする中で、YZシリーズの魅力というと、
やっぱり生で見たり触ったりしないとわからないし・・・と
思うことが多かったので、今回動画を使って紹介するという
方法に踏み切りました!
これから色んなところで色んな機種の動画を撮り貯め、皆さんに
ご紹介していけたらと思っています♪
動画じゃ足りない!体験したい!という方は、全国各地で
行われている展示会へぜひお越しください!
↓↓
http://www.yamasakigiken.co.jp/topics/event/index.html

それでは今回はここまで。
次回第13号で「YZがゆく!!」は1周年を迎えます^^
どんな企画が飛び出すのか!?皆さん乞うご期待ください!

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。

メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。

ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。


☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
こちらから当メルマガのバックナンバーをご覧いただけます!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
http://www.yamasakigiken.co.jp/blog_staff/2012/05/post-31.html


======================================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!!』
第12号 2013年4月23日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番地
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:http://www.yamasakigiken.co.jp/
営業所:埼玉/名古屋/大阪/広島/福岡/東北
=======================================================

Posted at:2013.4.23
ページの先頭へ