ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

《メールマガジン YZがゆく!!》 第36号

◆□□□■■■■■ 山崎技研PRESENTS ■■■■■□□□◆
                YZがゆく!!
              第36号 2015.6.16
          https://www.yamasakigiken.co.jp/
        ものづくりに携わる方の応援メールマガジン
◆■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■◆
こんにちは!山崎技研の竹内です。
全国的に梅雨入りしましたが、今年はジメジメというより
肌寒い梅雨となっていますね。
お客様が高知へおみえになった際に、予想以上の涼しさに驚かれる
こともしばしば。
蒸し暑い梅雨はごめんですが、6月にもなって涼しいのは調子が
出ませんね。
昨年ちょこっとひと息コーナーでご紹介した会社近くの「あじさい街道」
に行って、紫陽花とホタルに癒されようと思います♪
それでは、メルマガ第36号をお楽しみください^^
*************************************************************************
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社ホームページよりメールマガジンにご登録いただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。
配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
*************************************************************************
∞∞【 目次 】∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1) そこどけそこどけ”ましーん通”る!!
   ~第11回:フライス盤の”治具”~
2) ちょこっとひと息
  ~創造広場に潜入!!~
3) 百聞は一見にしかず!
   ~第16回:新機能 平面切換(斜め)~
4) 展示会のおしらせ
5) 編集後記
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ そこどけそこどけ”ましーん通”る!!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このコーナーでは、工作機械 なかでもフライス盤の「通(つう)」を
目指して、フライス盤の様々な情報をお届けします!
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
第11回:フライス盤の”治具”
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
工作機械をお使いの方なら”治具”は必ずご存知だと思います。
逆に、ご存知ない方は何て読むかも分からないのでは?
“治具”とは、加工や組立の際に部品や工具の作業位置を指示したり
誘導するために用いる器具のことを指します。
読み方は、「ジグ」。同義の英単語”JIG”に漢字を当てたというのが
由来だそうです。
では、治具にはどんなものがあるのでしょうか?
フライス盤で加工する際に使われる代表的な治具には、
・バイス
・イケール
・パレット
・ブロック
などが挙げられます。
これらを固定するためのボルトやナットなども治具の一種です。
治具を使うメリットは、再現性にあります。
治具を使うことで、同じ形状のものを熟練の方とそうでない方が
加工しても、製品の加工精度のばらつきを最小限に抑えることができます。
特に横形機の加工では、イケールや円テーブルを用いることによって、
数量の多いワークの加工をより効果的に行うことができます。
しかし近年では、この治具を作ることができる技術者が減り、
市販品の治具が増えてきました。
技術者自身が考え、実行するものづくりが今や薄れてきていると
いうことです。
また、治具製作というのは単品、試作加工の代表例。
そういった加工ができる機械自体が減っていることも、その原因の
一つではないかと考えられます。
そんな中で、弊社フライス盤は単品加工の中でも治工具製作に
適した機械として評価をいただいています。
作業者自身が考え、それをすぐさま実行できる操作性、接近性の良い
弊社フライス盤は、治具製作の現場でも活躍しています。
今回は、治具についてのお話でした。
次回もお楽しみに!
★弊社フライス盤・YZシリーズに共通した特長はこちらから★
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog-staff/2012/05/tsubo-matome.html
★フライス盤の基礎知識はこちらから★
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog-staff/2012/05/arekore-matome.html
★製品ラインナップはこちらから★
https://www.yamasakigiken.co.jp/products/

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ちょこっとひと息
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!総務部の宇都宮です。
仕事で忙しい毎日を送られている皆さんに、
ちょこっとひと息ついていただきたい・・・
高知のプチ情報や日常のひとコマなど、
ここではそんな他愛もない話をお届けしたいと思います!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
今回は、5月15日にオープンしたばかりの
創造広場「アクトランド」に行ってきました!
昭和63年に開設された「龍馬歴史館」を引き継ぎ、
新たに7つの展示館が併設された総合テーマパーク。
準備期間はなんと3年!!
「いつオープンするがやろ?」とみんなが思いながら
工事を見守っていましたが、ついにオープンになりました。
準備期間が長かったので、私達も興味津々!(笑)
早速、お邪魔してきました(^^)
★取材の様子はブログにて↓↓★
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog-staff/2015/06/post_70.html
では、また次回(^^)

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 百聞は一見にしかず!
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
古くからのことわざにもあるように、百聞は一見にしかず!
ここでは当社フライス盤の動画の紹介を通して、カタログや
HPだけでは分からない”リアルな魅力”をお伝えします。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 第16回:加工ガイダンス新機能 平面切換(斜め)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
今回は、立形NCフライス盤の新機種F-352にオプションとして
搭載可能な「平面切換機能」についてご紹介致します。
平面切換機能とは、加工ガイダンス機能の斜め、円弧メニューに
限って使用できる、その名の通り切削平面を切り換える機能です。
通常のメニューではXY平面上での斜め、円弧加工となりますが、
平面切換によってXZ平面、YZ平面での加工が可能となるわけです。
それでは、操作方法についてご説明します。
加工ガイダンス機能の斜め加工のメニュー画面を開き、
ソフトキーXZ/YZを押します。
1回押すとXZ、2回押すとYZ平面用の画面に切り替わります。
ここからは、XZ平面での説明をします。
入力項目は、斜め加工と同様に角度A、始点(X1,Z1)、終点(X2,Z2)、
深さ制限Z(使用する場合)、工具径φです。
(角度、始点、終点のいずれか2項目の入力でないとアラームと
なります。)
これだけの入力で、簡単にXZ平面の加工を行うことができます。
それでは、動画をご覧ください。
↓↓

このように、F-352に搭載されている(特別仕様)平面切換機能能を
用いれば、NCプログラムを使わずともXY平面以外の加工を行う
ことができます。
———————————————————————————–
今回は、斜めメニューでの平面切換機能を使った加工をご紹介しました。
次回もお楽しみに!
★過去の動画はこちらから★
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog-staff/2012/05/movie-matome.html
━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 展示会のおしらせ
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このふた月の間に弊社が出展する展示会をご案内します。
詳細はこちらからご確認ください。
https://www.yamasakigiken.co.jp/topics/event/
◆マザックソリューションフェア in 瀬戸内 2015
6月19日(金)~20日(土) コンベックス岡山(岡山市)
出品機:F-352
◆2015 大阪どてらい市
7月4日(土)~6日(月) インテックス大阪(大阪市)
出品機:F-352、YZ-8WR
◆第39回 北海道どてらい市
7月18日(土)~19日(土) アクセスサッポロ(札幌市)
出品機:F-352
新機種F-352が各地に登場!
皆様のご来場を心よりお待ちしております!

━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 編集後記
━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお付き合いくださり、ありがとうございます!
この4月は省エネ補助金で終わってしまった…という方も
多かったのではないでしょうか。
弊社の一部機種では証明書の発行が遅れ、ご迷惑をおかけしまして
申し訳ございませんでした。
無事申請を終えられた方も、結果が出るまでに非常に時間がかかり、
やきもきしておられるのではないでしょうか。
「申請書が返ってきてしまった」「不備があり再提出しなければならない」
などで、機械本体の問題の場合には、ぜひ弊社までご連絡いただけ
ればと思います。
省エネ補助金は終わりましたが、国や各自治体毎に様々な補助金が
あるようです。「ものづくり・商業・サービス革新補助金」の
2次公募も6月下旬頃から行われる予定とのことです。
ご興味のある方は、ぜひお調べになってみてはいかがでしょうか?
それでは今回はここまで。次回もお楽しみに☆
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
このメールマガジンは、当社にお問い合わせをいただいた方、
当社営業マンと名刺交換をさせていただいた方、
展示会にて当社ブースにお越しいただいた方にお送りしています。
メルマガ配信停止をご希望の方は、お手数ですがこのままご返信ください。
ご不明点がございましたら、下記メールアドレスまで
ご連絡いただきますようお願い致します。
☆★メールマガジン「YZがゆく!!」バックナンバーのお知らせ★☆
こちらから当メルマガのバックナンバーをご覧いただけます!
下記URLをクリックの上、ご希望のナンバーを選択してください。
https://www.yamasakigiken.co.jp/blog-staff/merumagayz/2012/05/post_31.html
============================================
山崎技研メールマガジン『YZがゆく!!』
第36号 2015年6月16日発行
発行元:株式会社 山崎技研
編 集:山崎技研 メルマガ編集部
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
株式会社 山崎技研
〒782-0010
高知県香美市土佐山田町テクノパーク2番
TEL:0887-57-6222 FAX:0887-57-6223
E-mail:yzinfo@yamasakigiken.co.jp
URL:https://www.yamasakigiken.co.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/yamasakigiken
Twitter:https://twitter.com/yamasakigiken
営業所:埼玉/名古屋/大阪/福岡/東北
============================================


メルマガ編集部がゆく!~創造広場「アクトランド」~

本日、第36回目を配信した、山崎技研メールマガジン「YZがゆく!!」
皆さんご覧いただけましたか?
まだご覧になっていない方はコチラ!⇒ https://www.yamasakigiken.co.jp/blog-staff/2015/06/post_71.html
今回は、その中のコーナーの1つ「ちょこっとひと息」の番外編をお送りします。
メルマガ編集部 宇都宮が詳しくレポートしますよ!!

今回は、5月15日にオープンしたばかりの創造広場「アクトランド」に行ってきました!

こちらは、山崎技研から車で約15分。近くでございます(^^)

アクトランド 001.jpg

515日から3日間、グランドオープン期間ということで、

「ワンデイパスポート」を頂きましたので、早速みんなで出陣!

しかし、残念ながらこの日はお天気が悪く・・・

しかも夕方でしたので・・・曇り空!!

写真がくら~い感じになってしまっていますが、どうぞお許し下さい。

 

アクトランドは、昭和63年に開設された「龍馬歴史館」を引き継ぎ、

新たに7つの展示館が併設された総合テーマパーク。

 

アクトランドの「アクト(ACT)」とは、Art(芸術)。

Culture(文化)。Technology(技術)の頭文字を並べたものだそう。

「芸術に親しみ、文化を高め、科学技術を発展させることが人生必須の要素であり、

感性の大切さと、ものづくりの原点を子供から大人まで体験・実感できる施設」

というのが、コンセプトだそうです!


園内を入ってすぐに見慣れない遊具たちが!(笑)

アクトランド 002.jpg

こちらは「わんぱく広場」。

自遊空間として科学技術の伸展を示すアイテムや、珍しい遊具などが設置されています。


さっそく、はしゃいでます。自転車メリーゴーランドです。

アクトランド 004.jpg

みんなで自転車をこぐリズムを合わせて、ぐるぐる回っております。

普段は乗らないような自転車が集結していますので、ぜひ。(笑)

 

その他、変わった遊具がいっぱい。




てこの原理で揺れるんですが、思いのほかスリリングでした。

アクトランド 012.jpg


手回しブランコ。高速回転可能。(笑)

アクトランド 016.jpg


超巨大なジャングルジム!

アクトランド 022.jpg

てっぺんまで登れるようになっています!

アクトランド 024.jpg


またまた不思議な乗り物を発見!

カラフルでかわいかったので、試乗してみました。

アクトランド 035.jpg

外国の観覧車らしいです。



散々遊具で遊んで、早何十分。(笑) やっと展示館にたどり着きました!


龍馬歴史館。

アクトランド 039.jpg

昭和63年に開館以来、初のリニューアルだそうです。

龍馬歴史館は、世界唯一の坂本龍馬の生涯を再現した蝋人形館です。


龍馬のベストショットを1枚。

アクトランド 064.jpg

最後には龍馬と握手して、記念撮影ができますのでぜひ!(笑)

 

その他、絵金派アートギャラリーや世界クラシックカー博物館、

「ゲージツ家」KUMAさんこと篠原勝之さん作品の展示館もあり盛りだくさんです!

 

子供から大人まで楽しめるテーマパークになっております。

ぜひ、皆さんも遊びに行ってみて下さい(^^)